CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】4月1日(木) | Main | 「世界のワクチン接種状況」―日本との比較―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ちょっといい話」その151―アニメ「錨の溝」完成― [2021年04月02日(Fri)]
「ちょっといい話」その151
―アニメ「錨の溝」完成―


経田の民話 優しい物語に

 魚津市経田地区に伝わる民話「錨(いかり)の溝(どぶ)」を基にしたアニメが完成し、22日、市役所で、村椿晃市長らにお披露目された。全国の海にまつわる民話をアニメ化する「海ノ民話のまちプロジェクト実行委員会」が制作した。日本財団「海と日本プロジェクト」の一環。

 アニメ「錨の溝」は約5分半。竜神の子をいじめた船乗りたちが天罰を受ける「嵐の巻」と、米粒を粗末にした男が財産を失う「婚礼の巻」を組み合わせ、一つの物語に仕上げた。優しい雰囲気にアレンジして、民話の教訓を伝えている。

 沼田心之介実行委認定委員長(東京)が市長にDVDを手渡し、「子どもたちに海に関心を持ってもらいたい」と話した。

 3月に経田小で上映する。

※2021年2月23日付「北日本新聞」です。


コメントする
コメント
 富山県魚津市の市長、村椿と申します。
 このたびは、「海ノ民話のまち」の魚津市経田地区に伝わる民話「錨の溝」のアニメ化について取り上げていただき、ありがとうございます。
 私も完成したアニメを拝見いたしましたが、経田郷土史に残る民話をとても優しく、親しみやすい内容に仕上げていただいており大変嬉しく思います。
 制作いただいた「錨の溝」のアニメを良き教材として、豊かな海の恵みとともに私たちが生きていること、生かされていることについて、次世代を担う子どもたちに伝えていきたいと思います。
 この度は貴重な機会を賜りましたこと、心から御礼申し上げますとともに、笹川会長におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
Posted by: 魚津市長 村椿 晃  at 2021年04月13日(Tue) 17:02

取り上げていただきありがとうございます。
アニメ監督・プロデューサーを務めている沼田です。
地元の方々の中でも、この民話を知っている方は懐かしいと話し、知らなかった人は初めて知れて良かったと、様々な反応をいただきました。地元の声や想いを聞くたびに、やはり民話を絶やしてはいけないと再認識させられます。
今後は完成したアニメの活用や商品化など広めていく施策を地域の方々と共に考えて継続していければと考えます。意義のあるプロジェクトに携わることができて作り手としても光栄に思っております。
Posted by: 沼田心之介  at 2021年04月06日(Tue) 15:21