CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

まつやまNPOサポートセンターさんの画像
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/saposen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/saposen/index2_0.xml
【助成情報】【二次公募受付中】休眠預金活用新型コロナウイルス対応緊急支援助成実行団体公募 [2021年05月30日(Sun)]

【助成情報】 【二次公募受付中】休眠預金活用新型コロナウイルス対応緊急支援助成実行団体公募

大変度:☆☆

1.助成元


公益社団法人 ユニバーサル志縁センター

2.最大金額(1団体あたり)

助成総額:計7,500万円、助成上限450万円

3.締切日


2021年6月3日

4.分野

すべて対象

5.対象

民間公益活動を担う団体

6.内容

●趣旨
 新型コロナウイルス感染拡大は、緊急事態宣言の発令をはじめ、「三つの密」の回避などの「新しい生活様式」を人々に求めることとなるなど、経済・社会にこれまでにない変化をもたらしています。感染拡大の影響により、新たな生活上の困難を抱える人々が増え、行政が対応困難な社会的課題が増えている一方で、こうした社会的課題解決に取り組む団体においては対面サービスやボランティアの確保や財源確保が困難になるなどの課題に直面しています。

 行政では対応困難な社会的課題の解決に向けた民間公益活動の停滞は、その対象者の生活や困難な状況に直面している地域社会のみならず、民間公益活動を担う団体の事業継続に大きな影響を与えています。



 新型コロナウイルス感染拡大により深刻化する課題に対して、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(以下「JANPIA」という。)が、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(平成 28 年法律第 101 号 以下「法」という。)」に基づく指定活用団体として、民間公益活動を行う団体(以下「実行団体」という。)に対して助成を行う資金分配団体の公募を実施した結果、公益社団法人 ユニバーサル志縁センター(以下、資金分配団体)が採択されました。実行団体の公募については、以下の要項に沿って実施します。

※休眠預金等活用法などの詳細については、内閣府のホームページ(https://www5.cao.go.jp/kyumin_yokin/index.html)をご覧ください。


●スケジュール【5/20更新】
・面談審査:613()15時〜19時半
・採択団体の決定:6月中旬頃
・実行団体決定の公表:7月上旬頃
・助成金支払い:7月上旬頃
・研修:627() 13時〜19時(都内開催、オンライン参加可)
※面談審査は1団体あたり30分を予定。こちらの日程での参加が難しい団体は、早めにご連絡を頂ければ幸いです。

●個別相談受付中
申請をご検討の団体向けにオンライン個別相談を行います。
ご希望の団体は以下のフォームよりお申し込みください

https://forms.gle/o6sDekji7f7kwRjC7


7.募集URL


https://www.u-shien.jp/kyumin.html


※詳細につきましては、上記HPをご覧ください。

また、応募の際に、申請書の書き方等ご相談されたい場合は、

まつやまNPOサポートセンターTEL089-943-5790 E-mail pico@npo.coms.or.jp まで。

Posted by サポセンスタッフ at 09:00 | NPOの資金調達 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント