CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月31日

ええやん新聞21号 今回のテーマは寄付

2月4日の発送に向けて、準備をすすめてる、ええやん新聞21号。

前の20号発行は、さぽらんて移転と重なってドタバタだったなあと、あの頃をすでに懐かしく感じます。今回は運びやすさと、広さを考えて前のスペースを陣取って仕分け作業をしています。
IMG_8408.JPG

今回のええやん新聞のテーマは「寄付」
ちょっとハードルが高い(?)寄付について、いろいろな角度から切り込んでみました。

今回の1面「ええやんピープル」は、池田建設社長 池田直人さん。寄付をするということは「未来への投資」。回りまわって未来の自分へ返ってくると話されていたのが印象的でした。
IMG_8415[1].JPG

そして中面は@イラストで紹介する身近な寄付  A1215さぽらんてドネーションパーティーの結果報告  Bこどものためのええやん新聞 の三部構成
IMG_8411.JPG

@イラストで解説身近な寄付では 寄付つき商品、ふるさと納税、認定NPOへの寄付、ヘアドネーションについて取り上げています。
Bのこどものためのええやん新聞では、実際に寄付をしてみたことが掲載されてます。お子さんと一緒に読んでもらえると嬉しいです。

4面はお寺の修復費用をクラウドファンングで募った、興隆寺のお話しと、バレンタインを意識したチョコのお菓子レシピ(レシピ提供は山口友の会さん!間違いないです!!)
IMG_8410.JPG


ええやん新聞21号を見て、寄付へのハードルが少しでも下がるといいな。

クイズに答えてのプレゼントは中面に登場する 防府のケーキ屋さん メルシーのお菓子の詰め合わせです。皆さん応募してみてくださいね!
<スタッフ こうとく>

posted by さぽらんてスタッフ at 09:51 | Comment(0) | 広報紙

2020年01月30日

ありがとうの気持ち

こんにちは!さぽらんて学生スタッフの近藤です目
昨年5月より平日もさぽらんてでお手伝いをさせていただいているのですが、さぽろぐを書くのは本当に久しぶりで、何を書こうか…と考えながらついつい後回しになってしまいましたがく〜(落胆した顔)

さて、私はこの4月から社会人になります。
4年間お世話になった山口を離れ、就職で地元の広島に戻ります。

ちょっとずつでも進めなきゃ…と、昨日も一人暮らしの部屋の片づけをしていたところ、
思い出BOXの中に
メール「未来のサッカー選手より」メール
と書かれた手紙を見つけました。

それは、私が1年生の頃から参加している、こども明日花プロジェクトでのボランティアで、当時中学生だった男の子からもらったものでした。
手紙の中には、その日勉強を教えたことに対して “ありがとう‘‘ という言葉が書かれていました。

考えてみると、こうしてこども明日花プロジェクトやさぽらんてに関わらせていただいてから、‘‘ありがとう‘‘という言葉を、こども達だけでなくスタッフさんや地域の方からも本当に数え切れないほど頂いているなぁ…と思いますもうやだ〜(悲しい顔)


“ありがとう”という言葉を伝えるのは、時にちょっぴり恥ずかしいこともあります。
でも、あの時こういった形で伝えてくれた彼のおかげで、私はとっても温かい気持ちになったのを覚えています晴れ


大好きな人達と離れるのはとても寂しいのですが、残り少ない山口での生活の中で私も、感謝を伝えたいすべての人に、“ありがとう”という気持ちを伝えていきたいですぴかぴか(新しい)


<学生スタッフ 近藤>
posted by さぽらんてスタッフ at 09:36 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年01月17日

がんばれ受験生!

今週末はいよいよ最後のセンター試験ですね。我が家にも現在追い込み中の受験生が。
できる範囲でのサポートをと、二次試験に備えてホテルの予約に加え、志望大学近くのアパートの合格前予約もしました。志望大学を予定通り受けられるかどうかはセンターが終わってみないと分からないため徒労に終わる可能性もありますが、勉強に行き詰まると予約した物件の資料を眺めて自分を奮い立たせては再び机に向かう子を見ていると、モチベーション持続のためにも予約してよかったなと。
万が一に備え私大の出願も手伝いました。今は大学への出願もネット出願がほとんどで、『センター利用と併願すれば〇〇〇〇〇円!』と、お得感をあおるテレビショッピングのようなうたい文句に、ついポチポチして気づけばはね上がる受験料・・・・。
いえ、いいんです。お金がいくらかかろうと。最終的に本人が納得のいく受験になれば。
本人の望む結果になってくれると一番いいんですけどね。
同じく受験生をもつ保護者の皆様、おいしいごはんと笑顔でラストスパートを応援しましょうね。全ての受験生が万全の体調で明日明後日の決戦を迎えられますように!

088349.jpg


(スタッフ 川上)
posted by さぽらんてスタッフ at 17:28 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年01月12日

りす会山口さんの活動に参加させていただきました!

こんにちは!学生スタッフの吉田です!
今日は午後から、自然災害等で被災に遭った写真を洗浄・清拭し、持ち主の方へお返しするという活動を行っている「りす会山口」さんの活動をお手伝いさせていただきました。

私はよく、食べ物や友達との写真をスマートフォンで撮って、その時の「思い出」として残しています。さらに最近でいうと、成人式の前撮りや集合写真といった、一生に一度の大切な経験や大切な日を写真に収めました。

過去に撮った写真を見て思い出に浸たる時間は、懐かしい気持ちや人を思い出すことのできる特別な時間だと私は思います。
ですが、家に保管されていた写真が震災や豪雨災害の影響で、破損したり、汚れたりして、大切な思い出の詰まった写真が被害に遭ってしまったという方はたくさんいらっしゃいます。
そのような方々が、もう一度写真を見て特別な時間を過ごせるよう、写真を洗浄し再アルバム化されているのがりす会山口のみなさんです。

私は初めてこの活動に参加させていただき、感じること、学ぶことがたくさんありました。
その中でも一番強く感じたのは、「写真」の大切さでした。
私事ではありますが、昨年祖母を亡くし、その際多くの親戚が集まり祖母の生前を思い出しながらいろいろな話をしました。その時に常に目の前にあったものは「写真」でした。私の知らない若いころの祖母の姿を見たり、幼いころの私と映っている祖母の姿を見て、もう会うことだ出来ない大好きな祖母を近くに感じられました。
「写真」という当たり前にあると思っていたものが、今回の活動を通してこんなにも大切で、一生の宝物であるということを学びました。

是非、皆さんも「写真」を大切にしていただき、また被災された方の喪失感の緩和のお手伝いができる写真洗浄という活動に興味を持っていただけると幸いですにこにこ
posted by さぽらんてスタッフ at 17:08 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2020年01月11日

「留学生が見た山口の風景まちなか写真展」をめぐってみて

こんにちは!学生スタッフの小笠原ですてれてれ
今日は、1月9日から商店街で行われている「留学生が見た山口の風景まちなか写真展」をめぐってきました!

山口市に住む留学生が撮影した写真が、さぽらんてを中心とした各商店街の協力店に展示されており、山口県内のあらゆる風景が見られます。
写真には、留学生の出身地の説明や写真が添えられており、山口市民に留学生のことについても知ることができます!

IMG_5233.JPG

私が通う山口県立大学でも留学生を見かけます。
が、私は社会福祉学科ということもあり、留学生と関わる機会はありません…
この写真展をは、山口の風景のみならず、留学生のことについても知るきっかけ、関心を持つきっかけになると感じました。
山口県民であろうがなかろうが、日本人であろうがなかろうが、写真をとおして様々なことを感じられる、とても素敵なイベントだと思いましたにこにこ

IMG_5232.JPG

私は3月に卒業し山口を離れるので、それまでに今回写真で知った、山口の風景をみれたらなと思いました。それを楽しみに、今は国家試験の勉強をかんばります!

16日までの期間中に市民による投票を行い、優秀作品に対しては18日に表彰を行います★
ぜひ、写真展をめぐって投票してみてください!
posted by さぽらんてスタッフ at 13:37 | Comment(0) | スタッフのつぶやき