CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月30日

ギター愛好者の集い〈ときめき会〉の方々からお話を聞きました(*^^*)

さぽらんての学生スタッフをしている山口大学2年の志垣です。

 今日はさぽらんてに集まって自主練習を行っているという、

ギター愛好者の集い〈ときめき会


の方々から、話を聞かせていただく事ができました(^v^)

 そこではたくさんの人たちによって、さまざまな音色が奏でられており、安心感とともに元気を分け与えてもらうことが出来るような空間が広がっていました。

144264725_2788518101402296_8373830865798443826_n.jpg

144330453_237007098001585_7432328010547595491_n.jpg

 ギターには同じ音を出すための指使いがおよそ3通りずつあり、それぞれ音の調子が違うのだということを教えていただきました。知らなかった…。目の前で実演までしていただけて、とても楽しかったです!
 なんでも、プロは音一つを奏でるにしても、それらの選択肢の中から適切な音色、指運び(運指)などを選択しながら演奏しているのだとか。ふ、深い!!勉強になりました…!( ゚Д゚)

 音色を考え、指を運び、音を奏でて、それを聴く…。すごく頭を使いそうです。
 奏者の皆さん、とても若々しく活き活きとしていて、とてもカッコいい!!さすがです。

 どのようにして参加されたのか、どのような団体なのかということを質問すると、
「参加者に誘われて参加し始めた。」
とのこと。

「人のつながりによってできている団体」


なのだそうです。素晴らしい!!!

 最近は家から出ることも少なくなってしまい、人とのつながりの希薄さを感じずにはいられないような場面もしばしば。
 このような状況下だからこそ、人とのつながりを感じられるような、私たちに、安心感元気を分け与えてくれるようなこの活動は、とてもありがたいものに感じました。

 ギター愛好者の集い〈ときめき会〉の皆さま、たくさんのお話を聞かせてくださり、また、貴重な体験をさせてくださって、本当にありがとうございました。

144395346_423393955573433_1698730136985459646_n.jpg

 以下のリンク ( https://tokimeki-kai.jimdofree.com/ ) から、〈ときめき会〉独自のホームページへ行くこともできますので、ぜひそちらの方もご覧ください!!(*^^*)
posted by さぽらんてスタッフ at 15:24 | Comment(0) | 団体紹介・活動

命を奪わなくても野良ネコは減らせるのです

 インターンシップで来ています、高橋沙希です。

 今日は、さぽらんてにいらっしゃっていた「かぎしっぽの会」さんにお話を伺いました。

144223993_245554650466997_2454602438912733111_n.jpg

「かぎしっぽの会」さんは、殺処分せずに野良ネコを減らす方法としてTNRを広め、様々な方面に働きかけている団体さんです。

 TNRとは、T(trap)→保護する
      N(neuter)→不妊手術を施す
      R(return)→元の場所に戻す   の頭文字をとったものです。

 よく野良ネコの保護活動の一環で、”譲渡会”という言葉を耳にする方も多いのではないでしょうか。しかし、里親になってくれる方と野良ネコの数が一致することはなく、野良ネコは年々増えていくばかりです。
 そこで、TNRという方法を実施することで、一代限りの命を全うすることができ、野良ネコの増加を防ぐことができます。

144418950_451697762532921_8010329115719849882_n.jpg

 実際、私はさぽらんてにインターンシップで参加する前までは、TNRという言葉は知りませんでした。
 しかし今回、お話を伺ってみると、市民の方に向けてだけではなく、行政や獣医さんへの働きかけも行っており、今後一匹でも多くの野良ネコを減らそうと活動されていました。
 自分が知らないだけで本当に色々な活動をなさっているのだと、自分には関係がないからといって無関心のままではいけないなと思い知りました。
 そしてお話の中で、印象に残ったお言葉がいくつかあります。

 「猫が好きな人でも、嫌いな人でも野良ネコはいなくなってほしいものなのです。」

 「エサをあげるなとは言わない。ただエサをあげるだけではなく、手術までしてほしいんです。」

 「手術一つで野良ネコが減るんですよ。」

 TNRという手術一つで、新しい野良ネコが生まれることなく、また殺処分されることなく、その子自身の命を全うすることができます。
 「かわいいから」「エサがなくて可哀そうだった」は、優しさではありません。そのネコちゃんのこと、その地域の今後のこと、それらを踏まえた責任ある行動をしなければならないと感じました。

 ”知る”ということは、とても重要です。TNRという手段だけでも知っておくと、野良ネコに対する選択肢がグッと広がると私は思います。
 このブログで、一人でも多くの人にその選択肢を発信できれば幸いです。

 貴重なお話を聞くことができて本当に学びになりました。
 「かぎしっぽの会」さん、ありがとうございました!

URLはこちら>>https://www.yamaguchi-kagishipponokai.com/
posted by さぽらんてスタッフ at 15:18 | Comment(0) | 団体紹介・活動

2021年01月29日

ありがとうございました!!

ええやん新聞市民記者の岡部です。2年間市民記者をさせて頂き、今号で卒業となりました。
思い起こせば2年前、それまで、ぐうたら主婦生活を満喫していた私。そろそろ社会とつながらねば!と思っていたところ、ご縁を結べたさぽらんて。

市民活動って何?さぽらんてって何するところ?と、何も知らず、何も分からない状態で無謀にも市民記者を引き受けてみたら…正直、楽しかった〜♪もう、あっという間の2年間でした!

市民記者になって、名刺を作ってもらったり、取材に伺ったり、ZOOM会議をしたり、何より記事を書いたり。どれもこれも初めて!(ちなみにこのブログも初めて♪)
分からないこと、知らないことを、その都度、優しく教えてくれる先輩方。知らなかったことを知っていくおもしろさ。そして、自分の書いたものがええやん新聞として出来上がっていく興奮と達成感。数年ぶりに関わった社会はとっても優しくて、居心地の良いものでした。

image0 (1).jpeg

驚くべき、さぽらんてのホーム感です!すぐに馴染めてしまうのは、スタッフの共感力の高さゆえでしょうか。さぽらんてで出会った団体さんも笑顔に溢れている方々がたくさんいらっしゃいました♪
絶対笑顔がかえってくる。そんな場所だと思うので、また何かの形で関われたらいいなぁ。
ご縁を結べた全ての人に感謝。ありがとうございました!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
(ええやん新聞市民記者 岡部)

posted by さぽらんてスタッフ at 13:33 | Comment(0) | 広報紙

2021年01月28日

吉冨スーパーセレクト!ええやん新聞の記者になって知ったことベスト5

ええやん新聞の記者をして3年。
今号23号で卒業する吉冨が、ええやん新聞の記者を通して知ったことをランキング形式で勝手に紹介します!
かなり個人目線のランキングなので(え?そんなことも知らなかったのかよ…)という声が聞こえてきそうですが、聞こえないことにして進めますー

第5位 紙面で文字の表記を統一するなんて!


「123」「123」の違いはなーんだ?

そうです!前者は「全角」、後者は「半角」。
出版物は基本的に紙面全体を通して半角にするのか、全角にするのか統一するのだそうです!
他にも「色々」と表記するのか「いろいろ」とするのか、「出来る」にするか「できる」とするか…
出版業界では当たり前なんでしょうけど、素人記者には「出版物そうなってるのか!」っとさわやかな驚きが
ええやん新聞も1面〜4面の紙面全体を通して統一してるんですよ
05yoshidomi.jpg



第4位 血液型との関係性


ええやん新聞21号&22号の作成メンバー4人。
なんと、みんな血液型が違いました!!
全ての血液型が揃うって珍しいですよね!
意味もなく嬉しくなる吉冨でした黄ハート

04yoshidomi.jpg

でも、血液型と性格の関係性は…??

「うーん、特にないのかも…」ということを知りました。




第3位 レシピは癒しきらきら


レシピコーナーは読者にとって箸休め記事。
いえいえ、筆者にとっても癒しになるんですー!

YOROZUファームさんに取材に伺ったり、記者4人で女子中学生みたいに一緒にクッキーづくりしたり、
子どもたちも巻き込んで食育講座で作ったり…どれもとっても楽しい時間でした

DSC_4194.JPG
▲思い出のスイートポテてん(ええやん新聞20号参照)

次号以降これからもレシピ記事続くくといいなぁ




第2位 さぽらんてって誰でも行っていい場所なんだ!


「山口市市民活動支援センター さぽらんて」
誰でも行ってもいい場所なんですよ!!!!

ほらっ↓ ね?^^

 DSC_5586.jpg

DSC_5496.jpg

「社会課題を解決する」とか「地域をもっとよくしたい」とか難しく考えなくて大丈夫♪
「楽しそうだから」という理由で寄ってもいいんです!
取って食ったりしません!ご安心をー!



第1位 驚きのネコパワー!

いや…さぽらんてで保護ネコちゃんの譲渡会が開催されていて…
ほら…可愛くて…
インターンシップ藤本さんブログ用画像.jpeg

最近、ネコ・ユニバ―スさんの保護ネコ譲渡会がさぽらんてで開催されています。
そこで出会ったネコちゃんを飼うことになりました!
まさか、さぽらんてでネコちゃんとの運命の出会いがあるとは…!!!!

さまざまなNPOや団体を支援しているさぽらんてだからこその出会いにびっくり!

ネコちゃんのゴロゴロ音って人の副交感神経を優位に立たせる効果があるらしいんですよー(知ってました??)。
副交感神経はストレス解消や免疫機能アップに不可欠!ネコちゃんパワーすごい!
01yoshidomi.jpg

----------------
最後までお読みいただき、ありがとうございました!
さぽらんて☆ええやん新聞☆バンザイ!!


あ、2月1日発行の23号、見てね

(ええやん新聞市民記者 吉冨)

posted by さぽらんてスタッフ at 15:32 | Comment(0) | スタッフのつぶやき

インターンシップ2日目にして学んだこと

初めまして。山口県立大学の国際文化学部3年の橋沙希と言います!
1月25日から30日までの5日間、インターンシップ生としてさぽらんてさんに来させていただいています。
国際文化学部ということで、大学生活において福祉に関わることは少なく、インターンシップ2日目ですが、知らなかったことや驚きが多く、学びの多いインターンシップとなっています。

そんな私がここ、さぽらんてさんにインターンシップを志望した理由は、大学での課外活動が大きく関わっています。
私は、これまで国際交流事業の企画・運営をしたり、学生サポートとして団体さんの事業に参加していた経験があり、そのような市民や団体の活動に興味を持っていました。そんな中、活動を支援している場所があると知り、ここさぽらんてさんにも興味を持っていました。
就活生というのもあり、色々な経験や知識を得て、これからの活動に生かそう!ということで、社会福祉系の学部でもなければ、知識もほぼありませんでしたが、私の経験や興味から、今回応募を出させていただきました。

 この2日間の間に様々な団体さんの存在を知れ、実際に団体で活躍されている方々とお話する機会を設けて頂けたり、実際の業務体験など、インターンシップに来なければ知らなかったこと、出来なかったこと、出会いが沢山ありました。
今まで知らなかったとは言っても、意識していなかっただけで、身近にある問題等にも気付け、視野の広がりや新しい考え方も教えていただけ、まだ2日目なのに、とても密度の濃い時間を過ごせています。

 またさぽらんてスタッフの方々にも、本当によくしていただいており、最初のドキドキしながら自動ドアをくぐった1日目が嘘のように、行くのが楽しみだった2日目となりました。
 こういった人のよさからも、市民活動支援センターとして市民の方々が利用しやすい、頼りやすいのかなとも実感しております…!!

 まだ3日間と私のインターンシップは続きますが、ここでしか得られない事を出来るだけ吸収し、今まで見えてこなかったことにも目を向けられるように色々な知識を得ていきたいと思っています!
 ここまで長々と読んでいただき、ありがとうございました。
posted by さぽらんてスタッフ at 09:44 | Comment(0) | インターンシップ