• もっと見る
«3月7日(金) | Main | 「災害復興支援に300億円基金」―皆さまのご協力を!!―»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「中国の愛国教育は間違っていた」−ある中国人の告白− [2014年03月10日(Mon)]

「中国の愛国教育は間違っていた」
−ある中国人の告白−


先週は3回にわたり「現代日本を怪物化した対日外交は失敗した」と題した老兵東雷こと李東雷氏のブログを掲載したところ、大反響となった。2万5000字を超える長文を読む読者がいるか不安であったが、それは杞憂に終わった。熱心な読者によってリンクに貼られ、拡散した。

今日は中国の反日教育の成果?が如何に凄まじいものか、ある中国人の告白を伝える。

中国の徹底した反日教育は、日・中友好、子々孫々との友好が叫ばれた当時も静かに激しく、幼児の時から叩き込まれてきたのである。すがすがしい月曜日の朝からこのようなブログは読者に不快感を与えることは承知しているが、中国の現実を直視して頂くため、敢えてアップした。

*******************


―ある中国人の告白―


2014年1月8日、中国のゆがんだ愛国主義者が純粋な子どもの心をねじ曲げてしまったことを如実に示すエピソードを、中国人ユーザーが軍事関連ネット掲示板・米尓社区に投稿した。

以下はその内容。

日本人男性と結婚した従姉が、夫と彼の親戚の男の子を連れて中国に里帰りした。男の子は俊夫という名の小学校1年生。見知らぬ国で言葉の通じない人々に囲まれとても緊張している様子だったが、一生懸命カタコトの中国語で私たちに挨拶し、深々とお辞儀をした。その姿がとても愛らしく、私たちはいっぺんで俊夫のことが大好きになった。

だが、その従姉の一番上の姉の子、小学3年生の鵬鵬(ポンポン)だけは違っていた。初対面から敵意むき出しの顔で俊夫をにらみつけ、こぶしを振り上げると「打倒小日本(ちっぽけな日本をやっつけろ)!」と叫んだのだ。

これには俊夫も周りの大人もビックリ。父親が鵬鵬を叱ると「だって、日本人は中国人の敵じゃないか!学校の先生がそう言ってたよ。パパたちは中国を愛していないんだ!」と言って泣き出した。「先生が言っているのは歴史の話だよ、今は日本と仲良くしなきゃ。それに俊夫は私たちの大切なお客さんなんだから」と言い聞かせると、「じゃあ、パパやママはなぜ毎日、日本製品をボイコットするなんて言ってるんだよ?学校で見せられた教育アニメでも、日本帝国主義を打倒しろって言ってたよ!」と反論した。

幸いなことに、中国語の分からない俊夫に鵬鵬と父親の会話の中身を知られることはなかった。俊夫は本当にいい子で、自分でできることは自分で全部する。礼儀正しく、大人を敬い、食事の際は全員が箸をとり、従姉が日本語で「いただきます」と言ってから自分の箸をとる。

それに比べて鵬鵬はどうだ。部屋は汚い。自分では何もしない。食事は当然のように自分が好きな料理を一人占めし、彼を溺愛する大人たちもわざわざ好物を取り分けてやる。私たちは「鵬鵬が俊夫みたいだったらいいのに」と心から思ったものだ。そんな鵬鵬もだんだん俊夫に打ち解け、2人で遊ぶことも多くなった。お互いに日本語や中国語を教え合っている姿を見て、「やっぱり、子供は子供同士だ」と安心した。

しかし最後の晩、従姉とその夫は買い物に出かけていて、私たちはみんなでテレビを見ていた。そこへ鵬鵬が得意げな顔で俊夫を連れてきて「俊夫がみんなに言いたいことがあるって」と言った。俊夫は顔を赤くしながら恥ずかしそうにほほ笑んで、たどたどしい中国語でこう言った。

「僕は死んで当然の日本人です。僕は中国人に謝ります。」

俊夫のこの言葉にその場の大人たちは全員凍りついた。鵬鵬の父親はすぐさま彼をトイレに引きずって行き、中から「パン!」と引っぱたく大きな音が聞こえた。鵬鵬は俊夫に「みんなが喜ぶ言葉がある」とだまして、あの言葉を覚えさせたのだ。

こんな小さな子供がここまで日本を憎むとは、あまりにもひどい。善良で純粋で友好的な日本の子供を前にして、中国の子供がどれほど恐ろしい敵意と憎しみを日本に抱いているかを私たちは思い知らされた。中国の愛国教育はもっと客観的で冷静であるべきではないか。

*******************


中国人の大多数はこのような教育を受けて育ってきた。日本の商品とアニメ以外、反日教育だけが日本に対する彼らの知識なのである。

ほんの一握りの来日経験者や外国留学組の知識人においても、日本に対する知識は相当歪んでいるのが実体である。地政学的に離れ難い日・中両国である。日暮れて道遠し。それでも私は一人でも多くの、親日家でなくとも、知日派の養成に努力を継続していきたい。
コメントする
コメント
この子供の世代が中国の未来を担う世代になることを考えると個々の関係は別として、友好関係を結ぶのは現実的ではないと思ってしまうのですが…。
むしろ建前も無くなった純粋な反日教育を受けている世代が育ちきる前に、経済的、軍事的に不当な侵略を中国から受けないように日本は準備するべきだと思いました。
とは言っても私に何か力があるわけではないので、私としては選挙行動で中国に備える意思を表明するくらいしか出来ないのですが…
Posted by:  at 2024年03月29日(Fri) 02:03

よい紹介だと思うので、英文にして世界に広められたら、更に有意義と思います。世界中に中国の”言い分”が行き届いている?ので、米国をはじめ、特に世界の政府関係者、大学関係者には、英文にして広めていただきたいと思いました。私も、海外の大学で講演をする機会があり、御財団にクレジットをさせていただき、紹介できれば有難いです。
Posted by: にしうらみどり  at 2014年03月11日(Tue) 11:19

【中国と日本の愛国教育比較?目に見えない洗脳
 中国の愛国教育は間違っていた....日本は?】

まさに本日の田園調布雙葉高校 小林潤一郎先生の公開授業=グループ討議で、高校生たちと話していて驚いたことがありました。

7人グループのうち3人が別々の高校に通う学生でした。そのうちのひとりが「自分は高校で日本史を習っていない。高校1年では世界史、2年以降は文理別コースに進み、理系だと日本史は習わない」と言ったのです。だから日本のことは知らないと。

日本史を古代からはじめて、現代を習う前に終わってしまうというのは、よく聞く話で、それも問題だと思いますが、それ以前に日本史が科目にないというのは驚きだったのです。

そこで、私たちのグループのテーマは「日本を知る」になったのですが、またある高校生がいきなり「戦争責任」について語りはじめたのです。

(この現状を、中国や韓国の当局者が知ったら喜ぶのでしょうか?)

そこで、4人の先輩が、日本が大好きな外国人、そんな外国人が大好きな日本文化や日本精神の例、科学未来館で開催された日本が誇る先端技術展などの話をしてバランスを取った?のですが...ちょっと驚きました。

戦争責任を否定するつもりはありませんが、日本の伝統や現状の素晴らしさを知って、自信と誇りを持つ必要だってあるでしょう。

そして、今、「ある中国人の告白」というブログ記事を読んで、哀しくなったのです。経済改革直後の中国経済について大学で学び地方まで訪ね歩いた私としては。現在、明治大学で健気な中国からの留学生も真剣に教えている私としては。

https://blog.canpan.info/sasakawa/archive/4415
Posted by: 久米 信行  at 2014年03月10日(Mon) 18:14

よく分かる内容であります。
私自身そんな国どおしのハーフです。子供の受感性は非常に敏感でありおよそ記憶は一生残ります。
よっぽど真実を目の当たりしないと植付けられた偽史は抜けません。

それではその偽史は誰が作り出したのか⁈何故作り出したのか⁈この問いにやがて辿り着きます。

有色人種の再起を懸け一個人が出来るなにかを探り探求します。心に秘めた文言があります。
『出来ないからやらないのではない、やらないから出来ないのだ!』

この言葉に恥じぬよう努力して参ります。

小林 明峯

Posted by: 小林  at 2014年03月10日(Mon) 13:49

「いいね。」
非常に有意義な実話を紹介してくださいました。
残念ながら、正にこの通りが現実だと思います。日本人も中国人も、この事実を認識しつつ、如何にしたら相互の正しい理解を深め、友好的なウインウインの関係を造っていけるのかを考える必要があると思います。
Posted by: 田島高志  at 2014年03月10日(Mon) 11:41