CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月11日

さぽらんて20年の来し方に触れる

さぽらんて20周年記念企画のひとつとして記念紙をつくっています。

さぽらんてがいつどんなことをしたのか、その頃の社会情勢はどうだったのかを年表にまとめているのですが、過去の資料だけでは分からないことも多く、情報補完のため関係者にヒアリングをさせていただいたりもしています。

先日は初代センター長平野さんにお話を伺う機会に恵まれました。
市民活動していた頃から存じてはいましたが、NPOのエキスパートとして雲の上の存在だった平野さん。もちろんお話したのは今回が初めてで、緊張しながらのインタビューでしたが、フレンドリーに私の知らない過去のさぽらんてのことをたくさん話してくださいましたぴかぴか(新しい)
協働への熱い思いをもった先達たちのおかげで今のさぽらんてがあるということをひしひしと実感。そのことを忘れず、地に足をつけながら支援に邁進していきたいと思いました。

205863982_500822141000548_6184324871148859497_n.jpg

ヒアリングに使った資料たち

(スタッフ 川上)
posted by さぽらんてスタッフ at 10:00 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2021年07月01日

突撃!?となりのNPO

さぽらんては今年20周年を迎えます。

そこで、NPO法人あっとの理事で5児の母でもある杉山美羽さんを突撃して、唐突にこの20年をふりかえってもらいました。

以下、『ええやん新聞』ピープル風にまとめてみました。

**************************
NPO法人あっと 杉山美羽さん
IMG_3706[1].JPG


私にもあった、「新米ママ」だった時代
第2子を妊娠中、2歳の子育てに参っていた。このままだとこの子をマンションのベランダから突き落としてしまいそう・・・そんなやりきれない自分をかき消すために、公園に行くのが日課。そこには自分と同じようなママたちがいて、すぐに意気投合。気づけば毎日公園に集まっていた。今日はこの公園、明日はあそこ、雨の日はどこへ行こうか、といういわゆる公園ジプシー。それも仲間がいれば楽しい!子育ての悩みや不安をエネルギーにサークルTeku3として活動をはじめた。そんな自分たちに「城」ができた。


行政委託で民間が運営する県内初の子育てひろば
2003年子育てひろばてとてとオープン。一介の子育てサークルである私たちが受託!・・・・できるわけもなく、さぽらんてを運営するNPO法人山口せわやきネットワークが受け、私たちはスタッフとして雇用されることに。城を得た文化祭気分の主婦たちが、とにかく楽しいことがしたくて、おそろいのTシャツや大型ベビーカーを特注したり、イベントをして、着ぐるみを作って練り歩いてみたり・・・。それをさぽらんての職員が企画書や報告書を作成して「事業」に仕上げてくれる。私たちは自分たちがいいと思うこと、やりたいことを実行するだけ。この頃4人の母になっていた私は、子どもたちを預けて働いて、預けるお金と稼ぐお金がトントン。それでも全然かまわないと思えるほど毎日が楽しくて充実していた。


3年で子育てサークルからNPO法人へ
3年間でNPO法人化してせわやきから独立し、自分たちでひろばを運営する、オープン当時からそれが私たちとさぽらんての目標だった。ゼロからの法人化を目指して、なんの経験も知識もない文化祭主婦は、昼はひろば業務に明け暮れ、それが終わると、NPOとはなにか学び、定款をつくり、設立趣意書をつくり、設立総会が開けるまで手取り足取り支援してもらった。
あの頃は、今みたいに女性が働き続けられる環境はまだできていなかった。結婚して妊娠したら退職して子育て。そこから働き直すことはできても、前のキャリアには戻れない、思うように自己実現できないそんな時代。行き場のないパワーを持て余しているママが多かったと思う。私もそのひとり。だから余計に子育てしながら自分のしたいことができるNPOの仕事に夢中になれたのかも。


2006年NPO法人あっと設立
法人化したことで、楽しい事だけではない自分たちの「役割」を求めるようになった。子育てを応援したい、人を育てたい、雇用も生み出したい、新しい事業を実現するための費用も捻出したい。それが自分たちで叶えられる。その時代にあった「役割」が担えるように、仕事として次の世代に残すこともできる。3年かけて法人化した意味、育ててもらった意味は大きい。


さぽらんてに期待すること:変わらずにこれからの人のつなぎ役であってほしい。

******************************

杉山さんの新米ママ時代・・・そりゃあったでしょうが想像つかない!とても貴重なお話を聞かせていただきました。そして、当時のさぽらんて先輩職員の方々と団体の熱量に圧倒されたのでした。これぞ伴走支援の極意!みたいなものを感じました。私も自分の役割を改めて見つめ直さないといけない!と気持ちが引き締まりました。

(市民記者風:おだ)
posted by さぽらんてスタッフ at 14:40 | Comment(0) | スタッフのつぶやき