CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「ウクライナ避難民支援」―日本財団プラットホーム構築― | Main | 「コロナ陽性判明」―ポルトガル リスボンで―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「中国の小話」その291―犬猿の仲― [2022年07月01日(Fri)]

「中国の小話」その291
―犬猿の仲―


中国とアメリカは何故犬猿の仲になっているのか。

中国は長期的に川底の踏み石を探りながら川を渡る。
(中国の諺で、ケ小平氏が中国改革開放を指示した際にしばしば引用していた。)

アメリカはいつも石を持ち上げて自分の足を打つ。
(石を持ち上げて人にぶつけようとしたが、結局自分の足に落としてしまう。中国外務省報道官はしばしばこの言葉を使ってアメリカを批判している。)

中国とアメリカは共に石の需要量が大きいため、対立やトラブルが起きやすいのだ。

(注)アメリカはアフガニスタンのタリバンと20年間にわたり闘い、その費用は200兆円に及ぶ。その上、1700名以上の戦死者を出し、多くの兵器を現地に残し、アフガニスタンのタリバンに渡してしまう結果となった。

コメントする
コメント
暑中お見舞い申し上げます。                  受信を見てびっくり、笹川様からダイレクトメールを受け取りました。大変な刺激剤になります。さっそく、「中国の小話」で、日本の石はどうかなと考えました。ここのところ謹呈いただきましたご著書「地球を駆ける」を拝読しています。                              日本の政策担当者に笹川様の爪のあかを煎じて飲ませたいと思いました。東京発の政策は常にトップダウンで地域に寄り添ってないです。笹川様の世界行脚はボトムアップだと感じました。その地域を真に思うことは触診で見ることですね。
有難うございました。
Posted by: 寺谷篤志  at 2022年07月01日(Fri) 09:45