CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「ちょっといい話」その160―海ノ民話のまちプロジェクト― | Main | 「中国の小話」その248―幹部の条件―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ちょっといい話」その161―新しい地図の「LOVE POCKET FUND」― [2021年04月21日(Wed)]
「ちょっといい話」その161
―新しい地図の「LOVE POCKET FUND」―


 新しい地図(草g 剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さん)。
 あの3人が新型コロナウイルス患者も運べるドクターカーを贈りました。

 最新の医療機器が設備されたドクターカー。“動く集中治療室”とも言われ、新型コロナウイルスの患者を搬送して治療もできます。

 このドクターカーが日本医科大学に贈られました。これを支援した草なぎ剛さんは、昨年度、日本アカデミー映画最優秀主演男優賞に選ばれました。

 「僕と慎吾ちゃんと吾郎さん、3人で新しい地図を広げて、皆の力がまた一つ形になったんじゃないかと思います」

 草なぎさん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんの「新しい地図」は日本財団と一緒に立ち上げた基金「LOVE POCKET FUND」で新型コロナの対応にあたる医療施設などの支援を行っています。

 草なぎ剛さん。
「『LOVE POCKET FUND』に基金を寄せてくださった(4月9日現在 約4億円)皆さんの力が集結して一人でも多くの方の命を救えることを願っていますし、(ドクターカーが)皆で力を合わせた一つの形になってうれしいですね。医療従事者の方には、毎日リスクが高いなか頑張って頂いて本当に感謝しています。」

ドクターカーの前で(左から笹川、草gさん、坂本理事長).JPG
ドクターカーの前で
(左から笹川、草gさん、坂本理事長)


※2021年4月9日付「テレビ朝日news」より。


コメントする
コメント
なぜミャンマーのことを静観されているのですか?
あなただから出来ること、あるのではないですか?
Posted by: 匿名希望  at 2021年04月23日(Fri) 06:38