CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月17日

スキルアップします!

20121113.jpg11月13日、さぽらんてだよりのマンガやイラストなどでおなじみのイラストレーター山寺わかなさんを講師に招き、Adobeソフトのイラストレーターの職員研修を行いました。さぽらんてでは、職員がさぽらんてだより等の発行物やチラシを自分で作る機会が多いですのでイラストレーターが使えたら便利だろうな〜ということから、いつもお世話になっているデザイナーさんに教えてもらおう!ということになったのです。

広報紙のようなものを作る場合の記事(文字)の流し込み、文字と画像のレイアウトなど、基本的に必要な機能についての説明は、いつものやり方よりずっと便利!と目からウロコの状態で聞きました。中には慣れない言葉も多く、だんだんついて行けない、、、となりそうでしたが、質問にも丁寧に答えていただき普段の作業のなかでの疑問が少しスッキリしました。
山寺さんが「こっちの方が得意なんです!」という、同じくAdobeソフトのフォトショップも教えていただきました。こちらのソフトで写真等の縮小や色の調整などの加工はきちんと済ませてから、イラストレーター上でレイアウトするということも基本です!

読みやすさ、人目につきやすいデザインなど、広報誌やチラシを作成する上で大切なことはいろいろあります。職員もスキルアップして、プロっぽい仕事ができるようになるといいな〜〜!
(おっと、NPO支援でプロを目指さなければっ!)


<スタッフ 河村>
posted by さぽらんてスタッフ at 17:25 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2012年11月16日

オリジナル団体ポスター作製しませんか。

2月11日に開催するまちづくりカフェの参加者を募集しています!!

募集団体数は20団体程度。


参加特典の目玉はなんと言っても

団体オリジナルポスターの製作です!!

さぽらんてのはこんな感じるんるん
ジャジャーーーーーン
さぽ.jpg


以前作成したひつじの会さんるんるん
ジャジャーーーーーン
ひつじ.jpg


おなじく特定非営利活動法人ヒューマンスペースきらきら銀魚さんるんるんるんるん
ジャジャーーーーーン
きらきら.jpg


写真だと大きさがわかりにくいですがA1サイズです。
(タタミ一畳ぶんくらい)


ポスター原稿のデータをご準備していだければデザイン等のご相談に応じますのでお気軽にお申し付けください!

まちづくりカフェでお披露目した後は、データごと団体さんにお持ち帰りいただけますので

イベントの際の看板にするもよし!
事務所の玄関に飾るもよし!

色んな場面でご活用ください。

ご参加お待ちしております。


スタッフ おだ
posted by さぽらんてスタッフ at 14:58 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

2012年11月15日

ぷちさぽ 第27号『ほっとさろん西門前てとてと』

バックナンバー第2弾は『ほっとさろん西門前てとてと』ですー♪
梅雨から夏にかけて取材に行って来ました。

ぷちさぽ 第27号 2012年 8月2日発行

『ほっとさろん西門前てとてと』

支えてるけど支えられてる。
てとてとが子育て中の家族にとっての地域でありますように。


くぼっちゃん.jpg

久保田 美代さん
くぼた・みよ/「ほっとさろん西門前てとてと」センター長
愛称:くぼっちゃん

「ほっとさろん西門前てとてと」は「実際の出会い」をとても大切に考えています。「子どもを産んで、本当に良かった」と心から思ってもらえるような子育てを支援していきたい。ママの気持ちに寄り添いながら支え合う場でありたい。子育てを通じて、たくさんのつながりや出会いがあることを願って日々活動しています。温かい地域のコミュニティーを大切にしながら、あなたらしい子育てを応援します。

てとてとオープン!その背景は…?

松原「今日は『ほっとさろん西門前てとてと』のセンター長、くぼっちゃんこと、久保田美代さんにお話しを伺いたいと思います」
久保田「はい。よろしくお願いします」
松原「てとてと(以下てと)をオープンしよう!と思ったきっかけを教えてください」
久保田「うん。子育ては絶対に一人じゃできない。だから、子育ての楽しみや苦労を地域で分かち合いながら支援できる場所があったらいいなと思っていました。じゃあ、まずは、おかあさんと、子どもの居場所をつくりたい。それがオープンしようと決意したきっかけです。今まで本当に沢山の人の支えがあって、てとてとはできていきました」
松原「てとに行くと、なにかこう、ぽわ〜んとした温かいものに包み込まれている様な感じがします」
久保田「てとには建物も含めて、故郷の空気感がたっぷりと詰まっているからね」
松原「古民家的な感じですよね」
久保田「そうそう。ね〜」
松原「自分の家以外にも、安心できる空間があると落ち着きます」
久保田「子育て中のおかあさんには、悩みや迷いがつきもの。傷ついたりしても、語れる相手、語れる場所があると元気になれる」
松原「人に話すって大切なんですね」
久保田「そうだよ〜。子どもと過ごす世界は驚きで、今思い返すと笑える話が多いけど、その時は一生懸命で、天真爛漫さ100%についていけず、この子は大丈夫かと本気で心配して、周りの人によく相談したもん」
松原「ふふふ」
久保田「てとに遊びに来たおかあさんたちが少しでも元気になって、子育て中だからできる事、子どもと一緒に『今』しかできない事ができていったらいいなあ」
松原「いつも元気をもらってます。気軽に利用できる雰囲気が好きです」
久保田「ありがとう。新米ママや、転勤で引っ越してきたばかりの人達にもどんどんきてもらいたいです。『ほっとさろん西門前てとてと』で、どうぞゆっくりしていってね」(※松原…ぷちさぽ編集者)

紫陽花.jpg
庭に紫陽花が咲きました

ひーちゃん&まゆさん.jpg
いつも笑顔で迎え入れてくれるスタッフさんにホッとします^^

砂場.jpg
砂場でおもいっきり遊ぼう!

おもちゃ.jpg
オモチャの貸し出しもあるよ

黒板.jpg

おままごとセット.jpg
おままごとセットが盛りだくさん

ママ交流 お茶菓子.jpg
ママ交流でリフレッシュ♪

いとーさん&そうちゃん.jpg
ボランティアのいとうさん、頼りなるね

ママ達のだんらん.jpg
ねんねタイムの赤ちゃんとママたちの団欒


てとてと とは?
山口県山口市中心商店街の空き店舗を活用した子育て中の家族とそれを取り巻く地域の人々の交流スペースです。山口市の委託を受けて『特定非営利活動法人あっと』が運営しています。
■開館…月〜金曜、第3日曜日/10:00〜15:00
■閉館…土・日(第3除く)・祝日・第3木曜日・年末年始・お盆
■住所…山口市本町2−1−3
■TEL&FAX…083−921−0428
■てとブログ…https://blog.canpan.info/teto/

ぷちさぽ編集後記
久保田美代さんの、のほほんとしたほんわかムードに癒されつつ…のインタビューでした。
とても人間的でチャーミングな方なんです。
しかしそこは人生の先輩。「てとからママへ、ママから子へ、子からママへ。そして、てとでのちょっとした出会いがきっかけとなってママの世界がどんどん広がってゆく。そんな循環ができていけばいいな〜」とも語られていました。
子ども達はもちろん、てとで出会ったおかあさん同士、沢山の人達との思い出を刻みながら、てとてとは今日も母と子の傍にあり続けるのであった…これからもずっと。(さぽらんてスタッフ 松原)
posted by さぽらんてスタッフ at 12:27 | Comment(0) | 広報紙

2012年11月12日

ぷちさぽ 第26号 『竹林ボランティア山口』

こんばんは三日月
突然ですが、みなさんは「ぷちさぽ」をご存じでしょうか?
これは「さぽらんて」が偶数月に発行している情報紙です。
山口市には素敵な市民活動をしている団体さんが沢山います。そんな団体さんの活動を、1人でも多くの人に知ってもらいたい。

というわけで!

今日からブログでもぼちぼち…とバックナンバーを紹介していきたいと思います目
まずは2012年、6月号から♪ では、どうぞ!



ぷちさぽ 第26号 2012年 6月1日発行


『竹林ボランティア山口』


緑豊かな山口の里山を未来の子ども達へ残したいんです

竹林ボランティア 中村さん.gif

中村 雄二さん
なかむら・ゆうじ/71歳 「竹林ボランティア山口」事務局 
愛称:ゆーさん

竹林ボランティア山口は地域の荒廃した竹林を整備して、美しい日本の原風景に戻す活動に取り組んでいます。また、各種の環境整備活動に取り組んでいる団体との交流や、活動趣旨を同じくする団体との協働作業も実施しています。青葉薫る竹林で、我々と一緒に爽やかな汗をかいて見ませんか?

活動日:毎週水曜日10:00〜15:00 主な活動拠点:上野上の竹林・障子岳竹林

活動をしようと思ったきっかけ

松原「なぜ、この活動をされようと思ったんですか?」

ゆーさん「僕は幼い頃から、山に登ったりして遊ぶのが大好きだったんですね。ところが、大人になったある日、竹林が荒れていることに気が付いた。それを知ったときは、胸が締めつけられる思いでした。これは自分がなんとかしなきゃいけない。そんな衝動に駆られたんです。それが一番最初のきっかけですね」

松原「小さい頃の山遊びが、今の活動に結びついているんですね」

ゆーさん「はい。できる限り整備して今の子ども達や、そのまた子ども達にも、山での遊びを思いっきり楽しんでもらいたい。そんな願いも込めながら、仲間たちと一緒に活動しています」

みなさん楽しみながら作業されていて、和やかな雰囲気の中、笑いの絶えない現場でした(※松原…ぷちさぽ編集者)

竹林ボランティア 飛田さん.gif
たけのこ堀りを教えてもらいました。
掘り終わったあとの穴を、土で埋めてもとに戻すのも山を大切に思う気持ちから。

竹材がどのように有効活用されるか知っていますか?

整備の際に発生した竹を収集⇒小学校から依頼を受けて、総合教育の授業の一環としてワークショップを開催♪竹トンボの作り方や竹にまつわるお話など・・・子どもたちに教えたりしています^^

■…繊維を砕いて、紙の原料にする
■…ドラム缶製炭焼き窯をつかった竹炭つくり
■…チップ(竹を粉々に砕いた状態のもの)にして樹脂と混ぜ、道路の舗装に使用する
■…竹を皮ごと切って、発酵させ、農業の為の肥料にする

竹林ボランティア カブト虫.gif
竹で作ったカブト虫とクワガタ

竹林ボランティア 竹とんぼ.gif
子どもに人気の竹トンボ

日本の美しい原風景を里山に取り戻そう!

【連絡先】山口市市民活動支援センター「さぽらんて」気付 竹林ボランティア山口 宛
【TEL】083−901−1166【ブログ】竹林ボランティア山口 で検索!

『ぷちさぽ』とは…誰かのために何かのために活動している団体さんをドーンと紹介している情報紙です!山口の元気のきっかけづくりを応援しています。市民活動って特別なことじゃない。私にもできるかな?あなたのそんな気持ちを、あなたを必要としている誰かが待っています。勇気を出して一歩踏み出そう!(さぽらんてスタッフ 松原)
posted by さぽらんてスタッフ at 17:07 | Comment(0) | 広報紙

2012年11月11日

クリスマスに本物のモミの木を飾りませんか

こんにちは(・∀・)晴れ

さぽらんてでは、11月20日頃〜12月末まで
「マロニエの森の会」さんよりモミの木の貸し出し、販売を行っております!

      image_2.jpeg
           さぽらんて前のモミの木ぴかぴか(新しい)

☆形態:根付き苗(高さ1メートル前後)を植木鉢に植えたもの、
    または切ったモミの木

☆料金:植木鉢入り根付き苗 ⇒ 4,000円程度(マロニエ会員割引あり)
    切ったモミの木   ⇒ 5,000円程度(     ”     )
    ※配達・回収は別料金になります。ご相談ください。

【連絡先】マロニエの森の会 モミの木担当 伊藤幸治 TEL 090-4800-5748

水切れや乾燥に弱いので鉢土の表面が乾いたら
たっぷりと水やりをしてください。
特に暖房の効いた部屋に入れるときは
乾燥に気をつけてくださいね!

マロニエの森の会は森林ボランティアです。
自然に優しい山づくりや、自然を大切にする活動に
取り組んでいます。
一緒に活動しませんか?
(会員募集中です)お待ちしています!
  入会費 無料
  年会費1家族4,000円
「森の夢」施設もご利用ください(1団体1日2,500円)

マロニエの森の会
http://www.saporant.jp/e-lib/48.html

学生スタッフ ほりのうち
posted by さぽらんてスタッフ at 16:24 | Comment(0) | 団体紹介・活動