CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「新聞報道から」その41―与論島― | Main | 【私の毎日】7月27日(月)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「ろう者留学へ」―日本財団奨学生― [2020年07月27日(Mon)]
「ろう者留学へ」
―日本財団奨学生―


日本財団では、各国におけるろう者の社会参画と指導者養成のため、長期間努力を続けてきた。

今回は、大西啓人君が世界の名門・アメリカのギャロデット大学院に見事合格、奨学生となった。彼は全日本ろう学生懇談会の会長を2年間勤めており、留学の目的は「ろう児のための英語教育、英語教材の研究」である。この大学には私自身何回も訪問しているが、世界中から優秀な学生が集まっており、1988年から現在に至るまで、四代続けてろう者が学長を務めている。

日本財団では1993年から支援を開始し、「笹川国際奨学基金」は現在223名の卒業を輩出。アルゼンチン、中国、モンゴル、インド、スリランカ、イラン、ナイジェリア、ガーナ、ベトナム、フィリピン、マレ−シア、ネパール、フィジー、エジプト、ケニア、マリ、ジャマイカ、チリ、日本などの卒業生が各地で大活躍している。

又、ニューヨーク州の「国立ろう工科大学」は工学系の大学で、ここでもミャンマー、タイ、マレーシア、フィリピン、中国、香港、インド、ネパール、ガーナ、ケニア、エチオピア、ナイジェリア、南アフリカ、ウガンダ、タンザニア、ソマリア、ザンビア、ジンバブエ、ジョージア、ハンガリー、ブルガリア、カナダ、グァテマラ、ホンジュラス、トリニダード・トバゴ、ジャマイカなど、178名の奨学生が卒業している。

今回は二人の卒業生も財団を訪ねてくれた。

一人は山本綾乃(あやの)さんで、ギャロデット大学で修士号を取得し、現在は群馬大学で日本財団と協力して「学術手話通訳に対応した専門支援者の養成」プログラムで活動されている。

もう一人の福島愛味(めぐみ)さんは、ろう者のための建築家になりたいと希望しているが、コロナで修士論文の現地調査が出来ないので、現在は建築系の会社で働いているという。

お二人はいづれ、世界中の笹川奨学生がネットでつながり、世界的な「ろう者ネットワーク」を構築したいと、夢を語ってくれた。

短い時間ではあったが嬉しい訪問で、心癒されるひと時であった。

20.07.17 右から福島愛未、大西啓人、会長、 山本綾乃.jpg
右から福島愛未さん、大西啓人さん、筆者、山本綾乃さん
コメントする
コメント
本当に感謝しています。
聴覚障害者が世界に出かけて大きく羽ばたいていくことは
嬉しいことです。
必ずや、彼らの時代が来るはずです。
ありがとうございます。
Posted by: 松本末男  at 2020年07月28日(Tue) 11:25