CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年11月10日

いきなりトップスピード、そして全力だせ!

週、とある人が腹痛で病院に行ったら、即入院、今週に手術をした。大事には至らなかったのだけれど、何と急転直下なことかと思った。

私も数年前にケガをした。一瞬のことであった。
ある朝、自転車で通勤していたのだが、脇道から本道に出ようと歩道を車が塞いでいたので、避けて戻ろうとしたところ、いつの間にか顔面を強打。
一番始めに思ったのは何か、「いてー、眼鏡が割れてしまった。また余分な出費だな。」です。意外に冷静なもんです。

現実は、額に手をやると手は真っ赤にポタポタと血が垂れてきてたという始末。近くの人が救急車を呼んでくれ、病院に搬送。

いろんな不幸な原因が重なっているのだが、その日は重たい荷物を前のかごに入れていた、滑ったのはグレーチングの上、夜露が降りて濡れていた、車が塞いでいた、速度を落とさずにかわした、年齢的なもの(これは認めたくない)が原因だった。

しかし、一瞬にしてこれが起こったのです。何が起こるか分からない。人間ってこんなものなのかと思った。
いつ何が起こるか分からない、一瞬の後に死が訪れるかもしれない。だから、全力で生きたいものだ。そういつも全力で行けるものか。そうですよね、ふにゃーと行きたいときもあるわさ、でも、一瞬にしてどうなるか分からないのであれば、一瞬にしてトップスピードに持っていってやろうではないか。

1日を振り返って、今日は全力でやったね。と思える日がたくさんあると良いですね。
広報スタッフ 原 秀昭
posted by さぽらんてスタッフ at 00:00 | Comment(0) | スタッフのつぶやき