CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«CANPANブログ道場 | Main | 日本音楽財団»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
王毅大使からの書簡 [2006年11月16日(Thu)]
「王毅 中国大使からの書簡」


中国蘭州大学に設置した笹川ヤングリーダー奨学金100万ドルが、当方との契約に違犯して投資運用した結果、運用先の倒産により回収不能になる事件があった。この件は以前にマスコミに公表すると同時に、中国政府に現状回復への協力要請を行ってきた。

この11月7日、王毅中国大使より書簡があった。

「教育部から全額元に戻すことが確認された。この問題によって生じたマイナス的な影響について大変遺憾に思う。今後、中国の高等機関と日本財団との人材育成事業が順調に実施されることを信じている。日本財団が永年にわたって日中友好促進及び中国との各分野との交流に貢献してきたことに感謝する」との内容であった。

11月15日、蘭州大学より入金の連絡があり、一件落着となった。

来年1月末、デンマークのコペンハーゲンで開催される笹川奨学金制度20周年記念式典には、69大学全てが参加することになった。

王毅大使を始め、ご尽力賜った関係者に感謝申し上げ、円満解決に至った経緯を読者にご報告します。

ちなみに69大学の内、中国は以下の10校である。

・北京大学
・南京大学
・復亘大学
・中山大学
・吉林大学
・内蒙古大学
・重慶大学
・蘭州大学
・新疆大学
・雲南大学


※ 本件に関し、11月16日付け、プレスリリースを配信しております。
コメントする
コメント
笹川陽平様、先日お邪魔しましたmizoです。

笹川様、どんな内容でも結構ですので一言コメントを返して頂けないでしょうか?
何らかのコメントを頂ければ納得する部分はあるに違いないと思います。しかし、このまま無視したまま放置されるならば、このブログのコメント欄を開放している意味がないと思います。


失礼ながら、コメント欄を見てらっしゃいますか?
Posted by: mizo  at 2006年11月22日(Wed) 18:15

中国の臓器移植第一人者と言われる瀋中陽氏は、以前笹川の奨学金をもらって日本で臓器移植技術を習った留学生。日本大学の博士を取った後、中国に帰って、中国の最大移植センター・天津にある東方移植センターを作ったのです。かれは同時に武装警察総院の移植部門のそう責任者。法輪功学習者の体から臓器摘出して販売ビジネスもっとも盛んにさせたのは彼は主の一人。それで今年ポストンで移植大会に出た際、米国で告訴された経緯がありました。前回BBC記者が天津の第一病院(東方移植センターと同じ)を取材の映像の中、日本語でしゃべった人はどうも彼に見えます。(大紀元の報道に参考してください。jp.epochtimes.com)笹川奨学金を育てた中国の医療従業者は、このような犯罪者はどのぐらいいますか?
Posted by: shinly  at 2006年11月21日(Tue) 11:51

両方のそう責任者とも瀋中陽という人。中国の臓器移植第一人者と言われる瀋中陽氏は、以前笹川の奨学金をもらって日本で臓器移植技術を習った留学生。日本大学の博士を取った後、中国に帰って、中国の最大移植センター・天津にある東方移植センターを作ったのです。かれは同時に武装警察総院の移植部門のそう責任者。法輪功学習者の体から臓器摘出して販売ビジネスもっとも盛んにさせたのは彼は主の一人。それで今年ポストンで移植大会に出た際、米国で告訴された経緯がありました。前回BBC記者が天津の第一病院(東方移植センターと同じ)を取材の映像の中、日本語でしゃべった人はどうも彼に見えます。(大紀元の報道に参考してください。jp.epochtimes.com)笹川奨学金を育てた中国の医療従業者は、このような犯罪者はどのぐらいいますか?
Posted by: シンリ  at 2006年11月21日(Tue) 11:50

>※ 本件に関し、11月16日付け、プレスリリースを配信しております。

知ってますよ。みなさんだから駆けつけたんですよ。ふざけんな、日本の国民が摩った金で博打打たせるなってね。

もしも〜し、聞こえます?

日本人だって奨学金簡単にもらえないのに、シナに奨学金寄与するのをやめろって言ってるんですよ。

笹川会長は日本財団関連ウェブに寄せられる皆様の貴重なご意見、ご批判を真摯かつ的確にうけとめ、創造性と先駆性ある事業を開発展開していくそうですね。

今回の受け止め方、的確ではありませんよ。派手にはずしております。

シナに一銭もくれてやらなくていいということです。
Posted by:  at 2006年11月21日(Tue) 00:20

新疆の「疆」の字が間違ってます。
Posted by: 恐れながら  at 2006年11月19日(Sun) 15:18

明らかな組織的横領事件です。
お金返してくれたから、それでいいよという対応では不十分だと思います。
今回の件の蘭州大学の責任の徹底調査と、今後一切の奨学金援助の取り止めを希望します。
Posted by: nihondanji  at 2006年11月19日(Sun) 12:13

突然の無礼発言お許し下さい。
「日本で作ったお金をそんなことに使ってるんですか?がっかりです。」
もっとこれからの日本人に投資してください。はっきりいって今回のことはシナ人になめられてます!
Posted by: hnam  at 2006年11月19日(Sun) 01:28

笹川陽平様
はじめまして。
突然の書き込みをお許しください。
私は故笹川良一先生を心より尊敬する者です。
多くは申しません。真に国益に適う事業に投資されることを希望します。
シナ人へのこのような支援よりも、もっと優先されるべき投資先があるはずです。
失礼いたしました。

Posted by: マック  at 2006年11月18日(Sat) 21:11

尊敬する笹川陽平先生、
突然のコメントお許しください。
今回の蘭州大学における貴会からの奨学金を不正に投資運用に濫用し、しかもその運用に失敗し損失をこうむるなどという前代未聞の怪事は、ただの駐日大使のお詫びとも言えぬ一片の書簡にて「円満解決」「一件落着」させえる性質のものではないと愚考いたします。
故笹川良一先生が尽くされた日本とシナとの親善関係の確立は確かに立派なお仕事でありました。しかしそれは日本とシナが平等互恵の下に交流することが大原則であります。
しかるに、シナの中共現政権が我が国への干渉,挑戦、さらには侵略の意図をむき出しにした現在、今までのようないわゆる「友好」がそのまま鵜呑みにできるほど、日本国民は愚かではありません。
貴会と先生におかれては、シナによる我が祖国、愛する日本を属国化しようとする企図とそれを実現せんとする各界における工作が益々ショウケツを極める今日の状況に鑑み、是非ともその対シナ政策をご再考、さらにはご変更下さいますようお願い申し上げるしだいです。
先生のご英慮を期待しております。失礼致しました。
Posted by: マルコおいちゃん  at 2006年11月18日(Sat) 20:50

蘭州大学が契約違反したのは糾弾でせねばならない。だがシナが契約違反するのは今に始まったことではない。
しかもシナは反日国家である。貴財団が奨学金とは言え、そんな国に支援しているとは知らなかった。それは貴財団設立の趣旨に合致することなのか?
上記10の大学は奨学金を提供されているから記念行事に参加するということなのか?

この問題は相手が契約不履行したということよりも、貴財団が奨学金を提供していたということが問われるべき問題だ。

笹川会長が、「11月15日、蘭州大学より入金の連絡があり、一件落着となった」という認識をされているのなら、私は貴財団への認識を変えねばならない。


Posted by: 平成退屈男  at 2006年11月18日(Sat) 20:31

笹川陽平様、初めまして。mizoと申します。
何かと言うと、シナ人は「日中友好」と口に出しますが、その実ただ日本から技術・資産の搾取をぼやかす為の言葉である事は明白ですし、笹川様も充分ご承知のはずです。
もうこれ以上シナの食い物にされているのを黙って見ている訳には参りません。
せめて王毅大使より日本財団及び日本への謝罪の言葉を求めて頂きたいものです。

最後に、突然お邪魔して意見するなどという不躾をお許しくださいませ。
Posted by: mizo  at 2006年11月18日(Sat) 20:20

日本財団は愛国的な財団と思っておりました。残念です。故・笹川良一先生の原点に帰られんことを。
Posted by: nonbe  at 2006年11月18日(Sat) 17:35

nhac-toyota氏に賛同します。
日本はアメリカに庇護を受け、切るに切れない状態とは言え、
アメリカの存在が新たな戦火を起こしているのも事実。
チベットや台湾を見るにつけ、中国は更に酷いことをするでしょう。
経済と貿易によってたつ日本は、その投資先を間違えてはなりません。
Posted by: Ctrl  at 2006年11月18日(Sat) 15:43

日本財団は支那への関与、特に財政支援にあたるような行為は今すぐ止めるべきだ。故笹川会長の主張されていたように東南アジアの発展途上国を支援して支那の覇権から守る同盟諸国としてシーレーン防衛の礎を築く活動にこそ使途を振り向けるべきだ。
Posted by: nhac-toyota  at 2006年11月18日(Sat) 15:27

怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒


みなさん、王毅はなんと2004年12月から今まで笹川氏の送った書簡を無視していたのですよ!2年間もですよ

66人の報道関係者が出席した記者会見 [2005年04月11日(月)] より
>また、昨年12月、中国の王毅駐日大使に書簡を送り説明を求めましたが、いまだ返事はござい
>ません。



言語道断です!2年間も調査期間が必要だったのか?
日本国民に説明しろ!正式に謝罪しろ!

怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒
Posted by: 王毅&#28378;出去  at 2006年11月18日(Sat) 14:51

笹川様、はじめまして。憂国者と申します。

今回の件は一件落着とは思いません。
逆にゆゆしき問題と心得ています。

笹川様が支那人の本質,本性をご存知ないとは到底思えませんが、彼らは我々の日本人の財布の中身が欲しいだけです。
それと江沢民の行った反日教育はいまだに有効です。そういう教育を受けた支那人は日本の奨学金とはいえ公正に運用されると日本人のメンタリティと同じくお考えならば愚かしいだけです。

王毅の一通の遺憾書簡だけで許せる事柄ではありません。これは謝罪を要求すべきことがらです。

笹川様の彼らへの処置の再考を求めます。
Posted by: 憂国者  at 2006年11月18日(Sat) 14:05

>王毅大使を始め、ご尽力賜った関係者に感謝申し上げ、円満解決に至った経緯を読者にご報告します。

報告を受けた読者としては円満解決には至ってないと思います。

毅然とした態度で抗議申し上げるのがよろしいかと思います。
「ふざんけんな!金返して謝ればすむ問題じゃーねーぞ!」と国連の場で申し上げるのがよろしい。そうしないと被害者は日本だけじゃなくなっちゃいます。
ってゆーかもう二度と金を渡すな!
Posted by: @隼人正  at 2006年11月18日(Sat) 13:42

拝啓
一件落着ではありませぬ、非常に由々しき問題です。
契約に違反し投資運用した以上、国内法の範疇外であっても、横領に近い問題ではないのでしょうか?
それを落着とは、如何なるお考えでいらっしゃるのか?
日本財団の歩みを拝見しましたが、この問題は既に財団の本旨を外れた内容かとお見受けいたします、それを落着と片づけるのは、財団の代表たる方のご発言とは思いがたく、誠に遺憾です。
財団は、どこから収益を経て公的活動をされているのでしょうか?
 
六分儀にも色々な活動が記されておりますし、今回の件をマスコミに発表されておられること、そういった点を差し引きましても、即刻この活動とやらを止めない限り、財団は日本という冠をいただくに相応しくないのではないでしょうか。
 
長文にて失礼致しました。
厳格なるご対応を検討下さいますよう、望みます。
敬具
Posted by: Jin  at 2006年11月18日(Sat) 12:07

未だにシナにODAをしようと考えているの?
日本財団って売国財団?
ふざけんじゃねえよ!!
Posted by: ごんた  at 2006年11月18日(Sat) 11:31

笹川ヤングリーダー奨学金ってのがいまいちよくわからなのですが、返還はしなくていいのでしょうね。日本国民の税金で成り立っている以上、日本の学生を優先するべきですよ。

日本の奨学金は要返還
http://www.jasso.go.jp/

そして社会に出たら自分が借りた奨学金を返還しつつ、他国の学生のために重税を負担しなければならないのですね。日本国民に何のメリットがあるのかわかりません。ああやだやだ。奨学金の返済を踏み倒す気持ちもわかりますよ。
Posted by:  at 2006年11月18日(Sat) 11:24

>中国蘭州大学に設置した笹川ヤングリー
>ダー奨学金100万ドルが、当方との契約に
>違犯して投資運用した結果、運用先の倒
>産により回収不能になる事件があった

これはひどいですね。怒りシナは日本を日本をなめきってますよ。
王毅は日支友好のためにテレビにでて土下座して謝れ。日本国民に謝れ。馬鹿にしすぎだ。さもなくば出て行け。日本国民の税金でバクチ打ってたんだろ?シナの大学はバクチもやるんだ、へーーーーー。

笹川さんが書簡を送ったことは、評価いたします。国民の生命と財産を守るのがあなた方の使命です。
Posted by:  at 2006年11月18日(Sat) 11:14