CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】12月2日(水) | Main | 【私の毎日】12月3日(木)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「海と灯台プロジェクト」スタート―全国51灯台49市町村がネットワーク― [2020年12月03日(Thu)]
「海と灯台プロジェクト」スタート
―全国51灯台49市町村がネットワーク―


日本には現在、3000基もの灯台がある。幕末から明治維新期に建設が始まり、日本の海運、ひいてはわが国の近代化に大きな足跡を残してきた。しかしGPSなど航海計器の普及でその役割を終え、廃棄される灯台も増えつつある。後世に、その美しいたたずまいとともに文化的・社会的、さらに歴史的価値を引き継いでいく必要があるー。

そんな思いで日本財団では海上保安庁と協力、「灯台の日」である11月1日から同8日までを「海と灯台ウィーク」とするとともに、北海道から沖縄県まで51基の灯台について地元49市町村と連携して「海と灯台プロジェクト」をスタートさせることになった。今後3年間にネットワークを80基まで広げ、歴史の中で灯台が果たした役割と意義を後世に伝える一方、地域の振興にも役立てたいと思う。

役割を終えた灯台の廃棄が全国各地で進む中、国の文化審議会は10月16日、千葉県銚子市の犬吠埼灯台など4基を重要文化財に指定する答申を行っており、年内には活動中の灯台としては初めて重要文化財に指定される見通し。また連携する49市町村は、全国灯台文化価値創造プロジェクトで「恋する灯台のまち」として組織化されており、灯台の価値を見直す動きは全国的に広がりつつある。

東京・赤坂の日本財団ビルで10月26日に行われた「海と灯台ウィーク」発足記念イベントで筆者は「わが国が灯台を通じてどのように海を守ってきたか、その歴史を若い人に是非、知ってもらいたい」とプロジェクトに対する思いを語った。奥島高弘・海上保安庁長官も「敷地の一部を地元に提供し利活用してもらうことで、より多くの人に灯台の魅力を知ってもらいたい」とプロジェクトの発展に期待を述べられた。

DSC_0179.JPG
奥島高弘海上保安庁長官と共に記者会見

「灯台の日」は、1868年(明治元年)11月1日にわが国初の洋式灯台である奈川県横須賀市の観音崎灯台が起工されたのを記念して定められ、新たに8日までを「海と灯台ウィーク」とすることで、灯台に対する関心の一層の拡大を目指すことになった。ウィーク期間中を中心に、灯台の利活用に関する幅広いニーズ調査やモデル事業、灯台サミットなど多彩な取り組みを進める計画だ。

灯台は映画「喜びも悲しみも幾年月」(1957年、木下恵介監督)や美空ひばりの「みだれ髪」など内外で多くの文学作品や歌にも取り上げられてきた。日本財団が今年夏、全国の男女1050人を対象に行ったアンケート調査では62%が灯台を訪れた経験を持つ。しかし、灯台に対するイメージは、どちらかと言えば「心が穏やかになる」といった情緒的な内容が多い。様々な取り組みを通じ、灯台が果たした歴史的役割や文化的価値に関しても広く光を当てていきたいと考えている。
コメントする
コメント
島根県では、松江市の美保関灯台と出雲市の日御碕灯台をつなぐ「海道」をつくり、灯台の新たな価値を体験できるルートとする取り組みを進めています。
島根県松江市の松浦正敬市長からもコメントが届いています。

https://youtu.be/7h7OhMI1tjg
Posted by: 海と日本プロジェクトinしまね実行委員会事務局 奥村淳司  at 2020年12月08日(Tue) 16:19

時代と共にその役割を変えつつある灯台ですが、島根県出雲市にとって、日御碕灯台は地域のシンボルであり、日本遺産に認定されている「日の沈む聖地出雲」の景観においても、灯台は象徴的な役割を果たしています。先般も日本財団海野常務理事様から「海と灯台プロジェクト」のビジョンを直接伺う機会があり、意見交換させて頂きました。日本の海運を支えてきた灯台の次の時代に向けた動きに、全国の自治体と手を携えて関わることができることに、大きな期待を寄せています。
Posted by: 島根県出雲市長 長岡秀人  at 2020年12月08日(Tue) 12:59

長崎市伊王島地域センター所長の荒木と申します。
この度は「海と灯台プロジェクト」の一環としての「伊王島灯台キャンプ」開催をご支援いただき誠にありがとうございます。
おかげさまで伊王島灯台は「恋する灯台」へ認定いただいたことで、多くの観光客が訪れています。
今回の「伊王島灯台キャンプ」による長崎海上保安部のみなさんによる講義や野外活動、夜の灯台見学などの稀有な体験事業は、とても有意義な内容でした。
灯台を通じ、身近な海や地域のことを学べる機会を子供たちをはじめ多くの方々へ継続的に提供していく大切さを感じました。
今後ともこの様な取り組みを継続いただけると幸いです。
Posted by: 荒木豊文  at 2020年12月07日(Mon) 17:14

 岩手県普代村の柾屋と申します。2019年恋する灯台の認定をいただいた際、催したセレモニーには岩手県、県議会議員、周辺自治体首長をはじめ多くの関係団体にご出席いただき、お祝いをいただきました。
 今年は、海と日本プロジェクトの一環で三陸沿岸に住む漁民が崇敬する国指定重要無形民俗文化財「鵜鳥神楽」を、一筋の灯光が海を照らす「陸中黒埼灯台」をバックに初めて行いました。コロナ渦で撮影のみとなりましたが、今後の発展に大きな可能性を感じました。また古くから伝わる民話をアニメにするプロジェクトでは、普代村に伝わる「藤平松伝説」がまもなく、アニメ化されます。
 陸中黒埼灯台は1947年に先人が黒崎に設置して以降、航行の安全はもとより、その美しいフォルムから見るものを惹きつけ、産業が生まれ、小さな漁村の繁栄に大きく貢献いただきました。我々の使命は素晴らしい財産を未来にしっかりと伝えつなぐことであり、海と灯台でつながる全国ネットワークの皆様と協調し、持続可能な価値創造に取り組んでまいりたいと思います。
 最後に、来年3月には東日本大震災から丸10年を迎えます。日本財団様をはじめこれまで多くの方々の一方ならぬご支援を賜り今日に至っております。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。大変ありがとうございました。
 「青の国、ふだい村」は幾度となく津波による被害を受けてきておりますが、海に生かされ、海と共に生きてまいりました。今後におきましても海と共生し微力ながら教訓を未来に伝えつないでまいります。
 笹川会長におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
Posted by: 岩手県普代村 柾屋伸夫  at 2020年12月07日(Mon) 13:39

2018年に恋する灯台に認定された大須埼灯台のある雄勝町に住む阿部久良と申します。
大須埼灯台は海上の安全はもとより地域のシンボルとしても住民から愛されて来ました。
恋する灯台に認定されてからは町内外から訪れる方も多くなり、観光という面でも更に大きな存在になってきております。
大須埼灯台からしか見ることのできない、眼下に広がるハート型の大須港は特に若者達の間で話題となっており、インスタスポットとしても知られるようになりました。
来年初旬には新しく灯台への道路や駐車場が完成するので、大須埼灯台を通しての観光へ期待が高まっているところです。
是非、一度大須埼灯台へ足を運んで頂けたら嬉しく思います。
Posted by: 阿部久良  at 2020年12月06日(Sun) 11:19

「海と日本プロジェクトin長崎実行委員会事務局長を務めております佐藤博之と申します。「海と灯台プロジェクト」の一環として長崎では10月17日(土)18日(日)に長崎市伊王島にて小学生21人が参加して「伊王島灯台キャンプ」を開催させて頂きました。天候にも恵まれ、海上保安部のご協力で船上から灯台を眺め、また灯台の内部から海を臨み、夜間も島の先端にある灯台から放たれる頼もしい光を間近に見学することが出来ました。その後、灯台の周辺でテントを張っての宿泊。翌朝は灯台を目の前にラジオ体操、ごみ拾い。コロナ禍において感染対策にも気を使いながら、ではありましたが参加者はこれまで知らなかった灯台の歴史、役割に触れ、いかに日本の発展、日々の生活に大きく貢献しているかを楽しく学んでいました。また、「学びの時間」にグループごとに話し合ったテーマについて年末には田上長崎市長に報告させて頂きます。灯台の役割、島の活性化、海の安全、など多岐に渡る気づきを子どもたちが自分たちの言葉で伝えます。灯台の光にも負けずに輝く子供たちの瞳を来年以降も楽しみにしております。ぜひ会長も機会がございましたら長崎をご訪問下さい。
Posted by: 佐藤博之  at 2020年12月04日(Fri) 19:22

灯台週間の行事は、国民に灯台の重要性を理解してもらう上で大切な行事に位置付けられると思います。
 同時に、先日来日した中国の王毅外務大臣が、尖閣諸島は中国の領土であるような発言を記者会見でしましたが、魚釣島灯台を海上保安庁が管理していること、中国の警備艦が領海内で無法な行動をしていることの阻止活動も海上保安庁が行っていることを思い起こします。
 国家の領土を外国の外務大臣が、自国の領土であると声明したことに対して、法律をつくる国会、行政の中心の内閣、離島の管理をする各省庁、沖縄県、石垣市、石垣市の住民、全国の国民も中国に対して強い批判の声をあげることが、必要と考えます。
Posted by: 高橋迪  at 2020年12月03日(Thu) 14:25

北海道江差町(えさしちょう)の町長の照井と申します。10月の「海と灯台ウィーク」発足記念イベントにお邪魔させていただきました。
わが町のシンボル「かもめ島」にある「鴎島(かもめじま)灯台」は、「海と日本プロジェクト」の一環である「恋する灯台」の認定を受けています。
今年は日本財団さんのご支援をいただき、灯台に泊まり、その周辺で海洋教育や文化体験を楽しむ「マリンピング」の実証実験イベントを開催しました。灯台利活用に対する地域の期待が高まり、地域活性化につながる大きな可能性を感じました。感謝申し上げます。
私自身、海が好きです。今朝も、灯台のある鴎島を眺めながら、すがすがしい気持ちで役場へ出勤しました。
今後も、日本財団さんとともに、「海と灯台プロジェクト」を盛り上げていきたいと考えております。よろしくお願いします。
Posted by: 江差町長・照井誉之介  at 2020年12月03日(Thu) 10:18