CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】5月20日(水) | Main | 「ちょっといい話」その133―パラアスリートらの手紙―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「地方新聞から」その24―特別養子縁組― [2020年05月21日(Thu)]
「地方新聞から」その24
―特別養子縁組―


特別養子縁組15歳未満適用 制度理解3人に1人

 1日施行の改正民法で、対象年齢が原則6歳未満から15歳未満へ引き上げられた特別養子縁組制度。日本財団が意識調査したところ、制度を知っている人は3人に1人にとどまることが分かった。2日までに結果を明らかにした。調査は3月、全国の18〜69歳の男女3千人にインターネットを通じて行った。

 特別養子縁組制度は、実親と法的関係が残る普通養子縁組制度と異なり、戸籍上も養父母が実親扱いとなる。調査結果では、特別養子縁組制度について知っていると回答したのは32.8%で、このうち制度を利用して養親になろうと考えたことがあると回答したのは15.7%だった。

 自分自身や身近な人が何らかの理由で子どもを育てられない場合に制度を利用したいかどうか聞いた質問では、全体の57.6%が「分からない」とした。「利用したい」は10.2%で、「利用したくない」は32.3%だった。

 特別養子縁組制度と普通養子縁組制度の違いについて理解している人は、全体の14.1%。年代別で見ると、10〜20代の認知率がもっとも低く10.7%だった。

 養子縁組の制度を知らなかった人も含め、特別養子縁組の詳しい内容の説明を受けた後で、是非をたずねた結果では、85.0%が「必要」と回答した。日本財団では「制度に対して漠然とポジティブな印象を持たれているものの、詳しい内容が理解されておらず、利用につながらないのではないか」と分析している。

※2020年4月3日 東奥日報(青森)の記事です
コメントする
コメント
ご無沙汰しております。
近年の発達障害児童を一般児童と混合して預かり凡そ20年経過しました。年々増加傾向は否めない事実すが、対話、会話、自己表現に乏しい生活に時として恐怖を覚えます。私も挑戦して育てることにしたいと存じます。
Posted by: 松浦四郎  at 2020年05月25日(Mon) 11:19