CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】5月24日(火) | Main | 【私の毎日】5月25日(水)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「紳士の品格」―世界日報の書評― [2022年05月25日(Wed)]

「紳士の品格」
―世界日報の書評―


多少気恥ずかしい気持ちではありますが、以下の通り、上梓した「紳士の品格」第三弾について、世界日報の羽田幸男氏の書評が掲載されました。

上質のユーモアの少ない?今日。
ご一読を願いたいものです

*******************

紳士の「品格」3 笹川陽平著

 「わが懺悔録」「雑学のすすめ」に続く「品格」シリーズ第3弾。サブタイトルに「『中国の小話』厳選150話」とあるように、管理社会の中国で、ネットユーザーが発したユーモアに満ちた小話が収録されている。

 構成が2013年から21年までという期間で、古いものから新しいものへと時系列的なものとなっている。

 政治的・時事的なネタであるならば、普通は新しい話題が新鮮な生ものの素材になるので、新しいものを先にした方が親しみや現代の問題に通じて話題にも食い付きやすい。

 それがそうなっていないのは、本書を読んでみると、よく理解できる。

 最初の方の小話は、とにかく政治的なものでも、どこか牧歌的とも言える余裕を感じさせて、硬直した中国の政治や風俗に対してチクリと刺すユーモアがあって楽しめる。

 しかし、徐々に話題が硬直化し、とてもクスリと笑っていられない深刻さが浮かび上がってくる。

まさに、中国が習近平政権となって、ネットでの自由な発言を封殺・弾圧して鋭い風刺ができないような状況になっていることを如実に示していると言えよう。

 著者は、日本財団の会長という重責を担い、世界保健機関(WHO)ハンセン病制圧大使、ミャンマー国民和解担当日本政府代表などの役職を歴任している。文化功労者、ガンディー平和賞などを受賞しているほか、言論活動においても、正論大賞(2019)、著書も多く出していることでも知られている。

 タイトルの「品格」という点で、やや気になるところもあるが、全体的には中国の社会と政府の現在を知るには、柔らかい入門書と言えるだろう。

 日本人にはなじみのない話題があっても、所々に著者の短い解説と寸評があって、内容の理解を助けてくれる。

 酸いも甘いもかみ分けた洒脱な大人のための教養書である。

コメントする
コメント