CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「タイ・バンコク訪問」その2 ―日本財団グループ・レセプション― | Main | 8月23日(金)»
leprosy.jp
resize.png日本財団はハンセン病の差別撤廃を訴える応援メッセージサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設。皆様からのメッセージを随時募集・配信しています。
Google
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

笹川 陽平さんの画像
笹川 陽平
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/sasakawa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/sasakawa/index2_0.xml

「中国の小話」その16―振り込め詐欺― [2013年08月23日(Fri)]

「中国の小話」その16
―振り込め詐欺―


日本では振り込め詐欺の被害が後を絶たない。理由は、昔から「人に迷惑をかけてはいけない」「人を疑ってはならない」との家族の躾が今も老人を中心に残っており、日本人の良き特性を悪用されているからである。

我が家にも何回も4人の息子の実名を語って電話がかかってきた。その中には、妻宛てに「こちら新宿駅の鉄道公安官事務所です。お宅の息子さんの○○さんが痴漢で逮捕され、ただ今被害者と取り調べ室で示談中です。最近振り込め詐欺が多いので、ご心配でしたら新宿駅鉄道公安官事務所の私は担当官の○○という者で、電話番号は○○○○です。おかけ直し下さい」と言って電話を切ったという。

息子の○○は他の3人の息子に比べ、ひょっとしたらと思わせるようなタイプなのである。そんな息子のこと、一瞬、もしやとの気持ちもよぎったらしいが、妻は振り込み詐欺と判断し、電話をかけ直してくれと言った公安官を名乗る男に「よく考えてみましたが、痴漢は癖になるそうですから、この際しっかりと説教して留置所に入れてください」と答えたら、そこで電話は一方的に切れたという。

中国でも最近、振り込め詐欺が流行り出したらしいが、中国には騙す人より騙される人の方が悪いとの文化があるから、日本人のように簡単には騙されないらしい。

****************

中国版詐欺電話への対応術


詐欺者:もしもし、林社長、ご無沙汰しております。 

林さん:あなたは誰ですか?

詐欺者:古い友人ですよ。覚えていないの? 福建省の友人です。声がわからない?

林さん:ええと??

詐欺者:社長さんですから会う人が多いし、忘れても仕方がないね。

林さん:ああ、思い出した! 福建省の張さんですね。

詐欺者:そうですよ。よかった! 覚えていてくださって。

林さん:失礼しました。詐欺電話かと思いました。

詐欺者:来週、出張で北京に行きますので、一席設けたいと思います。

林さん:張さん、お母様の胃癌の治療はどうでしたか?

詐欺者:(一瞬、間があって)あまり変わらないですね。

林さん:このような病気にかかったら、できるかぎりの治療を続けるしかないね。

詐欺者:おっしゃるとおりです。

林さん:お父さんが車にはねられた事件で、犯人が見つかりましたか。

詐欺者:??もう逮捕されました。

林さん:あの時、包茎の手術をすると言っていましたね。しましたか?

詐欺者:????しました。

林さん:奥さんは不妊症の治療をしているとも言っていましたが、効果がありましたか?

詐欺者:???

電話は切れた。

****************


妻の話によると、老人ホーム、墓地・投資の話、物品販売等、さまざまな勧誘の電話が毎日のようにあるという。「私の名前でかかってくるので簡単に電話を切るとなんとなく失礼な気がして、ついつい途中まで話を聞いてしまうの。煩わしいわ」ということらしい。

私の知人は引退して自宅にいることが多く、この手の電話を楽しみにしている。なんだかんだと質問して相手がくたびれるのを待つそうで、女性が相手の時は、「ところで独身ですか? 何歳ですか? 恋愛経験は? 不倫の経験は?」と矢継ぎ早に質問すると、「失礼しました」と、先方から電話が切れるそうである。

投資話の場合はしばらく売り込み話を聞いてから、「私の場合は10億ほどしかないんだが、それでもいい?」というと、相手が目を輝かせて身を乗り出す様子が電話の向こうで想像できておもしろいという。私にはとても出来る技ではない。

たまの休日で妻が留守の時は仕方なく私が電話に出るが、
「○○さんご在宅でいらっしゃいますか?」
「死にました」
「それは失礼しました」
で終わりである。

ところで、振り込め詐欺はあれだけ警察が啓発活動をしても増加しているらしい。老人にいくら注意を喚起しても、冒頭に記したように「人に迷惑をかけてはいけない」という躾が身についている老人には効果がないのです。息子や娘の方から老いた父母に、元気に働いているから絶対に振り込め詐欺にひっかからないようにと電話をさせる方が、いちばん効果があると思うのだが・・・。
コメントする
コメント
私の友人の某通信社社会部長経験者も、演劇団のような形で、中年女性である幼稚園の園長からの一報、警察官からの身元確認、園長から委嘱された弁護士からの挨拶、被害者からの訴え、再度の弁護士による解決のための300万円の要求・・・とあって、銀行まで行き、あやうく振り込むところで気づいたというのです。
「園長からの電話だが、自分が幼稚園教師である娘を一度、自動車で送っていったときにあった延長は男だったぞ」と思い出したそうです。
さすがに敵もプロ、ほんとに怖いですね。

おっしゃるとおり、日ごろの家族関係の濃さが重要ですね。
Posted by: 吹浦忠正  at 2013年08月26日(Mon) 14:19

詐欺とは、古代からある犯罪ですが、現在の詐欺は巧妙かつ悪質
弱い老人を的にしているが、詐欺は刑罰が軽い法律を見直す必要が
有ると思います。
Posted by: 和佐田克己  at 2013年08月23日(Fri) 16:40