CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】6月20日(月) | Main | 【私の毎日】6月23日(火)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「コロナ医療関係者支援」―タクシーチケット配布― [2020年06月23日(Tue)]
「コロナ医療関係者支援」
―タクシーチケット配布―


コロナ医療関係者の献身的な活動に多くの国民、企業が感動し、さまざまな支援物資が届けられており、現場では支援物資の整理、管理に追われている病院も多いようである。

我々の聞き取りによると、手前味噌ではあるが、日本財団のタクシーチケットの無料配布は、深夜勤務も多い病院関係者には最も有難い協力だと、感謝の書簡を下さる病院もある。

※以下は東京新聞の記事です。

軽症者用にタクシー100台
―日本財団 医療関係者へチケットも―


新型コロナウイルスの感染再拡大を見据え、日本財団は感染防止設備を備えたタクシー100台を確保し、東京都内の医療機関が軽症患者らの移送に利用できるようにする。医療従事者向けにタクシーチケットも配布。費用は十億円規模で、同財団に寄せられた寄付金を充てる。
 車両は、大手タクシー会社「日本交通」と連携して確保。運転席と後部座席の間に空気の流れを遮蔽(しゃへい)する仕切りを設け、空気清浄機も設置する。
医療機関が専用窓口に連絡すると、設備を備えた車が配車される仕組みで、自宅療養中で体調の良くない患者の搬送や、退院時の使用を想定。6月上旬から約10ヶ月間の運用を予定している。
医療従事者の移動を支援するため、都内の約200医療施設にそれぞれ100万円分のタクシーチケットも配布する。
日本財団の笹川陽平会長は「第2波、第3波に備えた仕組みづくりが重要だ」と話した。

コメントする
コメント
我が天草で福岡から帰郷された90歳の感染者が確認されました。
熊本県で感染者が出ていなかったためか九州一円初め来訪者が多かったのですが、医師のお母さまとのことで発見が早かったと思うべきだろうと思います。
熊本地震でのご活躍に感謝申し上げ、ご報告いたします。
Posted by: 松浦四郎  at 2020年06月23日(Tue) 09:51