CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】1月7日(金) | Main | 【私の毎日】1月11日(火) »
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「中国の小話」その270―学生に密告されないための講義― [2022年01月11日(Tue)]

「中国の小話」その270
―学生に密告されないための講義―


大学教授をはじめ、学校の先生や知識人の発言に厳しい監視が行われるようになり、講義は以下の通り、全て中国の優位性?を強調するようになった。

・授業中に思想や思考、哲理などの内容には絶対に触れない。

・数学の先生が微積分を教える時に割円術*(中国三国時代の数学家劉徽が発明した円周率の計算方法)こそ微積分の源流と、始祖であることを強調する。

・発明創新やノーベル賞の人類に対する貢献を教える時、必ず中国の四大発明こそ人類のすべての発明の源流であることを強調する。

・コンピューターの先生が授業で、必ず2進数の演算方法は易経からのものと強調する。

・化学の先生は、必ず煉丹術こそ化学と物理学の始祖であることを強調する。

・通信工学の先生は、必ず‘’烽火で諸侯を弄くる‘’は世界で最も早い通信工程であることを強調する。

・機械工学の先生は、必ず木牛流馬(諸葛孔明の創案という運搬兵器)が近代機械の始祖であることを強調する。

・貨幣と金融の先生は、必ず山西票号(明・清時代の山西の旧式の銀行や両替店)が近代金融の母であることを強調する。

・全ての先生が授業の前に必ず米帝打倒、日本打倒、台湾解放、中国必勝・・を叫ぶ。


コメントする
コメント