CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】4月20日(水) | Main | 「再犯防止活動」―奈良県でも発足―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「看護師の海外留学」―全額補助― [2022年04月21日(Thu)]

「看護師の海外留学」
―全額補助―


この度、日本財団の姉妹財団である笹川保健財団では、世界的に活躍を希望される看護師や、日本国内で将来指導的立場になり得る看護師のための海外留学制度を開始しました。

特徴は、これからの保健分野を支える新たな看護職リーダーとして、グローバルな視点とリーダーシップを持った看護職を支援するための留学奨学金制度で、アメリカ・カナダの、公衆衛生学、疫学、保健政策、人口動態、生命科学・医療、看護学などの分野の世界ランキングトップ10に入る大学における修士・博士課程への進学者を対象とし、授業料、寮費、保険料等の費用として年間最大1200万円と生活費月額10万円を、修士2年間、博士3年間を上限として給付します。

返済義務はありませんが、学位取得後は我が国の保健分野に貢献することが強く期待されます。10年間で計100名に対して給付する予定です。

指定大学は下記の通り
Public Health
• ハーバード大学
• ジョンズホプキンス大学
• ワシントン大学
• ノースカロライナ大学 チャペルヒル校
• コロンビア大学
• トロント大学
• カリフォルニア大学 サンフランシスコ校
• エモリー大学
• ミシガン大学
• カリフォルニア大学 バークレー校

Health Science
(Life Sciences & Medicine)
• ハーバード大学
• スタンフォード大学
• ジョンズホプキンス大学
• マサチューセッツ工科大学
• カリフォルニア大学 サンフランシスコ校
• カリフォルニア大学 ロサンジェルス校
• イェール大学
• トロント大学
• ペンシルベニア大学
• ワシントン大学

Nursing
• ペンシルベニア大学
• ジョンスホプキンス大学
• カリフォルニア大学 サンフランシスコ校
• トロント大学
• ワシントン大学
• イェール大学
• ノースカロライナ大学 チャペルヒル校
• ミシガン大学
• デューク大学
• マックマスター大学
• ウィスコンシン大学
• ニューヨーク大学
• エモリー大学

希望と情熱をもった方々の積極的な応募を期待しています。ご不明な点は笹川保健財団のホームページをご覧ください。

看護師の海外留学.jpg







コメントする
コメント
 会長先生。お久しぶりでございます。大阪府立の3つの高校で教頭,3つの高校で校長を務めさせていただいた後,大学で教員養成の仕事をしております。1つめの教頭が白菊高校という准看養成の府立高校でした。生徒の殆どが進学し,正看の資格を取得していたように覚えております。中には,アメリカの看護師として働きながら大学院に通い,修士・博士の資格を取る方たちもいました。薬剤師としての資格をとり,退職後は自宅で薬局を開くことができると卒業生から教えて貰いました。週の半分病院で働き,残りを大学や大学院で学ぶのだと目をきらきらさせながら話してくれた卒業生のことを覚えております。この話を白菊高校の在校生たちに伝えました。残念ながら白菊高校は閉校となり,その後は他の総合学科の高校の看護コースに伝統を引き継いでいただきました。女性が看護師や教員として人生をステップアップしていけるのは非常に有難い制度です。まだまだ家庭の中での女性の立場は厳しい場合が多く,自力で留学するなどは夢のまた夢という場合が多いかと存じます。今回の企画は女性にとって大変素晴らしい支援でございます。多くの女性が勇気をもって,前に踏みだして下さいますようお願い申し上げます。世界が平和になりますように祈りながら,この長いメールを差し上げます。会長先生の益々のご健康をお祈り申し上げます。

 
Posted by: 加賀友子  at 2022年05月03日(Tue) 08:34