CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「川 柳」―老人の悲哀をユーモアで元気に― | Main | 「中国の小話」その244―新型コロナの自己検査方法―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
【私の毎日】3月4日(木) [2021年03月04日(Thu)]
3月4日(木)

6:49 財団着

8:00 Taskforce for Global Health CEO インタビュー(オンライン)
   (公衆衛生分野のアメリカ最大の非営利組織)

9:00 杉山晋輔 前米国大使

9:30 潮田政明 日本モーターボート競走会会長

10:30 笹川平和財団・投資委員会

13:00 森 喜朗 元総理

13:30 ササカワ・アフリカ財団・インタビュー(日本語)

15:00 国際協力機構(JICA)北岡伸一理事長との対談
コメントする
コメント
国際交流基金ミャンマー事務所の前代表の佐藤幸治さんのミャンマーの友人より。
========================
「神のキーホルダー主」
3月3日の今日も忘れられない日に
#How_Many_Dead_Bodies_UN_Need_To_Take_Action on coup in Myanmar?!
今日亡くなられた中の一人がこの写真に映る19歳の女の子だ。それを知って、言葉が見つからないじゃ、いけません。彼女の心を一人国民として伝えたい。
彼女は抗議に死ぬ気で勇気を持って参加していたのだ。そして、民主化のために命をかけただけではなく、自身の身体の部分、臓器を人に寄付する準備もしていたのだ。
なんて強くて美しい心持ちだろうと思うと涙が溢れてきた。
彼女は抗議中にかけてた自身のキーホルダーにはミャンマー語でこう書いてあったのだ。
「私が元に戻れなさそうなら、もう助けないでください。それより、まだ使える身体の部分、臓器は寄付します。」……
まるで、神のキーホルダーのようだ。
私はいう。あなたは亡くなられる前から、人々に対し、はかりきれない優しさを持った神様なんだ。
私は祈る。もし、あなたが来世、人間に生まれたら、もう独裁者の国には生まれないように。
むしろ、もう天国に行ってると信じています。
私たちはいう。あなたのことは一生忘れません。
そして、ありがとう。感謝しています。
あなたの望む民主化に向けて戦い続けます。
写真は現地SNS等から引用しました。
上記の文章はコピーして是非シェアしてください。お願いしま
Posted by:  at 2021年03月05日(Fri) 00:47

3月3日の未明、偉大な映画監督ウ・トゥカが創設して、名優チョートゥーが運営しているボランティア組織「無料葬儀協会」が軍の武装勢力に襲撃されました。
職員が殴打などの暴行を受け、事務所内や葬儀車などが破壊され、書類が盗まれました。
軍の武装勢力によるテロ活動で殺害された市民の葬儀への妨害と脅迫を行うことで、恐怖と不安を増大させようとしています。それによって軍は治安を自ら悪化させ、それをさらなるテロ攻撃の口実にしようとしています。
卑劣極まりないミンアウンフライン一派による残虐な行為に対して、先日のASEAN外相会議で非難の声をあげたのはマレーシアなどの4ヶ国のみ。ミャンマーは除き、タイなどの残りの6ヶ国は、やはり黙認でした。
(追記)ただ、これは外相会議後ので出来事なので、ASEANはまた会議をしようと言っています。確信犯が多数を占める中で、どこまでできるのでしょうか。
Posted by:  at 2021年03月05日(Fri) 00:36