CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«開かないんです | Main | 腰椎神経根障害?»
右利き用 [2018年08月17日(Fri)]
右利き用


障害ではないのですが、世の中のものって右利きの人が使うことを前提に作られているものが圧倒的に多いです。
ただ、左利きの人は不便さになれてしまって適応しているというか、それなりにやっています。急須でお茶を注ぐときになんか変な手つきだと(逆手になっています)いわれていましたが、そんなものかなと思っていました。
img04410.jpg
逆に左利き専用の道具を始めて使うと、おかしなことになったりします。カッターナイフは刃を出した後クルッと回転させて裏返して切る作業をする習慣が身についているので、つい、左利き用の刃の向きのカッターナイフでもくるっとやってしまって、あ、違った、みたいなことになります。

一番深刻なのは、デジタルカメラです。右手が麻痺手だと、ズームやシャッターのボタンがすべて右側についていて、右手で操作する設計なので、左手にカメラ持っての操作は不可能です。
勢いスマホのカメラ機能を使うことになります。スマホってユニバーサルデザインですね。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント