CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「子ども関連2法成立」―権利条約批准から30年― | Main | 「中国の小話」その291―犬猿の仲―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「ウクライナ避難民支援」―日本財団プラットホーム構築― [2022年06月30日(Thu)]

「ウクライナ避難民支援」
―日本財団プラットホーム構築―


 日本財団は、「ウクライナ避難民支援プラットフォーム」を採用した。同プラットホームの提供と運用支援を行うSAPジャパンとクアルトリクスが6月10日に発表した。

 ウクライナ避難民支援プラットフォームは、ウクライナから日本へ避難する人々と関係機関・団体をつなぎ、円滑な支援を行うプラットホーム。ウクライナ語だけでなく、英語や日本語など、多言語に対応。4月21日から無償で提供されている。

 ウクライナ避難民は同プラットホームを通して、日本への避難に必要な情報を関係機関から収集できる。日本への避難後は、異文化での生活に必要な物資やサポートの要請が可能。同プラットホームを避難民同士が交流するためのコミュニティーとして活用できる仕組みも備わっている。

 一方、ウクライナ避難民を支援する関係機関は、日本への避難を要望するウクライナ人の有無の確認、ウクライナ避難民からの物資やサポート要請の把握、日本入国後の滞在場所の把握などができる。

 日本財団は、ウクライナ避難民に対する人道支援や渡航費、生活費など総額約50億円規模の給付に加え、同プラットホームを活用し、広域自治体や基礎自治体、NPO法人などの関係機関と連携した支援を推進。ウクライナ避難民の滞在先や避難中に必要な支援の内容、さらには戦争からの避難によるメンタルヘルスの課題などを同プラットホームを通して把握し、関係機関が機動的に連携して必要な支援を迅速に提供することを目指す。

 同プラットホームの運用は日本財団が主体となり、関係機関と連携する。ウクライナ避難民に対する支援情報については広域自治体や基礎自治体と連携し、全国に滞在しているウクライナ避難民に対する支援につなげていくという。

日本財団避難民支援プラットホーム.png


※ウェブサイト「ZD Net Japan」の記事を拝借しました。


コメントする
コメント
ウクライナへのロシアの侵略は絶対に阻止しなければなりません。
その中でウクライナ難民を日本財団が支援されることは素晴らしいことだと思います。

今回の戦争は長期化することが予想され、難民の方の支援は経済的支援だけでなく日本財団が各方面に働きかけて外国人実習生として働けるようにしたらいかがでしょうか。
Posted by: 東健太郎  at 2022年07月01日(Fri) 17:16

ウクライナ避難民プラットホームは大変素晴らしいアイディアですね。
大切なのは、避難民からのナマの声を聞き取りスピード感を持って実行することと思います。

一例を挙げれば、ルーマニア国境を超えてウクライナから脱出した人は、その場でボランティアから全員がSIMカード三枚を無料で手渡されたとのこと。とても役に立ったと言ってました。残念ながら日本では皆無です。

もう一つ。
避難民学生が日本語学校に入学しても、JRや地下鉄の学割定期券が買えません。理由は、学生ビザでないから️ 避難民学生さんは交通費が高いので移動を避けている由です。

最後に、感謝したいことを一つ。
日本財団の支援金担当者から、「お金の手続きは○○日に終わる予定です」との電話が、知人の身元保証人にありました。本人はすっかり安心した様子です。
Posted by: 天江喜七郎  at 2022年06月30日(Thu) 09:51