CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【イベント報告】四国学生演劇祭実行委員会主催「四国学生演劇祭 vol.6」 [2021年10月31日(Sun)]
こんにちは。
まつやまNPOサポートセンターの白石です。

10月31日(日)に四国学生演劇祭実行委員会主催「四国学生演劇祭 vol.6」を鑑賞しました。

(松山市市民活動推進補助金 成熟促進支援事業)

そもそも、この「四国学生演劇祭」とは、全国各地で開催されている学生演劇祭を、四国でも開催しよう!というキッカケで2015年に立ち上がったものです。
このイベントを通して四国の学生の交流を深め、四国の演劇活動を活性化させることを目的としております。

今回で、6回目になる四国学生演劇祭ですが、新型コロナウィルス感染症の影響で、参加劇団が少なく、開催も危ぶまれていましたが、3団体参加することになり開催できました。

出場団体は、霧雨(徳島大学)、りんかく線(愛媛大学)、左京ふうか(愛媛大学)の3団体です。
c5d2a658e30f19216285d4686d1ddcbcc_4620693218552534261_211101_0.jpg
左京ふうか(愛媛大学)の「3時間目 死後」は一人芝居で熱演していました。


c5d2a658e30f19216285d4686d1ddcbcc_4620693218552534288_211101_0.jpg
霧雨(徳島大学)は、「カフェ・ドゥラク・ドゥラク」は、頭が機械の登場人物が現れて、
発想が豊かでした。

c5d2a658e30f19216285d4686d1ddcbcc_4620693218552534362_211101_0.jpg
りんかく線(愛媛大学)は、「地下鉄のささやき」で、場面が切り替わるごとに、その場面に刻まれた意味を類推してしまいました。

この3団体の中で、観客からの投票と審査員の投票で全国学生演劇祭に行くことができます。投票の結果、左京ふうか(愛媛大学)が最優秀賞とMVP役者賞の2冠達成しました。

全国学生演劇祭でも熱演して、頑張ってほしいと思います。
四国学生演劇祭実行委員会の皆さん、お疲れ様でした。

まつやまNPOサポートセンターは、NPOの活動が継続できるよう支援しています。

ご協力できることがありましたら、

以下のお問合せ先にご連絡いただければ幸いです。


まつやまNPOサポートセンター

 松山市三番町6丁目4−20コムズ内

 TEL:089−943−5790 FAX:089−943−5796

 URL:http://www.npo.coms.or.jp/



Posted by サポセンスタッフ at 17:26 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【助成情報】 2022年度 エフピコ環境基金 [2021年10月31日(Sun)]

1.助成元


株式会社エフピコ

2.金額(1件)


上限200万円

3.締切日


20211220

4.分野

社会教育、まちづくり、環境保全、農山漁村・中山間地


5.対象

〈支援対象〉
(1)助成対象分野
持続可能な社会構築に寄与する以下@〜Bの分野であること


@環境保全活動
プラスチックごみ回収・リサイクルの推進など循環型社会の構築や気候変動問題の解決に貢献する活動


A環境教育・研究

体験型プログラム等を通じて自然環境を大切にする心を育む活動や環境問題を解決するための研究


B「食」課題解決・「食」支援に関わる活動
食育や食の安全・フードロスの対策となる活動
※なお、上記@〜Bの活動は日本国内のみといたします。

(2)助成対象団体
日本国内に拠点をもつ、以下の条件を満たす団体とします。


特定非営利活動法人(NPO法人)、

 一般社団・財団法人、公益社団・財団法人
A教育機関
B地方公共団体


6.内容

 海洋プラスチックごみ問題及び気候変動をはじめとする環境問題は、様々な要因が複雑に絡み合い、大きな問題となっています。                                                           
 

 エフピコでは1990年に6店舗のスーパーマーケットの店頭に使用済み食品トレー回収ボックスを設置して、「トレーtoトレー」のリサイクルをスタートさせ、回収拠点は9,800ヶ所を超えるまでになりました。皆様のお陰で容器包装リサイクル法に基づく分別・収集の仕組みと合わせて、使用済み食品トレーを資源として有効利用する社会インフラとして定着しております。
 

 更に、近年の地球規模の環境問題に対してさまざまな角度から活動をされている団体を助成すべく、20203月にエフピコ環境基金を創設致しました。                                               
 

 環境問題をテーマとする活動への当基金による助成を通じて、持続可能な社会の構築を地域の皆様とともに進めて参りたいと考えております。


7.募集URL


https://www.fpco.jp/esg/environmenteffort/environmentalfund/environmentalfund_recruitment.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。


Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ