CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【助成情報】 「だいじょうぶだよ!基金」第三次募集 [2021年07月16日(Fri)]

1.助成元


認定特定非営利活動法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ

2.最大金額(1件)


第三次 1団体 50万円から100万円

 15団体を想定 総額 1500万円


3.締切日



第三次募集 712日〜730

4.分野

保健・医療・福祉、子どもの健全育成、NPO支援

 

        

5.対象



















6.内容

ひとり親支援事業を行っている団体(任意団体を含む)。

活動実績が1年以上の団体。

政治活動または営利を目的としないこと。

 ※シングルマザーサポート団体全国協議会の参加団体であることは問いません。

法人格をもたない団体の場合、直接に支援を受ける人が 50人以上で、会則、定款、またはこれに相当する規約などがあること。

金銭を管理できる態勢を作り、プロジェクトの記録を保存し成果の報告ができること。

助成事業の実施にあたり、当該事業の案内や開催要項などに必ず「認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ だいじょうぶだよ!基金助成事業」と いただくこと、および団体名称 (ロゴ等含む)

助成事業名を、認定NPO 法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ だいじょうぶだよ!基金ホームページで公開、ならびに報告書の提出・事業成果の公表に同意していただけること。

助成期間終了後も事業継続の意思があること。

助成事業後のオンラインの意見交換会に出席のこと。


貧困率が50%程度と高く、平時から余裕のない生活をしているひとり親世帯は、新型コロナの影響で収入減や無収入となり、困窮が長期化している。シングルマザー調査プロジェクトによると小学生のお子さんのことで気になることをきいたところ、「体重が減った」と答えた親の割合は6月調査では東京では12%となっています。


しかしコロナ期のひとり親世帯への支援団体にも長期化する緊急支援のために疲れが見えてきている。そこで全国各地でひとり親世帯を支援する団体に対する助成を行い、ひとり親と子どもたちが全国で持続的に支援が受けられる体制をめざします。



7.募集URL




https://www.single-mama.com/topics/dkikin-josei3/

※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | トラックバック(0)
| 次へ