• もっと見る
«【私の毎日】12月26日(木) | Main | 【私の毎日】12月27日(金)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「年末ご挨拶」―あっという間の一年― [2019年12月27日(Fri)]

「年末ご挨拶」
―あっという間の一年―


私にとって今年もあっという間の一年でした。世界を飛び廻った海外活動は27回126日間で、星野秘書によると、記録をはじめて今年で122カ国545回、渡航日数は3354日間であったそうです。

例えは悪いですが、海外活動は約40年間の記録なので懲役10年に相当することになります。訪問国の中には治安や疾病多発地帯もあり、安全上の理由から国際機関などが使用禁止する航空会社機の利用や外務省の渡航要注意の国々や地域も多くありました。

特にハンセン病の蔓延地域などは疾病も多く、健康管理には万全を期す必要がありますが、宿泊の部屋は網戸が破れて「蚊」が自由に侵入する場所もありました。しかし、私は「現場には問題点と解決策がある」との信念から、冷暖房のきいたオフィスで「口舌の徒」には絶対なりたくないと、「言行一致」「知行合一」を私の人生哲学として活動しています。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の喩えの通りですが、特に同行者に対する安全配慮は私の最大限の務めであり、責任でもあります。アフリカのニジェール訪問時は空港や市街での銃撃もあり、女子2名の同行を断念してパリより帰国させたこともありました。

東ティモール、スリランカ、ミャンマー、特にサブサハラのマリ、中央アフリカ、チャド、ブルキナファソ、コンゴ等々、危険と隣り合わせの国での活動も多くありました。昨今は何処の国もモータリゼーションで車が溢れ返っており、交通事故が最大の不安要因になりました。幸運な事に、この40年間545回の海外活動ではマラリヤ、C型肝炎、デング熱その他重篤な発病は皆無で、ペルーの僻地で倒れ、現地でペースメーカーの装着手術をした私が唯一の例でした。

誠に有り難いことで、来年も安全第一とはいえ、神のご加護あっての活動です。一年間駄文にお付き合い下さった読者の皆様に心からの感謝と、ご健勝にて新年をお迎え下さいますよう祈っております。

なお、来年は1月8日から掲載します。
コメントする
コメント
新年のご挨拶を申し上げます。
輝かしく令和二年をお迎えのこととお慶び申し上げます。末永くご健康であられますことを心よりお祈りいたします。
笹川会長様のお言葉で国民的アイドル「スマップ」の3人が昨年末から地上波に舞い戻ってきました。
この感動は言葉では言い表せないほど、国民の心に響く出来事でした。素晴らしいオリンピックイヤー幕開けになりました。本当にありがとうございました!!
Posted by: jj  at 2020年01月03日(Fri) 10:53

2年間、笹川会長のブログを読ませていただき、示唆に富んだ内容と独特なユーモアな風格に惚れてしまい、毎日欠かさず、愛読いたしております。新年に当たり、どうぞ、ご健康に留意され、ハンセン病撲滅と世界平和のため、引き続きご貢献頂きますよう、心からお祈りします。財団のますますのご発展、そして、東京五輪、パラの大成功を祈念致します。
Posted by: 周国栄  at 2019年12月30日(Mon) 11:59

貴会長の人生哲学の通りの人生には頭が下がるばかりです。コルカタでお目にかかり、ご苦労をお聞きしましたが、私目には到底及ばぬことをされておられ、チモールにおいでの際には、国旗が傷んでいるとの思いもよらぬご指摘を受け、身を正す思いをしました。貴会長の言葉には一語一語に実行を踏まえた重みがあり、困難の中にある多くの方々に勇気と再生の思いを与えられ、世界広しと謂えども余人には代えがたい御仁と思います。これからもご自愛の上、ご活躍をお祈り申しあげます。
Posted by: 清水 健司  at 2019年12月29日(Sun) 14:44

実刑の会長様
囚われることなく現場で体感され事業を推進されることの
大切さ全く仰せの通りです。
来年はオリンピックが我が日本で開催されるなどお目出度い限りですが、縁の下の力持ちに感謝しつつ、また本年一年示唆に富むコメント拝見できて誠に有り難うございます。
益々のご健勝とご活躍を祈念いたします。
Posted by: 松浦四郎  at 2019年12月27日(Fri) 11:10

一年間 拝読させて頂きました
来る年も 健康で良い一年となります様に
◆海のゴミ0活動 今治 海洋プラスティックを繊維に変えPJ
◆関西スポーツ振興推進協議会 生涯スポーツエキスパートグループ
SSFと4年前パラ駅伝からご縁を頂きました 
今年は ハンセン病 最初の施設 長島病院の光田先生御子孫と
ご縁がありました
いよいよオリンピック パラリンピックの開幕でございます
Posted by: Naoko  at 2019年12月27日(Fri) 10:26

笹川様、おはようございます。1年間楽しく、勉強になり読ませていただきありがとうございました。笹川さんの根底に、ハンセン氏病撲滅と世界平和への真摯な使命感をいつも感じています。日本の宝としてご健康に留意され仕事を全うされるようお祈りしています。
Posted by: 川船和久  at 2019年12月27日(Fri) 10:03

今年1年間、本当によくご無事で日本国のため世界平和のために東奔西走され、日本人の今後の生き方を示していただきました。今年も笹川会長さんからは現場主義と有言実行の大切さを学ばせていただきました。私の方は、会長さんの万分の1にも至りませんが、ミャンマーを中心に若干名の中国や東南アジアの青年達の日本での自立を支援してきました。
また、大東亜戦争中、旧泰緬鉄道ビルマ側の鉄道隊員だった大阪在住故木下幹夫さんが、鉄道建設中に犠牲となられた多くの英霊(現地の労務者・連合軍捕虜・日本軍鉄道隊員)供養のために、ご生前には毎年欠かさず慰霊の旅をされていたミャンマーの地、そのヤンゴン日本人墓地にて今年3月27日にヤンゴン日本人会のご理解を経て、ご家族がご希望されていた建碑法要に夫婦で関わらせていただきました。
来年は笹川会長さんがいつも願っておられる世界平和と友愛精神、その「祭典」東京オリ・パラ、この機会に我が国が古より温めてきた『和の心』が世界に広がり、日本の若者達も自信を持って世界に羽ばたいていく令和2年がやってくることを願い、お祈り申し上げます。
今年1年間ありがとうございました。
Posted by: 置田 和永  at 2019年12月27日(Fri) 08:57