CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年12月29日

走れ送迎車!

走れ送迎車!

私ことですが、福祉の世界に飛び込んで3年目が過ぎようとしています。
毎日子どもたちと接する中で、
いろんなことを教えていただいています。

これまで考えもしなかったことに、気づかされるコトも多く、
子どもたちの純粋な言葉に、涙が出るコトもあります。

 さて、1週間の中で4日ぐらいは送迎車にゆられ
 往復30〜60分の道のりを(子どもたちの家と施設の間)行き来する日々です。

◆ある日の朝、送迎で感じたこと・・・

 すがすがしい朝、
 土曜日いうのに、祝日というのに、
 年末というのに、なんとデイサービスの車が多いこと。
 朝早くから、何台もの送迎車とすれ違います。
 
 乗っているのは、子どもだったり、青年の方だったり、老人の方だったり、
 同じ福祉車両に乗っていながら、
 ついついすれ違う車の多さに驚くばかりです。
 クリスマス・イブの日も、同じでした。

 デイサービスは確かにありがたいサービスです。
 「でも本当に、本人にとってありがたいサービスになっているのかなぁ・・・。」
 自分が仕事をしていながら、ふと思うことがあります。
 
   実は私の父もデイサービスにお世話になり、現在は施設にお世話になっています。
   私が父を自宅から送り出すことはありませんでしたが、
   送迎車に乗せる時、父は嫌がり大変だった、と母は言います。

   確かにデイサービスを利用中、家族はとってもたすかります。
   いろんな用事が出来る、ほっと一休みができるなど、とても大切な時間です。
   でもそれが毎日だったり、祝日も年末もだったりすると
   どうなんだろう・・・と考えてしまうことがあります。

◆カラダもココロも、充実してるといいなぁ・・・

最近、子育て・福祉など、すごく支援やサービスが充実していて、
住みやすい環境が整えられてきたのだなぁと思います。

その反面、私としては 「本当にこれでいいのかなぁ・・・?」
昔はみんな家で、あくせくしながら協力し合ってやっていたよね。
正直、核家族化がすすむ中、どんどん孤立化もしていきます。
希薄な世の中・・・。

  利用者だけの立場なら、こんなことを考えることもなかったでしょう。
  わからないままに飛び込んだ世界だからこそ、
  3年目にしていろんなことが見えてくるようになりました。
  ありがたい、みなさんが私を育ててくれます。

  家族の中のわたし、学校の中のわたし、
  職場の中のわたし、施設の中のわたし・・・わたしだっていろいろ。
  どんな人でも、その場その場の環境に合わせようとする「わたし」がいるのです。
  そう、何かしら気をつかっているのです。
  まさに社会適応。

  毎日いろんなところへ行っていたら、社会適応の訓練といいつつも
  あんがいと心的ストレスもあるのではないかと、心配してしまいます。
  そんな時は、やっぱり家がいいのです。
  家って最高の安心安全基地!

◆走れ送迎車!

この年末の忙しいとき、
「先生、おはようございます!行ってきま〜す!」と子どもたちの元気な声。
すごくすごく、すがすがしい朝になります。
ことばがなくっても、送迎者に乗る様子でわかります。

  社会の中では、嬉しいニュースや悲しいニュースが淡々と起こる毎日です。
  だからこそ、日々を楽しみたい!
  サービスを利用するほうも提供するほうも、共にココロはハレでありたい!

  きっと皆さんには、いろんな背景があるでしょう。
  でも、いいじゃない。
  送迎車で迎えに行き、送り届けるまでの時間は、
  共に楽しみましょう。
  そして、いろんなことを教えてください。

  何も話さない日もあるし、何も出来ない日もあるのです。
  それでも、家を出てデイに来れたということはすごいこと!
  それでいいんです。
  
今日は私にとって、今年最後の勤務日です。
はて、今日はどんな一日になるのだろう。
今日も、送迎車にゆられて出発だ!

  いろんなことを見せてくれる、感じさせてくれるみなさんに感謝です。
  そして、客観的に見ることができる視点をつくってくれた
  私なりの無駄だろうと思える時間に感謝!
  今感じている日々の経験を、ちゃんと社会の中にかえることができたらいいなぁ。
  それが、私なりの市民活動へと展開していくはずだと改めて思います。

  ながいつぶやきになりました。
  ブログを読んでくださる皆様、今年も大変お世話になりました。
  ステキな年を迎えましょう! <市民広報記者 原田>
  
 


 

posted by さぽらんてスタッフ at 00:21 | Comment(0) | スタッフのつぶやき