CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月26日

#5「自分らしさ」チャレンジ

さぽらんて20周年記念企画「わたしからはじまるSDGsマイチャレンジ」では、さぽらんて登録の25団体がSDGs17の目標に向けて、誰もが気軽に取り組めるチャレンジを提案しています。

これは、山口市の課題解決のために、一人でも多くの人に参加してもらうための企画です。

どれも簡単なチャレンジなので、「えっ?どうしてこれが課題解決につながるの?」と不思議に思うものがたくさんあるかと思います。

例えば「#3b 直径1センチのものを探せ」

さぁ、これがどうして「すべての人に健康と福祉を」を達成するのでしょう?

こちらは、ガン患者が、ありのままの気持ちでガンのことを話せ、自分らしさを みつけて自然と笑顔になることを目指し、がんに関する相談、情報、交流、 予防の普及啓発を行うポポメリーさん考案のチャレンジ。

ポポメリーさんによると、山口県はガン検診受診率が低く、大腸がん、乳がん、子宮頸がん共にワースト1なんだそう。なのでがん患者率も当然上位。

ワクチン接種率全国1位の山口県がですよ?

これって、がんに対する危機感がうすいからなんです。啓発がうまくいっていないとも言えます。山口県民の気質から考えると、コロナのように正しく恐れればきっとがん検診率も上がっていくと推測されます。

なので、ガンの初期サイズ「1センチ」に着目してもらうのが狙いのチャレンジです。

どうかみなさん、1センチになる前に検診行きましょう。1センチの大きさになるまでに10年かかるガンが、倍の2センチになるのにたった1年しかかりません。ぜひ1センチになる前に!

他にも「写真の写真を撮って」→「住み続けられるまちづくりを」チャレンジや、「空ショット」を撮って→「平和と公正をすべての人に」チャレンジなど、一見「??」と思われる楽しいチャレンジがたくさんあります。でも、いずれも山口市の課題解決につながるチャレンジばかり!

気になるチャレンジはぜひ特設サイトでご確認ください。
そしてレッツチャレンジ!!


私は先日、やまぐちネットワークエコーさん考案の「#5 自分らしさ」で「ジェンダー平等を実現しよう」チャレンジに参加しました!
タイトルなし.png
↑写真にリンクあり

息子が仲良くしていただいている歳の差55のお友達とのツーショットです。大人と子どもではなく、友達という間柄なのがとても二人らしいといつも思っています。性別や、年齢、肩書にとらわれずありのままで受け入れあえることの幸せ。まさにジェンダー平等です♪

一つ一つは簡単で小さなチャレンジですが、みんなの習慣になる、いつもの行動や意識がちょっと変わるというのが大事で大きなことだと思っています。

SDGsは誰かが取り組むものではありません。みんなの目標!みんなの課題!です。さぁ「わたし」からはじめましょう!


<スタッフ おだ>
posted by さぽらんてスタッフ at 13:19 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2021年10月25日

ええやん24号が届いたら…

ええやん24号1面.png

10月1日に発行された「ええやん新聞24号」、みなさんのお手元には届きましたでしょうか!?

小中学校等に配布し、さらに各地域では回覧板でも配布させていただいておりますので、たくさん持ってるよ♬ という方もおられるかもしれません。(そのぐらい読んでほしいのです!)

今号は「子どものやってみたいを育てる」をテーマに、プレーパークなどの外遊び、キャンプ、図書館、ブラインドサッカーなどの記事を通じて、子育てに必要なことを改めて考える機会をもってもらえたかな!と思います。

今日は読者を代表して、モニターさん6名にたくさんのご意見をいただきました!

LINE_ALBUM_24号モニター会議_211025_9.jpg


みなさんもぜひ読まれた感想をご応募ください❣

毎号、クイズ応募は約50通。
以前はハガキやファックスが主流でしたが、最近は応募フォームからも受け付けております!


@まずはええやん新聞24号を読んで答えをさがす

Aクイズに応募する!



クイズ味噌玉セットプレゼントアイコン.png

今回のプレゼントは、レシピにあった「味噌玉づくり」のセットですよ!
可愛くてさらにお役立ちの味噌玉ちゃんを、ぜひ親子で作ってみてね♬
(12月25日締切ですのでご注意を!)


そして!!

ええやん新聞市民記者チームは、さぽらんて20周年企画「わたしからはじまるSDGsマイチャレンジ」にも参画中♬

この企画は、さぽらんて登録団体が考案したSDGsの17のゴールにちなんだ「チャレンジメニュー」に挑戦し、写真をSNSに投稿することで、SDGsについて少しでも身近に感じてもらおう!という企画です。どなたでも応募できますよ!

詳しくはこちらを見てね♬


WWBJ7926.PNG

ええやん新聞チームのチャレンジは「ええやん新聞で気になった記事を教えて!」です。


@まずはええやん新聞を読んで心に残った記事の写真を撮る

AInstagramまたはTwitterに投稿する!




ええやん新聞を読むことで、

山口市で「誰かのために、何かのために」と活動している人や団体を市民が知り、思いが広がる

さらには、共感した誰かが自分のできる方法で誰かのためにと動き始める

そんな市民の小さな一つひとつの行動が増えていくと、

誰もが心豊かに暮らせるまちに一歩近づいていくのです。




↓投稿するとこんな感じ!




星2これまで集まった投稿はこんな感じ!
https://saporant20th.saporant.jp/#challenge


星2入賞すると、SDGsを推進している企業様からお米や食事券などが当たります!

あさひ製菓賞.png

池田建設賞.png

秋川牧園賞.png

丸久賞.png

MIHORI賞.png


11月30日までですので、今からでもまだ間に合います❣

ええやん新聞の他にも24種類のチャレンジがあるので、ぜひ自分に合うものを選んでやってみてくださいね♬

みなさんの応募&投稿お待ちしています!


【チャレンジ25種類絶対コンプリートさせたい スタッフ藤岡】
posted by さぽらんてスタッフ at 16:47 | Comment(0) | 広報紙

山口からアフガニスタンってどのくらい?

答えは5,615q!
山口東京間が約940qなので、思ったより近い国なのかも…目

距離や宗教・文化の違いからアフガニスタンは遠い中東の一国のように感じてしまいますが、
これまで10名ほどの留学生がアフガニスタンから山口市へ来てくれているんですよ。
その元留学生が、今タリバンからの迫害に怯えながら現地で毎日を過ごしています。

既に銀行は凍結され、お金を引き出すことができないことから家族を養うことができず困っている、
更に拷問や殺害の可能性もゼロではないことから身を潜めるようにして生活しているそうです。
 元留学生の一人が風の会に発したSOSをきっかけに、現在風の会は元留学生約10名を山口へ呼び戻そうと尽力されています。

まずは渡航費や滞在費などの資金調達のため、募金活動を実施されます。
日時:10月30日(土) 11:00~
場所:山口県旧県会議事堂
目標額:100万円


 スタッフ畑中も現地の友人に連絡を取ったものの、何日経った今も返事が返ってきません。
 元留学生とは言い換えれば元市民であり、山口に退避することができれば未来の市民です。アフガニスタンは縁遠い国かもしれませんが、山口に縁のある人々の人命がかかっています。無理のない範囲でご寄付いただけるとありがたいです。
 さぽらんては今後も風の会の支援活動を応援していきます!

↓中国新聞の風の会の退避支援活動に関する記事です。
247092114_4288937374487367_6886416998270881549_n.jpg


<スタッフ畑中>
posted by さぽらんてスタッフ at 10:08 | Comment(0) | (カテゴリなし)

2021年10月12日

今年は新米どうやって食べる?

こんにちは!季節を問わず新米の畑中です(^^)/

 去る9月26日、平川地域で留学生と地域を結ぶ活動をされている「国際交流ひらかわの風の会」さんの稲刈り体験に参加させていただきました!

FB_IMG_1632645686059.jpg


 現在はほとんど見ることのできない稲刈り前の神事です。さぽらんてとして玉串奉奠させてもらったのですが、毎年参加している留学生の所作の方が美しく…。日本人でも知らないことがまだまだあるなと痛感ふらふら

1634022685091.jpg


 この日はバングラデシュやインドネシア、カンボジア等6か国の留学生や労働者、それから地域の人が集まり、5月に植えたもち米約500sを収穫しました!
国は違えど共通するは「米食」。年2~3回収穫するような東南アジアの方々の稲刈りは超スピーディーで、これまたビックリ!

1634022681478.jpg


 12月はしめ縄づくりと収穫したもち米で餅つきを行うそう…。今からすでに楽しみですぴかぴか(新しい)


 ちなみに、さぽらんてで現在絶賛実施中の特別企画「わたしからはじまる SDGsマイチャレンジ」に、国際交流ひらかわ風の会さんもチャレンジ「#10b 世界の味を旅してみよう」を考案してくださっています!

TNTX1351.PNG

 これは、SDGsの10番目のゴール「人や国の不平等をなくそう」を達成するためのチャレンジです。ハラールフードやベジタリアン対応、それぞれの母国の食材やお店がまだまだ少ない山口市。食事に困っている外国籍の方は少なくありません。(私も海外にいた頃は味噌汁やカレーが食べたくて泣きそうになったことがありました)

 食の不平等とはすなわち、生活における不平等。山口市内で見つけた外国の食品や外国籍料理を提供してくれるお店を共有することで、情報を届けることができ、外国の方々の食生活を支えることができます。
 日本人にとっても新しい味や文化の発見はもちろん、お店の方が外国の方だと日本にいながら異文化交流もできちゃいますよ♪ もちろん海外の料理を作ってみたというのもOK!お米を使った料理なら、インドカレーやガパオライスなど日本人にも親しみやすいものが多いかもしれませんね。
海外に行けない今だからこそ山口市内で「世界」を見つけてみませんか?

 詳しくは「わたしからはじまるSDGsマイチャレンジ #10 世界の味を旅してみよう」 をご覧ください!
みなさんのご参加お待ちしてまーす!

<極度の白米依存スタッフ 畑中>
posted by さぽらんてスタッフ at 16:15 | Comment(0) | 団体紹介・活動