CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】9月2日(木) | Main | 【私の毎日】9月3日(金)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「新しい地図三人組」―香取・草g・稲垣さん― [2021年09月03日(Fri)]
「新しい地図三人組」
―香取・草g・稲垣さん―


8月24日、パラリンピック聖火リレーの最終走者を務められた。

思い起こせば5年前、駒沢公園で障害者のリレーマラソンにゲスト出演して以来、パラリンピックをよく理解していなかった人々に積極的にボランティアで啓蒙活動に参加して下さった。

その後、所属事務所を退所した為にNHKをはじめ、全てのテレビ局より出演要請のない異常事態となってしまった。そんな資金的にも苦しい中で3人は「新しい地図」を結成し、それぞれの個性を生かしてなんとか活動を続けてこられた。

かつて所属したジャニーズ事務所に公正取引委員会からの忠告も入り、ジャニーズ事務所に忖度して出演依頼を見合わせていたテレビ局も徐々に解消していったが、なぜかテレビ朝日だけは最近まで出演を認めていなかった。しかし8月12日、情報番組「大下容子ワイド・スクランブル」に4年振りに香取慎吾さんが生出演し、三人組は4年間という長い時間を経過してようやく全テレビ局に出演が可能となった。テレビ局と芸能事務所との長い間の悪慣習というか、強固な腐れ縁は、彼ら三人の努力でやっと解消された。

社会のために何かお役に立ちたいという純粋な気持は、日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターとして、更には国際パラリンピック委員会特別親善大使として、今日まで涙ぐましい努力をされ、更に社会の弱者のために、コロナ対策のためにと日本財団に「ラブポケットファンド」を設置。ファンからの浄財寄付は4億円を超えている。

テレビ出演皆無の時から彼らの社会貢献活動は、パラスポーツ普及や募金活動へとボランティア活動を続け、何の不満もいわず黙々と協力してくれていた。三人の聖火トーチを掲げる姿に、影ながら私も誇らしさを感じていた。

4年間の歳月を経て全テレビ局への出演が可能になった今日、多くのファンは勿論のこと、難病の子どもやさまざまな困難や悩みを抱える多くの人達に夢と感動を与え続けてほしいものである。

香取慎吾さん!!草g剛さん!!稲垣吾郎さん!!
ほんとうに有難う!!

無題.png
日本財団パラリンピックサポートセンターの入口には
香取慎吾さんが描いた大きな壁画が・・・
仕事終了後の深夜
10日間通い詰めて書き上げました

コメントする
コメント
こちらこそ新しい地図のためにご尽力頂き本当にありがとうございました。
メダル授与式の勇姿が見られて本当によかったです。
紆余曲折の中なかなかパラリンピックを大きく応援できず忸怩たる思いだったのは彼らもファンも同じです。今回のテレビ出演が何かのきっかけになり、多様性と寛容に富むテレビ界になってほしいと願っています。

パラリンピックは終わりますが
私たちsmapファンは今後もパラスポーツを応援していくと思います。
またこのコロナ禍の中頑張っていらっしゃる医療従事者の方への感謝の思いは3人も2人もファンも一緒だと思っています。
どうぞこれからもsmapを宜しくお願い致します。
Posted by: 高橋 理恵子  at 2021年09月05日(Sun) 21:17

笹川陽平様
日本財団での様々な御活動ならびにこの度のパラリンピックを通しまして、多くのことを知り学ぶことができました。感謝申し上げます。
全ての人が、個々の苦楽清濁を受け入れ、互いに認め・敬い・支え合う、そうした、多様な在り方を共に生き合うことが、特別な生き方であってはならない…と改めて考える機会となりました。
コロナ禍におけるパラリンピックが終了し、社会の関心が薄れても、パラリンピックの終了が新しい生き方を考える出発となりますように、新しい地図の方々と共に「LOVE POCKET FUND」の継続とパラスポーツのご支援と広報をお願い申し上げます。
今後、日本財団ならびに新しい地図の皆様は、ますますご多忙になられることと思いますが、この度のご縁を一過性ではなく通過点として、更に多くの方々に広めて頂けますことを、重ねてお願い申し上げます。
生活の在り方を考える機会を頂けましたことを心より御礼申し上げます。
日本財団のますますのご発展と、笹川陽平様・新しい地図の皆様のご活躍とご健勝を祈念申し上げます。
皆様、ご自愛専一にお過ごし下さいませ。
Posted by: 米澤実江子  at 2021年09月04日(Sat) 00:13