• もっと見る
【外出倶楽部】秋吉台サファリランド【報告】6月16日(火) [2015年06月20日(Sat)]

6月16日(火)小雨のち曇り時々晴れ

残念ながら微妙な天気となりましたが、外出倶楽部で出かけてきました。
行き先は、秋吉台サファリランド「動物ふれあい広場」。
5月の利用者会議で、僕が提案&猛プッシュした行き先です。

参加者は10名。
途中、スーパーで昼食を買って準備は万全です。

現地に到着すると、入口前の休憩所で昼食をとり、いざ出陣です。
「サファリゾーン」は別の機会に行くとして、今日のお目当てはお手頃料金(1,000円)の「動物ふれあい広場」です。

平日の昼間、天候もいまいち…ということもあって、園内はお客さんもまばらです。

ウサギとふれあいます。
僕は個人的には「たれ耳」のウサギがお気に入り。
動物には「癒し」の効果があるそうですが家で飼うのは大変そうなので、ここでしばしの間、ウサギに元気を分けてもらいます。

P1050547[1].jpg
Iさんはモルモットがすごく気に入った様子。
撫でてやると、モルモットも気持ちよさそうにしています。
Iさんは「飼育員の募集をしてないかなぁ…」と言っていました。
動物愛がたくさん伝わってきました。

生後3か月の仔ライオン2頭の「わんぱく展示」では、僕も恐る恐る背中を撫でてみました。
僕はまだ、この仔たちに「えさ」としては認識されていないようですが、眼の輝きは将来の姿を彷彿とさせるものがありました。
また、隣では仔クロクマ2頭がじゃれあっています。
見た目は大き目のぬいぐるみですが、力が強くて飼育員さんから元気にミルクを飲んでいました。

カピバラは思っていたより大きかった…。
げっ歯類(ネズミの仲間)だそうですが、ネズミというよりは子豚並みのサイズです。
愛嬌のある顔が何とも言えずかわいらしい…。

象のエサやり体験。
僕は終始ビビっていました。
鼻の穴の中は、掃除機のホースをのぞき込んでいるよう。
生えている毛は針金のよう。
優しそうな眼が印象的です。

P1050579[1].jpg
仕事疲れのサラリーマンが家でゴロゴロの図。
鬼嫁から「粗大ごみ」扱いされている様子が目に浮かびます。
後ろ足でピョンピョン跳ぶ姿を見て、「あーこれこれ!」ってなりました。
Iさんはここでもカンガルーの群れになじんでいました。

P1050584[1].jpg
リスザルの森探検。
「ヒマワリの種」を与えると、器用に皮をむいて中身だけ食べます。
Sさんの帽子がリスザルに狙われていました。
身体能力がスゴイ。
僕にもあの運動神経を少し分けて欲しい。

P1050595[1].jpg
ここでは飼育員さんが車を降りて、キリンを背景に写真を撮ってくださいました。
柵のすぐそばで見たキリンは美しく、まつ毛が長く、青く長い舌をしていました。
歩いている様子はとても優雅。
天敵に襲われる危険性がないためか、リラックスしている様子。

隣接した遊園地で童心に帰ってみました。
高いところが好きな僕は一人で観覧車に乗って…
「サファリゾーン」の中が見えて…、
今度行ってみよう!

施設を出た時にはすっかり天気も回復し、空は明るくなっていました。

上で紹介した以外にも、ホワイトライオン、ホワイトタイガー、レッサーパンダ、バーバリーシープなどの動物を間近に目にすることができました。

CMでも流れているテーマ曲
♪あきよしーだいー、さふぁりらーんどー♪
…のメロディが園内でも流れていて、出てからもしばらくは脳内再生。

帰り道、カルスト台地を通り、車窓から見える雄大な景色。

今日一日、たった1,000円で動物たちと触れ合えて楽しい思い出ができました。
コスパがとてもよい!

飼育員のみなさんにはいろいろな動物について説明をしていただきました。
飼育員さん、どうもありがとうございました。
動物たち、どうもありがとうございました。

秋吉台サファリランド、オススメです。
また来ますっ。

担当:高橋
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
Copyright (c) 特定非営利活動法人支えてねットワーク All Rights Reserved.