CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«6月24日(火) | Main | 「書 評」»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml
「イスラエル・パレスチナ問題」その4―番外編・女性の水タバコ― [2014年06月25日(Wed)]
「イスラエル・パレスチナ問題」その4
―番外編・女性の水タバコ―


6月10日、11日のヨルダン・イスラエル訪問は、雲一つない晴天で、日中の日差しはことのほか強く、サングラスは必携である。草木は勿論のこと、一滴の水もない荒野が続く景色を漠然と車窓から眺めていると、山川草木豊かな日本は何と恵まれた国だろうかと実感する。

日没と共に昼間の熱暑は何処へやら、涼しいというより寒さを感じる。夜、夕食のためホテルのレストランに入ると、室内ではサービスできないとのことで屋外に案内されたが、寒いのである。女性たちはレストランから毛布のような布を借りて肩から背中に掛けている。それでも屋外の食事の方が楽しいのであろうか。テーブルはほぼ満席。女性だけ5人〜10人がテーブルを囲んで大声で談笑している席もある。

ヨルダンのイスラムは開明的であることは知っていたが、このレストランでは多くの女性たちが水タバコを吸っており、まるで小型蒸気機関車のように鼻から口から、大きな煙を吐いているのには少々驚かされた。男性が吸うのは何度も目にしているが、10人ほどの女性だけのグループが各々水タバコを楽しみ、男性に負けじとばかり思いっきり煙を吐き出す様子はけだし壮観である。この国には受動喫煙という言葉はないものかも知れない。

水タバコ 女性.jpg
水タバコの煙を鼻から口から・・・


レストランは水タバコを提供するため、室内ではなく、屋外でサービスしているのだろう。これだけの人が室内で煙を吐いたら、あわて者は消火器を噴射するに違いない。大量に流れてくる煙に悩まされながら、早々に夕食を終えた。

「水タバコ」は専用の香りが付けられたタバコの葉に炭を載せて熟し、出た煙をガラス瓶の中の水を通し吸うもので、高さは60〜80cmほど。1回の燃焼時間は1時間ほどで、レストランに注文すると用意してくれる。

専門家によると、紙タバコより害が強いそうだが、そんなことはどこ吹く風とばかりに、レストランの屋外はまさに喫煙者の楽園であった。

ヨルダンの現状は、日々シリア難民が押し寄せており、既にイラク、パレスチナの難民も多く生活している。日々厳しさが増す環境の中、何を話題に楽しんでいるのかわからないが、つかの間のうさ晴らしをしているのかも知れない。
コメントする
コメント