CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【私の毎日】10月10日(木) | Main | 【私の毎日】10月11日(金)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
えひめ海ごみ調査プロジェクト実行委員会
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/22) 大室 欣久
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21) 海洋ゴミ問題ジブンゴト化プロジェクトin広島
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21) 海上災害防止センター萩原貴浩
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21)
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21) 海洋ごみゼロプロジェクトin岡山実行委員会
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21) 池 順姫(笹川医学研修生16期)
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21) 下山憲二
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21) 田中
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21) 新宅郁子
「海ごみゼロ」―瀬戸内海を世界のモデルに― (07/21)
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「外国人が歌う君が代」―ラグビーの場合― [2019年10月11日(Fri)]
「外国人が歌う君が代」
―ラグビーの場合―


ラグビーの世界大会が日本の活躍で盛り上がっている。

ラグビーは英国の貴族社会から生まれたスポーツで、どちらかというと英連邦に加盟している国々が中心であったが、近年、アメリカ、ロシアなども参加して国際大会に相応しくなってきた。

森喜朗元首相のご努力で日本開催が決定されたが、当初は今日ほど盛り上がると誰が想像できたであろう。病身の森元総理の執念に近い努力で、周到に準備された上での日本チームの大活躍は、国民を熱狂させ、子どもたちもラグビーに興味を持ちようになってきたことは大きな成果である。

それにしてもラグビーは何と洒落たスポーツであろう。その国に3年以上滞在していれば、その国の選手として国籍に関係なく出場できるのは、スポーツ種目多々あれど、ラグビーだけではないだろうか。

日本チームも半分は外国人である。しかし、国歌斉唱では外国人も「君が代」を歌う。特に日韓関係最悪のこの次期、優勝候補のアイルランド戦で、スクラム最前線で活躍した韓国出身の具智元(グ・ジウォン)が「君が代」斉唱の場にいる事はなんともすがすがしい。

スポーツは国境を越えて理解される。韓国の具、ニュージーランドのトンプソンルーク、オーストラリアのジェ-ムス・ムーア、南アフリカのピーター・ラブスカフニ、皆日本チームのメンバーで、ルーツや文化の壁を乗り越えた日本チームの「結束」は感動的でさえある。敗者が勝者に送る拍手もラグビーならのものではなかろうか。

この感動がオリンピック・パラリンピックにつながることを確信すると共に、日本人の「おもてなし」の心が世界共通になるきっかけになることを願いたいものだ。
コメントする
コメント
ラグビーの精神は、本連盟の掲げる障がいの有無・性別・年齢に関わらず全ての人々とスポーツの交流を通じてインクルージョン社会創造の機運に通じるものです。日本財団の「みんながみんなを支える社会」を目指す活動とも共鳴します。
ラグビーの出身国主義をとらず、同じ仲間でチームを組んで参加する精神は、インクルージョン社会創造の視点と共通するものです。
スポーツは、競技力向上や健康づくりへの視点等がありますが別の視点として仲間や相手に敬意を払い尊敬する力を醸成します。
今後とも貴財団が多くの皆様を支える民の力としてご奮闘いただくことを期待しています。
Posted by: 町田暁世  at 2019年10月15日(Tue) 09:36

笹川さんがおっしゃる通り、国境を超えた日本代表チームの活躍を見るのは素晴らしい経験でした。ラグビーの国際色ゆたかな日本代表の活躍を見た後で、バレーボールの日本代表を見ると、日本人ばかりで逆に違和感を覚えるのですから不思議ですね。

スポーツではありませんが、今年の多摩大の教え子の半分は中国からの交換留学生です。毎回のレポートでは質問や意見を積極的に寄せてくれますが、中国人同士で固まって行動していて「もっと日本人と仲良くなりたい」とあったので一工夫。毎回、違う学生同士で、それもなるべく中国人留学生と日本人学生で隣り合わせに座るようにしました。そして講義の始まりと終わりにお互いに挨拶をして、2分ずつスピーチをしあう時間もつくりました。さらに、翌週の講義までに1回は1対1でランチを一緒に楽しむようにしたのです。

すると、とたんにクラスの雰囲気が明るくなりました。ちょっとしたきっかけで国際交流はできるものですね。

ちなみに、前回は、受講生が奇数だったため、私が隣に座って対話役になった中国女子留学生は、日本の神社や仏閣に興味があり明治神宮が素晴らしかった話しました。そして、全国のおすすめを知りたいとのことでしたので、伊勢神宮や高野山金剛峰寺などをご紹介しました。試しに、私も修行した大雄山最乗寺の夏期禅学会の話をしたら、ちょうど留学終了直前なので、参加してから帰国するとのことでした。

中国で学んだ道元禅師もきっと喜んでくれることでしょう。
Posted by: 久米信行  at 2019年10月12日(Sat) 15:21

ご無沙汰しております。
ラグビーは高校生の時に先輩方に数週間教えて頂いた程度でしたがヘッドギアを付けないと耳が切れるのを経験しました。
走る戦車のような選手の笑顔と逞しさ。貴族のスポーツを体感し感動しきりです。
来年のオリンピック。パラリンピックに弾みがつきそうな期待感が国中にあり、意義深い大会になることを祈ります。
願わくば宿敵を制覇し決勝トーナメント進出を期待します。
忘れられないのはタックルは本当に怖いもので、リーチ主将曰く恐れず我を捨てての言葉です。
Posted by: 松浦四郎  at 2019年10月11日(Fri) 15:17

笹川会長さんとまったく同感です。以前私が関わってきましたミャンマー・ヤンゴン日本人学校では、学校運営委員会のご理解を得まして、学校管理規則に謳われていた「国籍日本人」を「原則として国籍日本人」に改訂し、日本で学んでミャンマーに帰国した外国籍の子ども達にも門戸を開き、8名ほど受け入れたことがあります。また当時は在籍数のほぼ半数が、日本人と国際結婚した両親を持つ子ども達(私たちは通称ダブルの子と呼んでいました)でした。まさに多文化共生社会にて、お互いに異文化を理解し合う中で、自然と寛容な心が育ち、通学する誰もが楽しい学校生活を送っていました。そして将来の世界は、開かれた海外日本人学校で国籍に区別がなく、多文化を体験した子ども達が、新しい世界文明史を築いて言ってくれるものと感じてきました。
今回のラグビーのワールドカップは、正に今年度から外国人労働者との共存共栄のための積極的受け入れ国として始動しつつある我が国にとって、日本の今後の生き方を示唆する画期的なイベントにもなりました。そうした新しい流れを生み出していただいた日本人サポーターの皆さんにテレビを観ながら日本人の一人として誇りを感じています。もちろん多くの移民によって支えられているヨーロッパ社会でも多くの問題がありますが、それらの教訓にも学びながら、新しい令和の時代にふさわしい世界平和の先導者としての日本、是非オリンピック・パラリンピックを経て、勝っても負けても訪問した外国人が来日してよかったと感じていただけるような世界のモデルになる『和の国』日本国へと是非つなげたいものです。
ありがとうございました。
Posted by: 置田和永  at 2019年10月11日(Fri) 10:57