CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「ちょっといい話」その163―災害支援の経験生かす― | Main | 「日本財団調査 最期の迎え方」―住み慣れた自宅が約6割―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ちょっといい話」その164―困窮児支援拠点拡充へ― [2021年04月30日(Fri)]
「ちょっといい話」その164
―困窮児支援拠点拡充へ―


 日本財団(東京)は15日、困難を抱える子どもが放課後に集う支援拠点を、現在の37カ所から2025年度までに500カ所に増やすと発表した。コロナ禍で生活困窮世帯とその子どもを取り巻く環境が深刻さを増す中、運営費の助成などに総額500億円を投じて地域ごとの開設を促す。

 家庭でも学校でもない「子ども第三の居場所」事業と名付け、2016年から整備している。現在は20道府県で37カ所に上り、京都府と滋賀県では20年度に南丹市に初めて開設された。対象は主に小学校低学年で基本は無料。週に3〜6日、専門スタッフや地域の大人が午後9時ごろまで学習支援や食事提供に当たり、生活習慣の改善に取り組みながら自立できる力を養う。無料や低額で食事を振る舞う「子ども食堂」は開催頻度が少ないといった課題があり、より総合的な支援につなげる。

 日本財団などによると、コロナ禍の長期化でストレスを抱えた子どもが自傷行為に及んだり、保護者も精神的に不安定になり孤立を深めたりしている。親の経済力が子の学力に影響する教育格差や生活習慣の乱れ、子の孤独感は以前よりも悪化しているという。

 新設拠点は支援内容などに応じて3モデルあり、事業を担うNPO法人や社会福祉法人に対し、運営費(最長3年)や整備費を出す。助成期間終了後は自治体移管による事業継続を想定している。4月1日から助成先の公募を始める。詳細は財団のホームページで。笹川陽平会長は「地域の特性を生かしつつ子どもたちに豊かな環境を与え、力強い成長に協力したい」と話した。(堀内陽平)

※2021年3月16日付「京都新聞」です。



コメントする
コメント
日本財団の子どもの貧困対策は統一協会と繋がっているのですか?ネットで話題になって、子ども食堂に方々も気にしはじめています。

https://mobile.twitter.com/milmilk6/status/1384502551584731136

https://web.archive.org/web/20150315044502/http://www.familyforum.jp/2015031135351
Posted by:  at 2021年05月04日(Tue) 19:52

陽平さんに直接話す機会有れば良いのですが。。。そうした状況は周囲が許さないでしょう

これまで数十年人類、世界、日本について向き合われた人間像とはなんでしょうか?

その中から見出された陽平さんらしさとはなんでしょうか?
仕組みを遺される中に陽平さんが未来に遺したい人間像とその想いを遺されたい不満足な現代像と人像の変化をお教えください。そしてそれは宗教とはどう異なるのか。
ありがとうの一言、その価値を残せないコミュニティとどのように向き合えいつづければ良いのか。そしてその中での人類との向き合い方とは?
かつて陽平氏に仕えたものとしての想いです。
最後にこうした考えを持つに至った陽平氏に感謝いたします。
Posted by: Umiの  at 2021年04月30日(Fri) 23:25