CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
サポセンだより2021年秋号完成しました! [2021年11月06日(Sat)]

こんにちは。

まつやまNPOサポートセンターの山本です。


肌寒いが続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、このたび「サポセンだより2021秋号」が完成いたしました。


A4冊子1P-P8表紙裏表紙20211005.jpg


内容としては、下記のようになっております。


1. 特集/NPOも活用できる

インターネット広告の種類とポイント


2. 令和3年度まちづくり提案制度 次世代育成支援事業 採択団体決定


3. 松山市市民活動推進補助金 採択団体活動報告


4.センター主催NPO交流会 出前講座 開催


5.イベント開催のお知らせ



サポセンのホームページ(http://www.npo.coms.or.jp/)

コムズや行政施設などで配布しております。

ぜひお手にとってご覧いただければと思います。

Posted by サポセンスタッフ at 16:15 | サポセンニュース | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【イベント報告】11/6愛媛スポーツ・レクリエーション祭2021 親睦ディスコン大会 [2021年11月06日(Sat)]
こんにちは。
まつやまNPOサポートセンターの和田です。

11月6日(土)に松山市総合コミュニティセンターで開催された、
愛媛県ディスコン協会主催、
愛媛スポーツ・レクリエーション祭2021 親睦ディスコン大会に参加しました。



ディスコンは日本で生まれたスポーツです。赤と青の2チームに分かれ、1チーム6枚の円盤をポイントに向けて投げ、どちらがポイントに近いかを競う簡単なスポーツです。

「何時でも・何処でも・誰とでも」、初めての方でもベテランと対等に競技を楽しむことができます。特に高齢者の生きがいづくりとして、高齢者のコミュニィティ(仲間づくり)や介護予防に役立っています。


今回のイベントで、愛媛県ディスコン協会は、松山市役所の職員を研修生として受け入れました。
この受け入れは、松山市市民活動体験研修と言います。
松山市市民活動体験研修は、市民活動団体(NPO)と一緒に協働社会をつくる松山市職員の意識を高め、お互いに理解することを目的に毎年行っています。



松山市職員7人を含む50人ほどの参加者が、準備から開会式、試合、閉会式、片付けまで行いました。




始めに、代表岩田さんの指示のもと、松山市職員で張った垂れ幕です。



床に3.5×9mのコートをビニール紐で作っていきます。



ビニール紐が動かないよう、テープで留めていきます。



代表の岩田さんが、ディスクを投げることで起こる様々な場面について、勝ち負けを細かく説明します。ディスコンが初めての松山市職員たちは、熱心に耳を傾けています。


IMG_8071.JPG

準備も整い、いよいよ開会式です。16チームに分かれて対戦します。


IMG_8074.JPG

準備体操は理事の光峯さんの掛け声で行います。
普段運動不足のわたしは、準備体操だけでもこたえます。


IMG_8081.JPG

いよいよディスコン大会スタートです。
投げたディスクをみんなで回収する動きも運動になります。


IMG_8082.JPG

投げた赤のディスクと青のディスク、どちらがポイントに近いのか、
スケールを使って測り、勝負をみんなで見つめます。


IMG_8084.JPG

こちらのユニフォームは2017年愛媛国体の際、愛媛県ディスコン協会メンバーみんなで作ったものです。イメージカラーの黄色が印象的なユニフォームで、団結力もより強いものになりました。

愛媛国体は、400人ほどの参加者でディスコン大会は盛り上がったそうです。


IMG_8073.JPG

ディスコンは、足腰立ってディスクを投げることができれば誰でもできるスポーツです。
今回は、90代の参加者も多く、最高96歳の女性が競技を楽しんでいました。


家にいるよりもみんなで体を動かしましょう、
知り合いを増やしましょう、
もっとたくさんの人に参加してほしい、と代表の岩田さんは願っています。


「みんなの喜ぶ顔が楽しい」と語る岩田さんには、
今後もたくさんの参加者が集い、体を動かし、生き生きと楽しい時間を過ごすことでしょう。


松山市職員も、準備から積極的に参加し、それぞれチームに混じり、対戦し、笑顔で交流していました。
皆さんの、声を出し笑顔で対戦する様子に、わたしも元気をいただきました。



まつやまNPOサポートセンターは、NPOの活動が継続できるよう支援しています。

ご協力できることがありましたら、

以下のお問合せ先にご連絡いただければ幸いです。


まつやまNPOサポートセンター

 松山市三番町6丁目4−20コムズ内

 TEL:089−943−5790 FAX:089−943−5796

 URL:http://www.npo.coms.or.jp/
Posted by サポセンスタッフ at 13:36 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)
【イベント情報】令和3年度 ボランティアコーディネート力向上研修会 [2021年11月06日(Sat)]

1.イベントタイトル・日時


令和3年度 ボランティアコーディネート力向上研修会

「企業等と協働する市民活動!」

〜社協?ボランティア?プロ(企業)の手も借りてみる?〜


202111月24日(水)

12:3015:50


2.開催場所



3.主 催


大洲市総合福祉センター 4F「多目的ホール」

(大洲市東大洲270-1))


愛媛県ボランティア・市民活動センター

中間支援プロジェクト委員会

(社会福祉法人愛媛県社会福祉協議会)


4.定員・対象




5.内容














6.問い合わせURL

定員40名

(1)市町社協ボランティアコーディネーター

(2)中間支援組織・ボランティア団体関係者 等

事例報告 「企業等と協働する市民活動!」


実践発表@ 「ビーチクリーン活動から見えてきた課題と解決策」

宇和島NPOセンターCarriage 谷本 友子 氏


実践発表A 「社協が仕掛けるフードドライブの実践」

大洲市社会福協議会 奥野 千乃 氏


グループワーク「企業とのつながりを持続可能なものに」

コーディネーター
愛媛大学社会連携推進機構 教授 前田 眞 氏


https://www.ehime-shakyo.or.jp/

   

※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、イベント情報を掲載したいNPO団体、まちづくり協議会の方は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp までご連絡ください。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【イベント情報】『遺言書書き方教室』&『相続前予備知識』 [2021年11月06日(Sat)]

1.イベントタイトル・日時・場所


『遺言書書き方教室』&『相続前予備知識』

日時:11月14日(日)

13:30〜15:30

※要予約


場所:コムズ3F 会議室1−2

(松山市三番町6丁目4−20)


2.主 催


愛媛相続相談センター・相続の森

3.内容・料金

 準備物

予約先





◇内容

昨年制定された法的に有効な遺言書の書き方をはじめ、円満に行う相続からエンディングノートの活用と昨年改定の法律内容、事前準備、遺産の遺し方、相続税に関する問題と対策などなど知りたいこと、知っておかなければならないことの基礎編を学べます。


◇料金 500円(資料代)


◇準備物

・筆記用具

・便箋

・固定資産税納税通知書(コピー)

・認印

・メモ帳

可能な方※使用中の銀行の通帳の表紙コピー

    ※土地・建物の謄本(コピー)


◇予約先

電話:089−989−1600 【担当:森本】

Mailchange.assist@gold.ocn.ne.jp


   

※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、イベント情報を掲載したいNPO団体、まちづくり協議会の方は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp までご連絡ください。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | イベント案内 | この記事のURL | トラックバック(0)
【イベント情報】 第23回 自治体とNGO/NPOの連携推進セミナー『コロナ禍で考える 国際協力と地域活性化〜海外とのつながりと学び合いを活かして〜』 [2021年11月06日(Sat)]

1.イベントタイトル・日時


23回 自治体とNGO/NPOの連携推進セミナー

『コロナ禍で考える 国際協力と地域活性化〜海外とのつながりと学び合いを活かして〜』

11月18日(木)14:0016:30


2.主 催


(一財)自治体国際化協会市民国際プラザ

3.内容





新型コロナウイルス感染症のパンデミックが宣言され約1年半が経とうとしています。長引く影響の中で、国際協力に関わる事業について困難に直面する自治体も少なくありません。本セミナーでは、自治体やNGO、大学など異なる主体が連携して実施する2つの取り組み事例を通して、いま改めて、自治体が連携して行う国際協力とその取り組みによる地域の活性化の可能性について、 SDGsの目標である「住み続けられるまちづくり」と「パートナーシップ」を踏まえて考えます。



◇対象◇

全国の地方公共団体、地域国際化協会、市区町村国際交流協会、NPO/NGO関係者、その他関心のある方(一般、企業、学生等)等


◇プログラム◇

1.基調講演「コロナ禍における国際協力の新たな潮流」

藤掛洋子氏 横浜国立大学都市科学部長・教授


2.事例紹介1「国内外の自治体とNPOや大学の連携事業が地域にもたらすインパクト                                          

〜神奈川県湯河原町と野毛坂グローカルの事例〜」

内藤喜文氏 湯河原町役場 参事

奥井利幸氏 野毛坂グローカル シニアコンサルト・代表   


3.事例紹介2「地域活性化への熊本県とJICAの挑戦〜熊本県、熊本県立大学、JICAによる三者連携事業〜」

田中耕太郎氏 熊本県立大学国際教育交流センター特任教授、熊本県国際政策相談役


4.パネルディスカッションとQAセッション

モデレーター:藤掛洋子氏  

パネリスト:内藤喜文氏、奥井利幸氏、

田中耕太郎氏



■ウェブサイト

http://www.plaza-clair.jp/information/contents/00115378.html

■チラシ

http://www.plaza-clair.jp/information/docs/20211118_seminar.pdf


◇お問い合わせ◇

(一財)自治体国際化協会 市民国際プラザ 

担当:ホバート、泉水(せんすい)

international_cooperation@plaza-clair.jp


   

※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、イベント情報を掲載したいNPO団体、まちづくり協議会の方は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp までご連絡ください。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | イベント案内 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ