CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】11月30日(月) | Main | 【私の毎日】12月1日(火)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ミャンマーでの活動」―若干の報告― [2020年12月01日(Tue)]
「ミャンマーでの活動」
―若干の報告―


11月25日(水)
 昨日のPCR検査証持参の上、午前11時35分、ANAで成田出発。
夕刻17時(日本との時差2時間半)、公務ご多忙中の中の丸山大使の出迎えを受け、恐縮方々監禁先?のシャングリラホテルに直行。

11月26日(木)
 朝8時、例の長い綿棒を喉と両鼻に奥深く差し込まれ痛みを感じる。今回は特別の配慮により、前回の7日間の監禁?から一日に大幅短縮された。

11月27日(金)
 早朝5時30分、大使公用車に同乗して首都ネピドーへ出発。4時間30分でケンピンスキーホテルに入る。我々以外の宿泊者はゼロの様子。小生別行動で午後1時30分からのミン・アウン・フラインミャンマー国軍司令官との二者会談に臨む。主題は治安上の理由で選挙が実施できなかったラカイン州9か所の選挙区の実施の可能性についてであった。

 ラカイン州では、近年、急速に勢力を拡大するアラカン軍(AA)と国軍の戦いが住民を巻き込んで激化していた。幸い細い糸を頼ってAAに連絡したところ、意外にも選挙実施に協力する声明を発表。国軍も同様に即反応してくれた。

 双方、選挙実施までは如何なる武力も行使せず安全確保を保証してくれた。これを受けて、日本政府選挙監視団兼ミャンマー国民和解担当日本政府代表として現地視察の協力を要請したところ、国軍司令官より快諾を得た。ラカイン州は、コロナ拡大でロックダウンされており、交通手段はないため国軍に頼る以外方法はない。国軍司令官の素早い指示で、軍用飛行機とヘリコプターの利用が可能になった。

11月28日(土)
 朝7時、軍用機で一路ラカインの首都シットゥエを目指す。約1時間で、かつて日本軍の加藤隼(ハヤブサ)戦闘隊が建設した飛行場に着陸。ラカイン州軍管区司令官の出迎えを受け、小休止の上ヘリコプターに乗り込む。

@朝焼けの中、国軍が用意した軍用機に乗り込む.jpeg
朝焼けの中、国軍が用意した軍用機に乗り込む


 何と、軍管区司令官も同乗同行するらしい。丸山大使によると異例の対応とのこと。護衛のためのアパッチヘリコプター(戦闘ヘリ)共々大空へ。上空から見るラカイン州は、長い雨期も終わり山々は緑に田畑は実りの秋なのに、人の姿は全くなく、司令官はアイパッドを見ながら時々アップ!アップ!と手を挙げる。交戦中、ヘリコプターが銃撃されたこともあり、最大限の安全確保のために山並みを超えると飛行高度が下がるのか、アップ・アップの司令官の声が飛ぶ。最初の訪問地Kyauk Taw(チャウ・タウ)は最も紛争回数の多い地域だそうだ。

 車列を整え約15分で町の中心部へ。ここで小生自由行動に入り、一人で通訳の井上さんの力を借りて店主や店番の女性、若者から老人までいたるところで無差別に治安状況と選挙に期待するか否か聞いて廻った。答えは一様に同じで、AAの声明後、町は平穏でありラカイン州民の代表を選ぶための選挙を願っていた。ある商店の中年女性にAAからの金銭要求はないか小声で聞いたところ頷いてみせた。

B先頭は武装車両を従えて.jpeg
先頭は武装車両を従えて

Cチャオタウの街並み - コピー.jpeg
チャオタウの街並み

D町中の老若男女に片っ端から話を聞いてみる.jpeg
町中の老若男女に片っ端から話を聞いてみる

E店番をする村の女性と.jpeg
店番をする村の女性と

F町の船着き場にいた人たちに話を聞く.jpeg
町の船着き場にいた人たちにも話を聞く


 ヘリコプターに戻り次に訪れたButhidaung(ブティ・ダング)地域は、最近まで頻繁に戦いがあった地域だそうだが、誰に聞いても同じ答えであり、戦いの治まることを願っていた。農村部に親戚のある人は家に着弾して、その家の父親と息子が死亡したと口に手を当てて話してくれた。ここではラカインのムスリムの人々が営むバザールも視察した。予想以上の大きさで、昼時のせいか客足は少ないが店は全て商品を並べ客を待っている風情であった。ただし投票には行くか?との質問には全ての人が首を横に振った。後で投票権のない人たちであることが分かった。時間と地理上の問題があり、農村地帯の視察は叶わなかった。

G米を売るロヒンギャの女性に話を聞く.jpeg
米を売るラカインのムスリムの女性に話を聞く

H父親に教わりながらミシンを踏むロヒンギャの子供.jpeg
父親に教わりながらミシンを踏むラカインのムスリムの子供

A協力してくれた国軍のみなさんと.jpeg
協力してくれた国軍のみなさんと

 州都シットゥエに戻り、アラカン政党幹部との意見交換の後、記者会見には21社が集まった。視察調査の結果、9か所全域で選挙は可能であり、投票の早期実現を選挙監視委員会に要請すること、また、生活困窮者に人道支援として、日本財団は、物資輸送に関する国軍の協力を得て20万ドルの緊急支援を発表した。

 記者会見はライブ中継されていたそうで、夕刻5時過ぎ首都ネピドーのホテルに戻ったところで丸山大使より「既に10数万の視聴者があり、中には「笹川さん頑張って!」「笹川さん有難う!」との反応があり、明日の各紙の一面は会長のニュースですね!と労ってくれた。確かに29日の朝刊の有力紙のトップ記事になっていた。

Iライブ配信を含め20社以上が集まった記者会見(手前丸山大使).jpeg
ライブ配信を含め20社以上が集まった記者会見(手前丸山大使)


11月29日(日)
 朝8時にはまたホテルでPCR検査であった。到着した保健省の車は、かつて日本財団が寄贈したもので少し嬉しくなったが、PCR検査員が経験不足のためか、検査はことのほか痛かった。今日もまた一日とはいえ、PCRの結果がでるまで部屋ごもりである。

日本財団が寄贈した福祉車両.jpg


コメントする
コメント
宗教や民族問題も絡み、歴史的にもミャンマー連邦共和国のアキレス腱になっているラカイン州でのコロナ禍をもろともしない生死をかけてのご尽力、笹川会長さんでしかできない国際平和貢献、日本人として誇らしく心より敬意を表します。笹川会長さんの生き方は、現在オンライン授業で日本語を学んでいるミャンマー青年達に、国際教育として広めさせていただきます。ありがとうございます。
Posted by: 置田和永  at 2020年12月03日(Thu) 01:12

ロヒンギャ難民の救済から選挙監視まで幅広いご活動に敬意と感謝を申し上げます。嘗ては身近な国々なのでしょうが、政府援助と違い互いの信頼が全てに発揮された蓄積を唯々感じ入ります。ありがとうございます。
Posted by: 松浦四郎  at 2020年12月02日(Wed) 01:48

 先日、ミャンマーでのご活動が、日本のテレビで紹介されていました。民間の活動でここまでのことができるのかと、驚きました。そして、笹川会長の行動力と覚悟に、強い感銘を受けました。
 くれぐれも、体にご留意され、大きな成果を上げられますよう、お祈り申し上げます。ありがとうございます。
Posted by: 小野晋也  at 2020年12月01日(Tue) 15:24

笹川会長の行動力と熱意に感激しております。ご無事で帰国されることを願っております。そして私もこの活動を日本のマスコミが報道してほしいと思います。
Posted by: 須藤 宏  at 2020年12月01日(Tue) 10:44

笹川会長の行動力に感服しております❣
お体ご自愛下さい。
Posted by: 蒲池龍之助  at 2020年12月01日(Tue) 10:20

ミャンマーでの選挙監視活動など政府では対応できない活動を、素晴らしいことだと思います。危険な地域であり、それを自費(日本財団)の費用で行っている。もっと日本で報道されるべきだと感じています。どうぞお体に留意なさって活動を継続してください
Posted by: 猿橋キヨミ  at 2020年11月30日(Mon) 09:07