CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月30日

認定NPO法人こどもステーション山口さんのお話を聴かせていただきました。

皆さんこんにちは。この度さぽらんての学生スタッフとしてお世話になります、山口大学人文学部4年の吉田と申します。何卒宜しくお願い致します。
先月から学生スタッフとしてお世話になっておりましたが、就職活動の関係で1か月ほど自己紹介が遅くなってしまい申し訳ありません。


自己紹介もほどほどに、こちらでは先月参加させて頂いた認定NPO法人こどもステーション山口さん主催の『「萩わんぱーく」の実践に学ぶ会』について紹介させて頂きます。

(ブログに紹介させていただくのが1か月遅れてしまい誠に申し訳ございません。)


今回主催の「プレーパークを山口に」実行委員会さんの目標は、「プレーパークを山口市に作る」と考え活動しています。

まずプレーパークとは何かと思っている方もいらっしゃるかもしれませんので説明いたします。
プレーパークとは、プレーリーダーが見守るもと、子どもがのびのびと思いっきり遊べるよう「自分の責任で自由に遊ぶ」ことを大切にして、子どもが自然の素材や廃材を使って遊ぶ。普通の公園で禁止されている火を使ったり、穴を掘ったりもできる公園のことを指します。
「事故は自分の責任」という考えが根本にあり、そうしないと禁止事項が多くなり子どもがいきいきと遊ぶことができなくなることを防ぐ公園でもあります。


今回講演してくださった白上由紀江さんはNPO萩子どもセンター事務局長であり、萩市にある「萩わんぱーく」のプレリーダーでもあります。

「萩わんぱーく」とは毎週水・木・土曜日(盆・年末年始を除く)の10時から17時(10月から3月に限り10時から16時)に開園しているフリーパークです。「腕白」と、皆が1つ「one」になって憩う公園「park」という2つの意味が名前の由来です。

広い敷地と倉庫、築山、砂場、畑、水飲み場、火気を扱える設備と充実した設備が揃っています。
子どもたちはこの設備を最大限に活かし、土山にブルーシートを敷き水を流しそれをウォータースライダーのように楽しむ「土山スライダー」、砂場に穴を掘ってそこに竹棒を使って橋にした「落とし穴と橋渡り」や、施設にあるフライパンを使い落花生を焼いたり卵焼きをして料理を楽しんだりと子どもたちは思いのまま過ごせる貴重な空間となっています。

プレーパークでは異年齢交流できることが大きな特徴で、昔はものを壊すようなわがままな子どもが年下の子どもと交流することで年下の世話を積極的にする子どもになったことも少なくないようです。
また、不登校の子でも萩わんぱーく開園日には毎日遊びに来る子もいます。不登校の子でも社会のつながりを残す貴重な場となっているでしょう。



私自身、小さい頃は木登りや崖登り、竹林で秘密基地作りなど、いろいろな遊びをしていました。大人から見れば一見危険と思えるかもしれない行動でも、子どもからしてみればそれはとても魅力的で知的好奇心を満たす、生き生きとできる行動です。
その生き生きとできる遊びを、禁止するのではなく、プレリーダーとして大人が見守ってくれる中でできる。またはプレリーダーも一緒に遊んでくれるということは子どもたちにとってとてもプラスになると私は思います。


山口市にも、いつかこのようなプレーパークができるといいですね。


「プレーパークを山口に」実行委員会 facebook

萩わんぱーく ブログ
posted by さぽらんてスタッフ at 10:05 | Comment(0) | 団体紹介・活動

2020年05月25日

さぽらんての「3密」対策

シャッターがずっとしまっていたさぽらんてですが、先週18日より再オープンしています!

が…

_20200525_141933.JPG

さぽらんてご利用の皆様へお願いしているのが

「3密」対策!

この「3密」というのは…
1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、
2.密集場所(多くの人が密集している)、
3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)

ことです。(厚生労働省HPより)

建物の構造上、さぽらんてには実は窓がない!ので、1つ目の密である「密閉」を緩和するために、換気扇の稼働はもちろん、2台の空気清浄機を導入!

_20200525_141845.JPG

そして、2つ目の「密集」を避けるために会議室は当面5名までの利用とさせてもらっています。
(いつまでになるかはまだわかりません…)

_20200525_143628.JPG

さらに、3つ目の「密接」を避ける対策としてソーシャルディスタンス(会議室での座る位置が向かい合わないように、互い違いにするなど)の配慮をお願いしています。


そこに加え

★マスクしてね!
★手洗い消毒、忘れずに…
★体調いい?
★マイコップ持参お願い♪ 等々

_20200525_141803.JPG

たくさんお願い事があって申し訳ないのですが、市民のみなさんが安心してさぽらんてを利用していただくためと、ご理解ご協力くださればと思います。

_20200525_145143.JPG

ちなみに開館後の今、さぽらんての事務所もソーシャルディスタンスを保ったまま、業務に勤しんでおります。

_20200525_145113.JPG

向かい合わない席に座り、飲み物は各自、お昼ご飯はバラバラ、会議や研修はZoom…
これはこれで慣れてきたけど、やっぱり顔が見えて笑い声がする職場がいいな〜♬

早く元のデスクに戻りたいスタッフ藤岡でした。
posted by さぽらんてスタッフ at 13:10 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年05月12日

粛々と…

新型コロナ感染拡大防止のため、さぽらんてが閉館になり、もう何日たったかわからなくなってきました。
 今年度計画してる事業の大半が自粛のため延期になっているなか、ええやん新聞22号発行のため、スタッフは粛々と準備を進めています。(この時期に、できることがあってよかった)
 取材はZOOMと個別に聞き取り。特にZOOMは私たちも初心者ですが、初めて使用する方のことも考えたりと試行錯誤しながらやっています。

zoom学生写真.png5月12日ボランティア取材.jpg


 昨日、みんなの集落研究所主催の研修を(13時から18時までの長丁場)受けたのですが、ZOOM参加者34人!これだけの人数となると、いろいろな発見がありました。
◇講師以外はミュート
◇時々グループ分け(ZOOMではブレイクアウトルームと言うらしい…)をして、メリハリをつけている
◇質問はチャットを使って
◇A4の紙を参加者に用意してもらって、質問を書いて画面に映し出す
いろいろ勉強させてもらいました。そこで講師の方が言われていた、段取り8割!!なるほど…ZOOMに限らず、すべてにおいて、段取りが大事なんだと改めて感じました。

 話を戻しますが、人との接触が制限される中、こうやっていろいろな方と意見交換ができ、ええやん新聞の記事の準備が進められること、ZOOMの功績は大です!二つ返事で参加OKしてくださる団体さんにも感謝です。制限があってもできることを、できる範囲でやることで、また新たな発見と出会いもあるんですね。ええやん新聞22号は、コロナ渦の中、四苦八苦して作ったよねーと来年あたりスタッフで話していることでしょう。

 余談ですが、最近の我が世の夕食は イートアップやまぐちおうちれすとらん山口を見ては、テイクアウトを利用しています。少々、お金はかかりますが、これも社会貢献!!できることを、できる範囲で応援!!

 次号のええやん新聞は、「自分にできることで応援!!」こんな感じの内容だということだけお知らせしておきまーす。
<スタッフ こうとく>

 
posted by さぽらんてスタッフ at 13:52 | Comment(0) | (カテゴリなし)