CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年02月19日

きっかけ(^^)

こんにちは。インターンシップでさぽらんてに来ている九州女子大学のKです。


今日はkikkakeさんの活動を見学させてもらいました。Kikkakeさんは、月に数回集まって手芸をしながらおしゃべりをして子育てや介護の気分転換をしているそうです。特に何を作るかは決まっていなくて、今日は子どものよだれかけや自分の髪留めを作ったり、刺しゅうをしたり、みんな色々です。

image0.jpeg
↑宇宙人とシュシュ
宇宙人ってどうやって数えるんだろうねという話で盛り上がってました(笑)


途中から誘ってもらって私も一緒に手芸をしました。
大先生にかぎあみを教えてもらってタワシを作る予定でしたが、まったく完成に近づかなくてイモムシみたいになりました涙

 老若男女問わず誰でも参加できるみたいなので興味がある方はぜひ!
ええやん新聞やInstagramに開催日が載っています。手芸力も上がるし、リフレッシュできるので一石二鳥ではないのでしょうか(^^)


 インターンシップもあと1日でおしまいです。
障害のことや防災のことなど、今まで深く考えたことがなかったことを考えるきっかけになり、普通って難しいなと感じました。明日も頑張ります。
posted by さぽらんてスタッフ at 17:51 | Comment(0) | インターンシップ

PBLって知っていますか?

初めまして、こんにちは。“さぽらんて”にインターンシップをしに来た学生、Nです。
皆さん、PBLって知っていますか?私がインターンシップで知った言葉なのですが、「Problem-based Learning」の略で、日本語で「問題(課題)解決型学習」と訳されるそうです。そういわれても意味が分かんないかもしれませんが、行政や企業と学生がひとつになって、社会問題を解決しようというものだそうです。これの山口バージョンがあるそうなので今回発表会にお邪魔してきました。
令和3年2月18日に行われた“令和2年度PBL実践報告会「地域を元気に!コロナ禍での学生たちの挑戦」”の最終報告会の発表を見てきました。ここに開催校の山口県立大学のほかに、山口大学など計6校と、PBL協力パートナーとして下松市や企業5社が参加していました。授業の一環として行ったプレゼンテーションを行った大学もあったり、この活動でラジオに出演した大学もありました。
今回報告会に参加させてもらった中で感じた事は学生にとって社会を知る有効なツールである一方、学生だからこそ一年の活動で終わる可能性がある危うさを感じました。PBLに参加した学生も感じたのか分かりませんが、次年度の目標などを提示していたり、成果物を一般公開している印象を受け、持続できる教育環境になるようにしていて私ならそこまで気が回らないなあと思いました。まあ、協力パートナーさんがそうなるようにサポートしたのかもしれませんが…(笑) もちろん改善点もたくさんあると思いますが、見ていて参加したいと思うぐらい楽しそうでした。コロナと言う不遇の時代を乗り越えたおかげなのか山口県立大学の協力パートナーである下松市の職員さんは学生の発表より長くなりそうな勢いでほめていました(笑)
明日がインターンシップ最終日。PBLの参加した皆さんに負けないぐらい楽しい濃い一日を過ごそうと思います。
posted by さぽらんてスタッフ at 17:12 | Comment(0) | インターンシップ

インターンシップで体験したこと

インターンシップで来ています山口大学のS.Kです。僕は公務の仕事に興味があるのでこの事業所を希望しました。

2/15はさぽらんてにいらっしゃった発達障害をもった親御さんの話を聞く機会を与えていただきました。
話をしてくださった方々は「ブルーライトやまぐち」という任意団体に所属しています。ブルーライトやまぐちは、主に発達障害の保護者や当事者、支援者が中心となり、市民に発達障害や自閉症について知るきっかけを提供し、「発達障害があってもなくても誰もが住みやすい町にしたい」という思いを持って活動している任意団体です。

発達障害には多くの人が聞いたことがあると思われるアスペルガー障害、ADHDなどがあり他にも「学習障害」などがあげられます。
僕は発達障害にはどういうものがあり、そしてどのような症状があるかくらいは既知でした。なぜならば僕は教員免許を取得する予定ですので上述したことは授業で習ったからです。

この記事を見てくださっている方の中には発達障害について詳しく知っている、あるいは僕のように特徴的な症状を一つくらいは知っているという方もいると思います。またADHD、アスペルガー障害という名前くらいしか知らないという方もいるかもしれません。
もし、僕が教員免許などとる予定がなければ恐らく名前くらいしか知らないという状況だったと思います。

まずここで述べておきますが発達障害のことを詳しく知らないことは悪いことではありません。我々は医者のように医学に精通しているわけでもなく、また発達障害をもった子どもの親でもないので詳しく知らないことは至極当然のことです。

ただ、発達障害のことに興味をもち少しでも知ろうとする態度は発達障害をもった本人あるいはその家族を助けることにつながると思います。
これは当然ながら発達障害だけに限ったことではありません。障害全般のことにも同様のことが言えます。
「障害をもった人はどういう所に難しさを感じているのか」「何ができにくくて不安に感じているのか」などの事をもし自分が理解していてそのような方々に接する機会があれば少しはその方々の支え方などを適切に判断できるかもしれません。ただ当然、専門家ではないのでその支え方よりもっと適切な方法が存在する、あるいはその方法自体が間違っているかもしれません。また、そもそも障害の程度も人によって異なりますので最適解を見つけるのはかなり困難なことであると考えられます。

いずれにしても知ろうとする姿勢が広まれば障害をもった方々を支えることができる可能性は上がるのではないでしょうか。

最後に僕は今回の体験を通して次のことを思いました。
相手を知ることが多様性を認める第一段階であるのではないでしょうか。

最後になりましたがこのインターンシップを通して人との関わりは重要であるということに気づきました。明日はこども明日花様の方で学習支援のボランティアをさせて頂きます。うまく教えることができるか不安ではありますが頑張りたいと思います。
ブルーライトやまぐちの皆様並びにさぽらんての皆様、このような機会を設け頂きありがとうございました。
posted by さぽらんてスタッフ at 16:33 | Comment(0) | インターンシップ