CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】2月24日(水) | Main | 【私の毎日】2月25日(木)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「新聞報道から」その109―昨秋、海がやってきた― [2021年02月25日(Thu)]
「新聞報道から」その109
―昨秋、海がやってきた―


【春秋】全国の五つの小学校に昨秋、海がやってきた


 全国の五つの小学校に昨秋、海がやってきた。海の環境を再現した水槽とヒラメの稚魚10匹が届いた。上級生が育てている。

 餌をやって、水の入れ替えをし、水槽を掃除する。下級生が見に来る。どんどん大きくなる。みんなで育てた魚をどうするか、3月に話し合う。

 日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環でNPO日本養殖振興会が協力中。魚の命を知る授業だ。ふだん当たり前のように食べている生き物の大切さを知る授業でもある。3年前に始まり、10校以上がメバルなどを育ててきた。九州では長崎の小学校が参加した。

 各校の日記から―。「楽しそうに泳いでいる」「とびはねるので服がぬれた」「茶色いうんちがふえた」「ヒーターのうしろに2匹かくれていた。寒いのかな」。

 以前「おさかな天国」という歌が列島中に流れた。子どもたちも歌った。<さかなをたべよう…>と楽しく歌える。小さな海がやってきた学校の児童は、海の命をじかに体験し、感謝の気持ちを自分の中に育てる。

 早春の最後の授業では「『いただきます』と心をこめて言いたいです」「残さず食べます」との声が聞かれるという。食べるのはかわいそう、と涙を流す子もいたそうだ。意見が分かれて多数決で食べることにした学校や、水族館に寄付することにした学校もある。みんなで話し合って決めた。そういう風景が教育のいろんな場面で増えていってほしい。

※2021年1月3日「西日本新聞」です。


コメントする
コメント
 初めまして。NPO日本養殖振興会の代表、齊藤浩一と申します。海と日本プロジェクトの『陸養』では大変お世話になっております。
 子供達に、学校生活を通し、海に囲まれた日本の素晴らしさを体験してもらうため活動を始め15年が経ちました。
 日本財団さまのお力により、『陸養』が日本全国の学校に広がり、心より感謝申し上げます。今後も日本の子供達のために頑張りたいと思います。

 余談ですが、私の実家の両親が以前、笹川会長のお父様の干支であった猪を通じて、お父様とお会いした事があるのです。
この度、陸養を通じて海と日本プロジェクトに協力させて頂けたことに不思議なご縁を感じております。
 現在、コロナ禍のため子供たちは『育てた魚を食べる』という選択が難しくなっています。
ですがこの先『食べる授業』を再開できる日が来ましたら、是非 笹川会長にも足をお運び頂きたいと願っております。
子供たちの涙顔が笑顔に変わる瞬間を、是非、見届けて頂けたら、私にとっても、子供達にとっても、こんなに嬉しいことはありません。
その日が来ることを心より願っております。
Posted by: NPO日本養殖振興会 代表 齊藤浩一  at 2021年02月27日(Sat) 13:23

はじめまして、失礼いたします。
昨秋、「海と日本プロジェクト」にて大変お世話になりました、九州・長崎の小学校のものです。学校で海の魚を育て、最後はその魚をどうするのか…。毎日エサをやっているうちに、少しずつ情も湧いてきて、食べるのか食べない方がいいのか迷い始め、子どもたちは、日頃考えないことに目を向けることができました。この活動を通して、「命をいただくこと」の意味を改めて理解し、また「養殖」することの重要さも学ぶことが出来ました。貴重な機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。
Posted by: 溝田 勝  at 2021年02月25日(Thu) 15:10