CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«山口県難病講演会・交流会のお知らせ | Main | 平成29年度の指定難病について»
シクロフォスファミド(エンドキサン)療法5回目 [2016年07月15日(Fri)]
 来週シクロフォスファミド(エンドキサン)の5回目の治療目的で入院します。(6回で1クールなのであと一息です)

 さて、心配していた副作用ですが、血球減少もほとんどなく、白血球は2000以上をキープ、次の治療はOKということになりました。

 エンドキサンと直接関係あるのか、もともとが末梢神経障害なのでそちらなのか区別のしようがないのですが、最近、今までにない変なピリピリした感じの手足のしびれ感と、触っているのが皮を一枚被ったような状態になっています。
 実生活では、自動販売機に小銭を入れようとすると必ず1枚か2枚は落としてしまいます。新聞や本のページが一枚めくれません。通勤定期券が私の最寄り駅はICカードになっていないのでペラペラの定期券を定期入れから取り出して、改札機のスリットに通さないといけないのですがこれにもたついてしまいます。特に降りる駅は大多数の人がICカードなので、人の流れを渋滞?させてしまって、焦ります。
 感覚って大事ですね。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント