CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年03月25日

2019年度の支え人

2019(令和元)年度 企業×NPOつながりづくりプロジェクト「支え人。」事業報告


  寄付金総額 169,200円 <NPO法人3法人に対して7社からの合計。>
        ※上記以外に山口県共同募金会にも登録し、企業からの指定寄付金90,840円。
  これまで6年間の寄付金合計 1,386,226円

アクセプト 認定NPO法人こどもステーション山口


■ × (株)メルシー  「おかげさまプロジェクト」
 寄付金:20,767円(贈呈式 2020.1.29)
 6年目。対象商品1個につき1円の売上を寄付金として渡しています。もっと多くの方に 「支え人。」のことを知ってもらいたい、子供たちが幸せになれる様な活動をしていきたいと、メルシーさん。さぽらんて発行の ええやん新聞21号にメルシーさんの支え人の記事を掲載しています。
メルシー.jpg
  
■ × リンドヴルム  「ぬくもりプロジェクト」
 寄付金:13,000円(贈呈式 2020.1.20)
 5年目。積み木の売り上げ5%、認定NPO法人こどもステーション山口の例会での販売品の5%を寄附。
 ぬくもりプロジェクトと称されるように、暖炉のある店内は木のぬくもりに包まれて本当に居心地の良い空間で贈呈式は行われました。
リンドヴルム.jpg

■× ポーラSweet  「とっておきの時間プロジェクト」
寄付金:6,140円(贈呈式 2019.12.20)
1年目。今年度新たに企業より社会貢献の問い合わせがあり、マッチング。イベントでのハンドマッサージが即寄付につながります。子育てママとして豊かな子ども時代を応援したいとこどもステーション山口を選ばれました。
ポーラ.jpg


アクセプト 認定NPO法人支えてねットワーク


■ ×(有)寿司やす
「おもいやり、寄り添う心プロジェクト」

 寄付金:90,840円(贈呈式 2020.3.25)
 6年目。寡黙だった女性が居場所ができて、笑顔がもどり、少しずつ就労に向かっていることなど、事業の成果を報 告された上村理事長。これからはひきもり本人だけでなく、それを支えている家族にも寄り添っていきたいとのことです。
安達社長からも、難しく時間のかかることだとご理解を頂き、企業仲間にもっともっと知らせていきたいとエールを頂きました。
寿司やす.jpg

■ ×Yoga room BUGEN 華 
「笑顔のつながりプロジェクト」
 寄付金:5,000円(贈呈式なし)
 4年目。ヨガ体験の参加費10%を寄付。大学に通い始め栄養学を学びながら今年も変わらずご寄付を頂きました。

アクセプト NPO法人あっと


■ ×(株)モリイケ 「山口のママから始まるプロジェクト」
 寄付金:15,000円(贈呈式 2020.1.26)
 6年目。商店街にある老舗の文房具屋さんと子育てひろばの支え人。「従業員ファースト」をモットーとするモリイケさんでは、スタッフさんの笑顔が絶えません。ひろばにも毎年新しいママの顔が加わることから、「楽しい子育て応援文具(たこぶん)」の新規開拓やプロモーションにも力をいれていこう!意気込んでいこうと盛り上がりました。
モリイケ.jpg

■ ×(有)BAYTOKYO 
「産後のきれいなママを応援プロジェクト」
 寄付金:18,453円(贈呈式 2019.12.9)
 6年目。来店お一人1円の寄付を集めての贈呈式です。NPO法人あっとでは、働くママ のニーズに応えていくために毎週日曜日開館(水曜日休館)にして対応。若手ママの人材育成も順調のです。
BAYTOKYO.jpg

 寄付金贈呈式は、いずれも温かく、パートナーとして関係が構築されているのを感じます。
事業者側の、「地域社会に貢献したい」「夢を実現したい」という意識も高く、NPOの想いを理解してくださり、立場が違っても連携できる可能性があります。一方、NPO側も運営面の強化に努め、独自の寄付集めを推進している団体もあるので、今後もいろいろなマッチングを推進したい。
posted by さぽらんてスタッフ at 14:09 | Comment(0) | 支え人

2020年03月21日

休館中でも、さぽらんて頑張ってます!

今、日本中、世界中がこれまでにない異様な雰囲気になっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

でも、このピンチをチャンスに!と我が家では休校の子どもたち(中2、小5)と毎日「朝の会」「終わりの会」をしています。
健康観察(検温)、今日の目あて、担当お手伝いの確認、宿題のチェックなどが欠かさずでき、だらけ気味の毎日にちょっとケジメがついて、しかも親子のコミュニケーションにもってこいだな!と思っていまするんるん

そして私の一番のお気に入りは、会の最後にある「先生のお話」
…母は「先生」として話をさせてもらっていますグッド(上向き矢印)

「母」ではなく、「先生」という立場で子どもたちが話を聞いてくれて嬉しい私揺れるハート
(「先生の話」だけは態度良く聞いてくれます。先生、ありがとうございますっぴかぴか(新しい)

さて、さぽらんてはというと…

DSC_0015.JPG

3月3日から休館に追い込まれ、シャッターが閉まったままという…悲しい状況ですあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0016.JPG

でもシャッターの奥では、しっかりとさぽスタッフが仕事をしてるんです手(チョキ)

団体さんからの相談を受けたり、ZOOMでの意見交換会に参加したり、令和2年度に向けた濃いスタッフ会議をしたり。

DSC_0011 (2).JPG
↑Zoomで意見交換会の様子

でも、やっぱり館内に団体さんの声や活気が戻る日が恋しい〜黒ハート

DSC_0013.JPG
↑団体チラシが空っぽ!!早く埋まりますように…

休館は3月31日まで…となっていますが、早く新型コロナウイルス騒動が落ち着いてくれたらなと思いながら、何でもない平和な日常のありがたみをしみじみ感じる今日この頃なのでした。

「春」が来るまでもう少しかな?
元気を出して頑張りましょう〜揺れるハート

【追伸】
3月23日、吉報が届きましたハートたち(複数ハート)
27日(金)よりオープンすることができるようになりましたexclamation×2
早くコイコイ、春!!


スタッフ藤岡
posted by さぽらんてスタッフ at 16:24 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年03月01日

パワーアップしたブルやまの紹介動画

ブルーライトやまぐちのCM作成会議に参加してきました!

 昨年12月にあったさぽらんてリニューアルイベントで発表した紹介動画は90秒に限定されていたため十分に伝えきれていなかった部分がありました。


↑こちらは12月の段階の紹介動画です。

 今回はこの90秒動画をパワーアップさせて、動画を見る人にとってより分かりやすいようにするため試行錯誤して3分ほどの紹介動画を作ろうとしています。

 前にもこの映像制作の会議に参加させてもらっていたのですが、会議の中では「ここの字はパーっと光らせたい!」「音楽に合わせて画像が出て、消えていくようにして!!」といった思ったことを皆で言い合います。
 代表の増元さんはとにかく文字だったり画像だったりするものを光らせるのがお気に入りみたいで、「ここ光らせられない?」とよくおっしゃいます(笑)
 そしてこの無理難題に「やってみます」と即答して惚れ惚れするほどの手際の良さで編集する増元兄弟には毎回皆驚かされます。

 新しくなった動画では、冒頭部分に発達障害についての簡単な説明を付け加えることで、見る人に動画のコンセプトを早くから伝えられるようになっていました。
 また、活動が伝わりやすい画像を増やして一枚の秒数を長くすることでブルやまの活動内容がもっと理解しやすくなりました。
 細かい所では強調したい部分の文字だけ色を変えてみるなどの調整をしました。

 まだ動画は完成はしていませんが、今回会議に参加していて分かりやすさ&インパクトのある動画にパワーアップしていると感じました。
動画に対して思ったことを皆がすぐ口に出せる会議の雰囲気、そしてそのオーダーに応えられる編集技術。
 この最高の環境でつくられていく紹介動画がどのように完成するのか、待ち遠しいです。

ブルーライトやまぐち ホームページ

DSC_4515.jpg
↑この動画は4月2日〜8日の発達障害啓発週間に、こちらのJR新山口駅南北自由通路にあるマルチディスプレイにて映像配信される予定です。ぜひご覧ください!


【3月21日 追記】
完成した動画が、ブルやまのYouTubeで配信されましたのでご覧ください。



【学生スタッフ 高田】
posted by さぽらんてスタッフ at 10:02 | Comment(0) | インターンシップ