CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】11月25日(月) | Main | 【私の毎日】11月26日(金)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「ちょっといい話」その196―奨学生にコロナ支援― [2021年11月26日(Fri)]

「ちょっといい話」その196
―奨学生にコロナ支援―


コロナ禍は、日本は勿論、世界各国の為政者や人々の社会生活にさまざまなかつてない規模の直接的な悪影響を与えていることは日々の報道で承知しているが、世界69大学の笹川ヤングリーダー奨学生(修士博士課程)の中にも、学業は勿論、生活費にも困窮を極め、学業を放棄せざるを得ない学生も出てきた。

そこで、担当する東京財団政策研究所の鈴木真理常務理事の発案で、各国の物価状況に応じて3.5ヶ月分の生活支援(学費は送金済み)を発表したところ、55大学より287名の希望者があり、総額121万ドルを支援したら、大学及び学生本人から誠に感動的な感謝の手紙が多数送られてきた。

我々の奨学金制度は単に学費の支援をして終わりというものではなく、学業終了後も情報交換はもとより、お互い助け合い協力する「笹川ヤングリーダーフェローシップファンド」(略してSylffアソシエーション)を作り活動を続けている。

以下3通の礼状を紹介します。

******************


Ms. Le Huhyen Nhung Nguyen 立命館アジア太平洋大学 2018, 2019年フェロー
 2020年11月20日に開催された「Sylffフェローバーチャル交流会」で貴財団スタッフと参加フェローとお会いしてから早数か月が経ちました。このような支援を得られたことは、Sylffフェローの特権と感じております。交流会を通じてSylffコミュニティに対して、高い意識を持つことができ、これからもっと積極的に交流を深めていきたいという気持ちになりました。
 私は最近、COVID-19による渡航制限の中、多くの困難を乗り越えてベトナムに戻ることができました。自国ではリモートで研究を続け、予定通りに出版社に原稿を提出することができました。2021年の第4四半期に刊行される予定ですので、その際はまたご報告させていただければと存じます。書籍刊行プロジェクトに参加するのは今回が初めてで、Sylff Associationをはじめ、家族、編集者、同僚から多大な支援をいただきました。
 私は2021年のコロナ財政支援に深く感動いたしました。Sylff Associationからのタイムリーなご支援に、心から感謝しています。今後東京を訪問する機会がありましたら、会長と事務局に直接お礼を申し上げたく存じますが、まずは本礼状をもって感謝の意をお伝えさせてください。また、私自身も若いフェローたちを導き、財政的に支援できるよう、最大の努力をしていきたいと思います。

Mr. Seth Owusu-Mante フレッチャー法律・外交大学院 2019年フェロー
 笹川良一ヤングリーダー奨学基金のコロナ財政支援2021に心から感謝いたします。7100ドルが無事に入金されたことをご報告させていただきます。
 私の大学院在学中に、Sylffから手厚いご支援を賜り、誠にありがとうございました。2021年のコロナ財政支援で最大6ヵ月間の生活費がカバーされ、お蔭様で2021年秋からフレッチャー法律・外交大学院の博士課程に進学することができました。私の学業と、パリ協定に基づく気候変動に関する実証研究、エネルギー政策コンサルタントへのキャリアパスをサポートしていただき、誠にありがとうございます。
 私はSylffコミュニティにおいて積極的なメンバーであり続けるだけでなく、将来的には、若い仲間を支援するためのメンタリングや経済的援助を通じて恩返しができればと存じます。

Ms. Gabriele Slizyte パリ国立音楽院 2019年フェロー
 支援申請が受理されたことに心から感動しました。パンデミックが勃発して以来、貴財団のご支援は、私にとって、新たな学問を探求する気持ちを奮い立たせ、前進する力を与えてくださいました。
 コロナ財政支援のおかげで、私はフランスでの生活費を賄うことができ、また機会があれば昨年から会っていない家族を訪問することも考えています。
 フランスが移動制限を緩和し始めています。専門活動を再開し、フランスのさまざまな会議にて自ら手掛けた最新研究を発表することを心待ちにしています。今年の夏には、パリ国立音楽院での勉強の一環として、フォンテーヌブローのアメリカ音楽院で短期研修を開始します。そこでは、年齢・背景を問わず、クラシック音楽やミュージシャンとの関わりが少ない人々に、多様な音楽体験を提供していきます。これら社会的取り組みにより、長い闘いを乗り越えてきた人々が再び音楽や芸術と触れ合えることを願っています。
 この世界に多くの喜びをもたらす慈善活動に心から感謝します。私はSylffフェローであることを誇りに思っており、将来若いフェローを導き、サポートできることを心待ちにしております。

コロナ大学支援.png


コメントする
コメント