CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ワークショップ | Main | 外出»
プロフィール

三条サポステさんの画像
三条サポステ
プロフィール
ブログ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
リンク集
https://blog.canpan.info/saposute-sanjo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/saposute-sanjo/index2_0.xml
頂きました。 [2011年02月04日(Fri)]
 こちらは、サポステエアーの収録でおいでくださった、三条市由利の富士屋まんじゅう店の店主の方からの差し入れです。

桜餅にみそまんじゅうハート
桜餅は春がもうすぐそこまで来ていることを感じさせる、おいしいお菓子でした。
 富士屋さま本当にありがとうございました。
2010年度上半期 サポステエアー 出演者一覧 [2010年10月18日(Mon)]
2010年度上半期 サポステエアー 出演者一覧
  放送日 再放送日 出演者 役職等 カテゴリー
1 4月8日 4月9日 水科江利子氏 ガレージ1 支援者
2 4月15日 4月16日 酒井代表 長岡凛晴学院  〃
3 4月22日 4月23日 小林秀徳氏 三条エコノミークラブ 企業
4 4月29日 4月30日 瀧澤・佐藤 三条サポステ 主催者
5 5月6日  5月7日 田村宏美氏 新潟NPO協会 NPO
6 5月13日 5月14日 瀬戸亨氏 放送大学院生 協力者
7 5月20日 5月21日 本間里子氏 ワークサポート 支援者
8 5月27日 5月28日 小林遠馬氏1 墨詩作家 利用者
9 6月3〜17 6月4〜18 蛯原勝 三条サポステ 主催者
12 6月24日 6月25日 寺尾知香子氏 ホームレス支援ネット 理事長
13 7月1日 7月2日 伊藤正史氏 キャリア形成室長 厚労省
14 7月8日 7月9日 小林遠馬氏2 墨詩作家 利用者
15 7月15日 7月16日 渡邊綾子氏 長岡サポセン 職員
16 7月22日 7月23日    〃       〃      〃
17 7月29日 7月30日 蛯原 勝 三条サポステ 主催者
18 8月5日 8月6日   〃     〃      〃
19 8月12日 8月13日 国定勇夫氏 三条市長 行政
20 8月19日8月20日 小林遠馬氏3 墨詩作家 利用者
21 8月26日 8月27日 KACCO氏+J氏 癒し系表現者 支援者
22 9月2日 9月3日 渡辺竜海氏 テーエム梶@企業
23 9月9日 9月10日 池田相談員 三条サポステ主催者
24 9月16日 9月17日 白井憲太氏 白井産業梶@企業
25 9月23日 9月24日 商工課職員(&鍛冶祭り実行委) 三条市役所 行政
26 9月30日 10月1日 KACCO氏+K氏 癒し系表現者 支援者
サポステエアー試聴版 [2010年10月10日(Sun)]
 毎週木曜日と金曜日に放送しているサポステエアーのエンディング部分です。

サポステエアー収録 [2010年08月12日(Thu)]
本日、K−BOXのKACCOさん(癒し系表現者)を純名さん(ピアノ弾き語り)をお迎えして、サポステエアーの収録を行いました。写真はピアノを弾く純名さんです。放送は8月26日(木)、再放送が27日(金)の予定です。
 
 
サポステエアー出演予定者 [2010年07月01日(Thu)]
7月1日(木)午後0時半〜 再放送7月2日(金)午後4時半〜
 出演:厚生労働省キャリア形成支援室室長 伊藤政史氏
 話題:若者自立支援事業等の今年度重点事業

7月8日(木)午後0時半〜 再放送7月9日(金)午後4時半〜
 出演:墨詩作家 小林遠馬氏
 話題:2001年を振り返る


7月15日(木)午後0時半〜 再放送7月16日(金)午後4時半〜
 出演:長岡サポセン職員 渡邊綾子氏
 話題:私のこれまでとこれから

7月22日(木)午後0時半〜 再放送7月23日(金)午後4時半〜
 出演:三条サポステ 蛯原勝
 話題:今年の就職状況とその対策ーー高校生の保護者のために その1

7月29日(木)午後0時半〜 再放送7月30日(金)午後4時半〜
 出演:三条サポステ 蛯原勝
 話題:今年の就職状況とその対策ーー高校生の保護者のために その2
働き続けるために必要なこと [2010年06月10日(Thu)]
 6月3日(木)と10日(木)に放送するサポステエアーでは、三条サポステの蛯原が加茂農林高校で行った講演をお送りします。

講演タイトル:働き続けるために必要なこと―― 若者自立支援の現場からの提案 ――  

0)簡単な自己紹介
・出身、職業、資格、趣味、性格、高校時代

1)若者自立支援の現場とは(略)

2)若年無業者の現状
平成19年の就業構造基本調査によれば、全国と新潟県の若年無業者数及び割合は次のようになっている。
      男      女      総数 
全国  39万5千人 23万8千人 63万3千人
      (2.5%)    (1.6%)    (2.1%)
新潟   4千900人 3千500人  8千400人
      (1.8%)   (1.4%)    (1.6%)

3)働く意義――遊び、学び、労働の関係
・我々の暮らしは誰かの労働で支えられている
・働くとは、他者に満足や喜びを与えること
・ヒトは労働によって人間になった
・働くことによって人間は成長できる
・(経済的)報酬は働き続けるために必要な条件・手段であって、目的ではない

4)現在と将来の就業構造
・若者の就職と就労を巡る現状
・将来予測

5)就職・就労のために――就労と自立のためのフローチャートを使って

6)どのような人々が社会で活躍しているか
・人の役に立つ喜びを知っている
・目標を持って新しいことに物事に取り組んでいる
・自分の責任を果たしている
・やらないうちからできない理由を言うことがない
・人生の楽しみを味わっている
・他者との一方的でない双方向的な関係
・複数の異質なチャンネルを持っている

7)働き続けるためには
@勤務時間
・必要条件:1日8時間、週40時間の勤務に耐えられる
・十分条件:必要条件以上の場合が多く、ケースバイケース

Aそのためにはまず自律・自立した生活
・早起き、朝ごはん、早寝
・自立は自炊から
・身辺整理
・心身の健康
・目的、目標と計画性のある生活

B他者との関係性、交友
・人間は信頼に値する
・応答の際の留意点――大きなことから答える
・指示を理解・確認し、行動できる
・主張性と受容性、とりわけ I message
・責任感(responsibility & accountability)
・他者と競争ではなくて協力できる
・他者に適度に依存できる
・多様で異質な人々との交友

8)高校時代、若い頃にしておきたいこと
・隣の人と挨拶や会話ができる
・語ることと聴くこと――とりわけ希望を語り合う
・自分をよく知る――自分にダメ出しをしない
・自分の長所を少なくとも3つ見つける
・体験すること――(間接)情報よりも実体験
・運営する側に回る――たとえば、家事の分担
・消費するだけでなく生産・創造する――農(作)業
・創造的な楽しみごとを見つける
・楽しみごとを共有する仲間を見つける
・先生と仲良くなる
・多様な人々との出会い――旅行ではなくて旅を

9)失敗したとき、困ったとき
・失敗とはチャレンジの証
・誰かに相談する――決して独りで抱え込まない
・いつでも再チャレンジできる
2000年を振り返る [2010年05月20日(Thu)]
 27日(木)と28日(金)に放送されるサポステエアーでは、小林遠馬さんと一緒に10年前の2000年を振り返ります。写真は、2000年に因んだ、小林さんの墨詩です。
サポステエアー 出演者一覧 [2010年03月08日(Mon)]
 今年度放送したサポステエアーの出演者一覧です。番組を録音したCDがサポステにあります。視聴をご希望の方はサポステまでお問い合わせください。

 放送日  再放送日  出演者   役職等     カテゴリー
1 5月6日         蛯原 勝  三条サポステ    主催者
2 5月13日 5月14日 長沼礼子氏 教育委員長    行政
3 5月20日 5月21日   〃       〃        〃
4 5月27日 5月28日 佐藤英夫氏 ソレイユ館長    行政
5 6月3日  6月4日     〃       〃       〃
6 6月10日 6月11日 瀧澤・佐藤相談員 サポステ職員 主催者
7 6月17日 6月18日  K&K氏   無職・無職    利用者
8 6月25日 6月26日 沼田夏子氏 稲穂の会代表  支援団体
9 7月1日  7月2日   K氏      無職      利用者
10 7月8日 7月9日  KACCO氏 癒し系表現者   支援者
11 7月15日 7月16日    〃       〃        〃
12 7月22日 7月23日 プチサポ。   無職       利用者
13 7月29日 7月30日 杉野真司氏 杉野工業社長   企業
14 8月5日  8月6日  岡部裕一氏 燕市教育委員会 行政
15 8月12日 8月13日   〃         〃      〃
16 8月19日 8月20日 田崎基氏   うらだての里   福祉法人
17 8月26日 8月27日 島倉理事他 ささえあい生協   受託団体
18 9月2日  9月3日  岩井俊憲氏 ヒューマンギルド 支援者
19 9月9日  9月10日    S氏      無職     利用者
20 9月16日 9月17日  田代勝巳氏   教員      協力者
21 9月23日 9月24日  李仁鉄氏他  災害ボラネット NPO職員
22 9月30日 10月1日    〃         〃       〃
23 10月7日 10月8日  久住正也氏 リバティライオンズ 協力団体
24 10月14日 10月15日  蛯原 勝  三条サポステ    主催者
25 10月21日 10月22日 恋塚忠男氏  商工課課長    行政職員
26 10月28日 10月29日 大島留美子氏 大島事務所   司法書士
27 11月4日  11月5日     〃        〃       〃
28 11月11日 11月12日 石黒博之氏   石黒農園     農家
29 11月18日 11月19日  小林茂氏    映画監督     三条出身
30 11月25日 11月26日 川瀬&坂井氏 NPOさんじょう  NPO職員
31 12月2日  12月3日     〃         〃      〃
32 12月9日 12月10日  大井京子氏他 マザーズフレンド  NPO
33 12月16日 12月17日 松井真子氏他 スマイルフレンド   〃
34 12月23日 12月24日  児島先生   長岡大学     大学教授
35 1月6日  1月7日    蛯原勝   三条サポステ    主催者
36 1月13日 1月14日  関野香織氏  元精神科ワーカー  支援者
37 1月20日 1月21日  小林遠馬氏    詩人        利用者
38 1月27日 1月28日  今井進太郎氏 コマスマーケティング社長  企業
39 2月3日  2月4日     〃         〃        〃
40 2月10日 2月11日  古川裕之氏   ヒロ不動産      代表
41 2月17日 2月18日     〃        〃         〃
42 2月24日 2月25日   小林遠馬氏    詩人       利用者
43 3月3日  3月4日   土田陽子氏   コーチング     支援者
44 3月10日 3月11日      〃        〃         〃
45 3月17日 3月18日   梅田&小出氏  チャイナネットワーク   民間
46 3月24日 3月25日   半藤逸男氏  五十嵐川漁協理事 協力者
47 3月31日 4月1日    小林遠馬氏    詩人       利用者
ぼくたちは生きているのだ [2009年11月11日(Wed)]
 18日(水)夜のサポステエアーにご出演いただくために、映画監督の小林茂氏(三条市下田出身)をお招きして収録を行いました。小林氏は、映画「阿賀に生きる」の撮影をしたことなどで有名な方です。写真は、小林氏の著書「ぼくたちは生きているのだ」(岩波ジュニア新書)です。
番組作成に携わって [2009年07月07日(Tue)]
 プチサポ。副会長 ころすけ

 先日、プチサポ。メンバーによるサポステエアーの収録があり、私は台本(シナリオ)の作成を担当した。

 サポステの蛯原さんの誘いで以前に一度だけサポステエアーには出演したことがあるが、そのときは出演のみであり、シナリオを考えるなどということは必要なかった。
 だが今回は自分で台本を作成した上で、さらに副司会として収録を進めていかなければならないということで、「なんだか大役を任されてしまったなぁ」という思いでいっぱいだった。

 まずは台本として使いやすいものを作るため、自分なりに工夫して構成を考えた。具体的に工夫した点としては、みんなが収録中、トークに集中してしまっても進行を見失わないために台本の欄外の各所に小見出しを付けた。また、意識的にスペースを空けるようにして収録当日の小さな変更にも対応できるようにした。

 そして肝心な台本の内容だが、これに関しては前もってメンバーのみんなとトークテーマを考えて決めておき、それについて答えを用意してきてもらうことで、それをしゃべれば自然と番組が成立するようにした。

 収録当日は、台本をわりと具体的に詰めて作ってきたことと、前もって答えを準備してきてもらったことで、あまり緊張することなくみんなにしゃべってもらうことができたような気がした。
また、みんなのアドリブのうまさとチームワークの良さに助けられて、台本の棒読みにならず、普段のプチサポ。に近い感じで収録ができたことは、台本を作った立場として一番うれしかった。

 今回は正直なことを言うと、仕事以外で時間をかけて文書を作成するということ自体が面倒くさくてたまらなかった。
 しかしみんなが楽しみながら収録できた光景を思い返すと、結果としてさわやかな充実感を味わうことができた。それだけで満足である。

 また機会があればチャレンジしてみたい。
| 次へ