CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】3月30日(火)  | Main | 【私の毎日】3月31日(水)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ちょっといい話」その149―望まぬ妊娠 相談窓開設― [2021年03月31日(Wed)]
「ちょっといい話」その149
―望まぬ妊娠 相談窓開設―


メールなど助産師対応=鹿児島

 望まない妊娠や、それに伴う産後の悩みに特化した無料相談窓口「にんしんSOSかごしま」が15日に開設される。子育て支援を行っているNPO法人「親子ネットワークがじゅまるの家」(徳之島町)が事務局となり、週3回、県内の助産師が電話とメールで相談を受け付ける。

 県内ではこれまで、思春期から更年期までの女性の悩みを総合的に受け付ける窓口があるが、望まない妊娠に特化したものはなかった。日本財団から助成金を受け、全国妊娠SOSネットワークの助言も受けながら業務を行う。匿名の相談も可能で、原則として行政の支援が受けられるようにする考えだ。場合によっては対面相談や、関係機関への同行訪問なども行うという。

 8日に県庁で記者会見した同法人の野中涼子理事長は「家出中で住所がない妊婦など、幅広い人たちの相談を受け付けたい。中絶しか選択肢がない人たちにも必要な情報を提供して、産む方向での支援ができれば」と話す。

 電話受け付けは月・水曜日の午後3〜7時と土曜日の午後1〜8時。ホームページから送ることができるメール相談は24時間受け付ける。
「にんしんSOSかごしま」(050・3183・8807)。

※2021年2月14日付「読売新聞」です。


コメントする
コメント
なぜミャンマーの現状について静観されているのですか?あなただからできることあるのでは?
Posted by: たろう  at 2021年03月31日(Wed) 08:24