CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«RDD2016で難病患者の就労問題を真正面から投げかけたい | Main | 世界希少・難治性疾患の日RDD2016山口、初日が終了しました。»
事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン [2016年02月24日(Wed)]
2月23日の厚生労働省の発表です。新聞記事ではがん患者さんのことだけが対象のように書かれていますが、実際は糖尿病や肝炎などの慢性疾患、脳卒中なども含まれており、文中に直接は出ていませんが難病も同様に扱われるべきものと考えられます。(明記してほしかったのですが)
今後の患者側から事業者への仕事と治療の両立を求めていく上で根拠となる資料ですので、ぜひ見ておいてください。
事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン
厚生労働省報道発表
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント