CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】6月1日(月) | Main | 【私の毎日】6月2日(火)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「新聞報道から」その26―コロナ寄付金― [2020年06月02日(Tue)]
「新聞報道から」その26
―コロナ寄付金―


さまざまな団体や個人が日本財団のコロナ対策に協力してくれています。
一部、ご紹介させていただきます。

A東京 募金を開設
Bリーグ1部のアルバルク東京は23日、新型コロナウイルス対策で活動中の医師、看護師、ボランティアを支援する日本財団「災害復興特別基金(新型コロナウイルス災害)」に送金する募金口座を開設したと発表した。チームは、19〜20シーズンの東地区優勝賞金の一部と選手、チームスタッフ、フロントスタッフの有志からの募金を送金。またファンからの募金も取りまとめて送金するという。
発案者の日本代表でシューティングガードの田中大貴(28)は「微力ながら力になれたらと思い、今回の募金をチームで実施することになりました。この難局をみんなで乗り切り、アリーナで再会できることを楽しみにしています。ご協力よろしくお願い致します」とコメントした。
※4月24日 スポーツ報知(名古屋)

DJ KOO ライブ生配信
TRFのDJ KOO(58)=が9日、ショートムービー投稿アプリ「TikTok」で「Stay Home!チャリティーLIVE!」を行った。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛を促すTikTokと日本財団による取り組みで、2日のナオト・インティライミ(40)に続く第2弾。「自宅から歩いて数分」というスタジオからの生配信で「自宅にいることを楽しもう」など3つのメッセージを呼びかけた。日本財団では医療従事者、ボランティア活動への支援募金を行っている。
※5月10日 スポーツ報知(札幌)

ボートレース3団体医療支援6億円寄付
ボートレース振興会、日本モーターボート競走会、同選手会は29日、新型コロナウイルス対策における軽症者受入れ施設の建設や医師、看護師らの活動資金として、日本財団を通じ6億円を寄付すると発表した。ボートレースは同ウイルス感染拡大防止のため、無観客での開催を続けている。
※4月30日 福島民友(福島)

【新日】オカダ コロナ支援金500万円寄付
新日プロレスは、所属のオカダ・カズチカ(32)が新型コロナウイルス災害対策支援金として日本財団の災害復興特別基金に500万円を寄付したと発表した。オカダは過去にも、がんで闘病中の子供たちをサポートするため、自身の必殺技「レインメーカー」で勝利した数に応じて寄付をする「レインメーター基金」を立ち上げるなど個人的に社会貢献活動に取り組んでいた。今回の寄付は主に、新型コロナ対策の最前線で活動している医療従事者(医師、看護師、ボランティア)の活動資金として活用される。
オカダは「いつもご声援いただきありがとうございます。また超満員のお客さんの中で、たくさんの声援の中で試合ができる日が一日でも早く戻ってくれることを願っています。いつもは応援される側ですが、今は医療従事者の方々が戦ってくれていることを応援したいと思っております。不要不急の外出は自粛するなど一人ひとりの意識を高め、この状況を一緒に乗り越えましょう」とのコメントを発表した。
※5月10日 中京スポーツ(名古屋)
コメントする
コメント