CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年02月 | Main | 2017年04月»
サルコイドーシス友の会九州大会 医療講演会報告 [2017年03月07日(Tue)]
2017年3月5日、福岡国際会議場で、サルコイドーシス友の会主催の医療講演会が開催されました。DSCN0348s.jpg
講師は神戸市立医療センター西市民病院呼吸器内科の富岡洋海先生でした。DSCN0368ss.jpg
ご専門は呼吸器内科ですが、皆様ご存知の通り、サルコイドーシスは全身のいろいろな臓器に症状が出る可能性のある病気ですので、眼、心臓、皮膚などの様々な臓器症状についても幅広く診断から治療までお話していただきました。こんな症状が出たときは要注意といった、ポイントを抑えた分かりやすい説明でした。
また、日常生活を前向きに、活動的に過ごすことでリハビリ効果が得られて、ストレスをためずにリラックスして過ごすことにもつながるそうです。治療というと、とかく、薬探しに目を奪われがちですが日常生活の心得まで含めた全人的な医療が、難病に関してはことさら必要なのだと再認識しました。DSCN0369ss.jpg

休憩をはさんで、参加者の皆さんから寄せられた質問に回答をいただきました。普段気になっているけれど、担当医師の専門外で今一つ聞きにくかったことや、症状がサルコイドーシスに関係があるのかないのか悩んでいることなど、様々な質問が出ました。
胸の痛みが心臓からではなく神経障害からきていることもある(つまり「神経痛」)など、参考になりました。他の方の体験を通じて病気のことをより深く知ることができたと感じました。