CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】1月7日(火) | Main | 【私の毎日】1月8日(水) »
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「我が家は繁殖力旺盛?」―近々、孫、13人へ― [2020年01月08日(Wed)]
「我が家は繁殖力旺盛?」
―近々、孫、13人へ―


1年に一度、大晦日に家族全員、富士山麓の山荘に集合。元旦の初詣は山麓の浅間神社に参ることを恒例にしている。今年は珍しく麓でも約20cmの積雪があり、元旦に仰ぐ霊峰富士は格別であった。しかし、全員で22人なので、狭い山荘では子どもたちは雑魚寝常態である。戯れあって眠るまでのひと時、楽しい思い出になることであろう。

静かに酒を飲みながら、しばしの感慨にふける。

写真一枚を頼りに結婚して49年、息子4人を授かり、育ち、社会人となってそれぞれ伴侶を得、孫は長男に2人、次男に3人、三男に3人、四男に4人、合計12人となり、近々四男に5人目が誕生する予定で、夫婦2人から23人の大家族となる。

家族全員で.jpg
全員集合!!(22人)


幸い、現在のところ全員健康に恵まれ、持病も大病の経験もなく、誠にありがたいことである。そうは言っても人生「登り坂、下り坂、まさか」もある。平坦な人生など存在しないことは私自身、経験済みではあるが、寒さの中、無邪気に飛び廻り無心に遊ぶ孫たちを見ていると、つい、この子どもたちに幸せな人生をと願う気持になってしまう。私の心が既に老境に入っている証だろうか。

老夫婦と孫たち.jpg
老夫婦と12人の孫


少子化が社会問題となり、ある新聞は社説に「国を挙げて少子化を食い止めよ」とあった。我が家はあと2〜3人は可能性があるらしい。この繁殖力は何処から来たのか。息子が言うには「親父を超えることは不可能だ。ただ一点、子どもの数だけは親父を超えた」と宣(のたま)う。大いに結構なことだ。

しかし、この孫たちの成人を何人見られるかと思うと多少憂鬱になる。
これではいけない。
「青雲の志」未だならず。
今年も「裂帛(れっぱく)の気合」で世界を駆け巡り、人道活動に汗を流す覚悟を心に誓った。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントする
コメント
凄いですね❣ うらやましい限りです。知恵を生かすように、経験をお伝え願います。
Posted by: 蒲池龍之助  at 2020年01月09日(Thu) 10:39