CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】12月6日(月) | Main | 【私の毎日】12月7日(火)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「滑川高生 最優秀賞」―全国高校缶詰グランプリ― [2021年12月07日(Tue)]

「滑川高生 最優秀賞」
―全国高校缶詰グランプリ―


滑川高生のイワシ缶最優秀

 高校生が地域の「課題魚(ローカルフィッシュ)」を活用して作った缶詰を審査する全国大会「ローカルフィッシュカングランプリ」で、滑川高校海洋科のイワシの缶詰が最優秀賞に選ばれた。

 大会は日本財団の海と日本プロジェクトの一環で開催。地域特有の課題を持つ魚を使ってオリジナルの缶詰を開発し、テーマやデザイン、味を競う。全国の9校が出場した。

 受賞作の缶詰「越中鰯(いわし)ブラックラーメン味」は、富山湾で取れたイワシを富山ブラックラーメン独特の濃いしょうゆスープで味付けした。滑川では特産ホタルイカ漁の定置網に入り込むイワシの活用が課題となっていた。海洋科の生徒はこの点に着目し、郷土色あふれる一品に仕上げた。パッケージデザインも評価された。

 今後、射水市の水産加工販売IMATOなどで販売される予定。昨年から開発に携わってきた3年の橋本佑翔さん(17)は「受賞を機に缶詰に注目が集まり、イワシの課題を知ってもらいたい」と話した。

※2021年11月2日付「北日本新聞」を拝借ました。


コメントする
コメント
この度は活動を取り上げていただきありがとうございます。
LOCAL FISH CANグランプリ事務局の木村と申します。

今回最優秀賞に選ばれた滑川高校の皆様をはじめ、9校の皆様全てが、各地域の海の課題(課題魚)を独自の目線でとらえ、
地域への貢献に繋がる様な、課題魚を使用した商品開発に取り組まれたことを通して、それぞれの思考力・発想力・行動力によって生み出された個性あふれる商品とその取組みすべてにとても感銘を受けました。
今後この取り組みが、多くの方々へ海の現状を伝え、考えるきっかけを提供できる機会に発展していく事ができれば嬉しく思います。
Posted by: 木村直文  at 2021年12月08日(Wed) 19:51

取り組みをご紹介いただきありがとうございます。
LOCAL FISH CANグランプリ事務局の宮野と申します。

この取り組みでは、
滑川高校の先生・生徒をはじめ、地元漁師さんや水産加工会社さん、フードコーディネーターさん等、多くの方たちにご協力いただき、缶詰を開発することができました。
特に生徒の皆さんの熱量は高く、地元が抱える課題の解決のために知恵を絞り、アイデアを具現化し、最優秀賞を決めるプレゼンテーションでは、その熱意を感じることができました。
もちろん広く皆さんに知ってもらえるよう味にもこだわった一品に仕上がっています。

今後も学生が海について考える機会が増え、それによって多くの方がこの活動に賛同していただけるよう、本プロジェクトを発信し続けていきます。
Posted by: 宮野克秀  at 2021年12月08日(Wed) 11:58

滑川は、私の生まれ故郷です。滑川高校の学生が作った缶詰が最優秀賞に選ばれたとは、とても嬉しいニュースです。
Posted by: 奥平真砂子  at 2021年12月07日(Tue) 09:08