• もっと見る
2014年3月19日(水) [2014年03月20日(Thu)]


防寒用の作業着が要らなくなるくらいの天気だった。

一日、綴り皮。

先週、金曜日も修行日だった。
綴り皮が上手くいかず、気分転換に綴り皮にできない皮で軒積みに使う軒を作った。
長すぎる先っぽを包丁で切り落とす際、トンッと軽い感じでやってた。

その感覚で、綴り皮でも木口を切り揃えると、いい感じでできた。
包丁の重みのみだけで、人の力を使わずに包丁が勝手に切ってくれた、そんな感じだった。

今日もその調子で、と思ったのだが、金曜日の感覚がなかなか取り戻せず、皮を繋げるのにも四苦八苦した。
それでもなんとか、3把目を作れた。

修行を始めたころ師匠から、「皮と会話しながらやるといいよ。どうして欲しいか皮が教えてくれる」とアドバイスをもらった。
今はまだ皮と会話というより、自分の思いを皮に押しつけてる感じ。

今のやり方で本当にいいのかな?という不安もあって、上手く整理ができてなく文章も長くなってしまった。

hiwadaya140319.JPG


担当:オカムラ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
Copyright (c) 特定非営利活動法人支えてねットワーク All Rights Reserved.