CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年03月04日

どこで買いますか?

ほとんどの人が毎日食べているお米やお野菜。毎日食べるものだから、安全で安心できるものを食べたいし、家族にも食べてもらいたいですよね。

みなさん、どこで農作物を買いますか


お野菜は週に4日、さぽの隣に朝市を開いてくださっている案山人(かかし)さんによくお世話になっています。
運営しているのは、高橋さん。車で1時間ほどの阿東という中山間地域に住んでいて、農業もしています。

案山人で売られているお野菜・果物には、値段と一緒に、化学肥料と農薬の使用回数や生産者・生産地・出荷日が表示されています。主に阿東に住んでいる農家の方たちが、自分たちが食べるお野菜と一緒に栽培してくれているものなので、無農薬や無化学肥料のお野菜もけっこうあったり・・・(うれしいです!) 高橋さんが農家さんたちに、できるだけ農薬や化学肥料を使っていないもののほうが、人気があることを伝えてくれているおかげです。
高橋さんの人柄や旬のお野菜や果物、それが手ごろな価格で、できるだけオーガニックに近いものを買うことができるので、朝早くから賑わっています。

今日は肉厚しいたけとピーナッツ、他にもワケギ、イチゴを買いました。


今、全国で農家の高齢化が進んでいます。いろいろな国から農産物や海産物を輸入しています。
このままでいいのかな?

今週末、高橋さんも会員をしている山口県環境保全型農業推進研究会のフォーラムが山口大学で開かれます。

「どんな人がどんな思いで農作物を作ってくれているのか」知りたい!

                  参加しようと思います。

農業は私たちに安心・安全な食を届けてくれるだけでなく、私たちの心やすらぐ里山の風景を作ってくれていたり、虫や小動物の生きる場所でもあり、私の小さな頃の遊び場でもあったなぁ。

「買い物も、選挙と同じ」って聞いたことがあります。
環境や健康、人権に配慮して作っている農作物や工業製品を買うことで、生産者を応援♪
素敵な生産者が増えると、日本も変わる!!
                           ・ ・ ・ ・ と信じています。

  <すずき>
posted by さぽらんてスタッフ at 17:45 | Comment(0) | 社会を変える!(ヒト)

2010年02月28日

先人たちに感謝!

先週の川北さんの協働セミナーに引き続き
今日は、午前中は日本財団山田泰久さんのブログを用いた情報開示力の講座を開催し、
午後は山口市が主催する特定非営利活動法人せんだいみやぎNPOセンターの代表理事加藤哲夫さんの協働のまちづくり講演会に参加しました。

1週間のうちに3人もの全国レベルの人の話しが聞ける機会はめったにない。猫

情報開示力の講座では、
�@信頼される「あるべき姿」を意識する。
 情報開示することにより、様々な地域課題、社会問題の解決を目指す活動を見直し、組織マネジメントを考えるきっかけとなる。
�A社会問題を知らしめる。
 活動を通じて、地域課題や社会問題の存在を世の中にしらしめ、支援を拡大させる。

つまり、情報を発信していくことにより、自分たちの組織のマネジメントを考えるきっかけとなり、これまで認識されていない課題を社会に知らせていくこととなるという内部と外部とのふたつのメリットが明確になりました。そしてその講座の中で情報開示の見本として紹介されたのが
せんだい・みやぎNPOセンターです。

そのせんだい・みやぎNPOセンターの加藤さんの話しでは、
「まちづくり」「地域づくり」は「公共空間」における「人間交際」のデザイン。
私を開いて、プライベートとパブリックをつなぐことを考える。
市民活動とは、自発的な問題解決行動であることが理解されていないこと。
まちの課題に気づき、そしてそのことが自分の責任であるというふたつの気づきから始まるということ。
「私・発」の想いからはじまる、多様な主体が集まる円卓テーブルの議論文化の必要性。
言われてみると。「うん、そうそう」と思う。

問題解決行動だということを理解してもらうためにまずは、ブログで情報発信!ブタ

問題解決したいと活動を始めた人たちの、頭の整理の水先案内人加藤さんは今日も忙しく、国内をセミナー行脚中。(今日、加藤さんは岡山だそう!)


<わたなべ>
posted by さぽらんてスタッフ at 11:19 | Comment(2) | 社会を変える!(ヒト)

2010年02月13日

バンジョーとまちの関係

『バンジョー』って知っていますか?

                            弦楽器です。


ただ今、「さぽ」に来るとバンジョーを自由に触れます。
(期間限定だけど、いつまでなのかは分かりません。)

これは、トラベラーズという団体が無料のバンジョー体験教室の生徒募集をかねて設置。
音はウクレレのような明るい感じ。

このトラベラーズ、ときどき商店街のなかで、いろいろな弦楽器に触れるコーナーを作ったり、
数小節のシンプルなメロディーを繰り返し演奏し、商店街に彩を添えてくれています。

素人が自由にバイオリンなど、
テレビや音楽室でしか見たことのないような弦楽器を好きなように触ったり、
メロディーの心地よさを体験できる場って、なかなかないですよね。

トラベラーズの活動があるという日には、出かけるのが楽しい♪

だいたいがメンバーが手入れをし、修理ができる楽器。
とっても愛着があるものも触らせてくれる・・・。
メンバーの一人は「もっとやさしく〜青ざめ」と思っても、
(自分たちは)見ないようにして、触ってもらうんです。」と。
楽器を通して、交流を楽しんだり、音楽の心地よさ・楽しさを伝える活動をしているトラベラーズ。

春になったら、また商店街のなかを通り抜けるそよ風に、
ステキな音色をのせてくれるでしょう。

さっき、子どもたちがバンジョー触ってたので、パシャリカメラ

 <すずき>
posted by さぽらんてスタッフ at 13:47 | Comment(0) | 社会を変える!(ヒト)

2010年01月30日

かっこいい大人

「さぽらんて」は、山口市の商店街のなかにあります。

そんな商店街を訪れる方の目を楽しませてくれるものの1つ、

今「さぽ」のショーウィンドウに飾ってあるもの。

           それは、大きな大内人形といけばな。


小笠原貞雄(大内塗職人)は、「さぽ」の近くにお住まいで、よくお顔を見せてくれます。

その小笠原さんからお借りしているのが、写真の大内人形。

この大きな大内人形。本当だったら、エゴノキという木材から作るのですが、

         これはボーリングの玉でできているんです。

  実は、小笠原さんは元山口県のボーリングチャンピオン!!
  83歳の現在も、毎週1回はボーリングで汗を流されています。

  小笠原さんの遊び心がつまった大内人形。お近くの方は一見の価値アリです。


もう一つ、素敵ないけばなは、Yさんが欠かさず活けてくださります。

  もう、6・7年ほど。

  ほとんどがYさんの自宅のお庭や山にある花や木。


  商店街を行き交う人や「さぽ」に来られる方たちに季節や気持ちの良い風を届けてくれます。


小笠原さんも、Yさんも、人の喜ぶ顔を見るのが大好き。

  他にも「さぽ」に関わってくださる方は、心温かなステキな方ばかり。

  これから、ブログで少しずつ紹介していきたいと思います。

わたしもいつか、そんなステキな大人になりたい・・・・


  大人の皆さん、子どもたちがあこがれるようなカッコいい大人を一緒に目指しましょうね。


 <すずき>
posted by さぽらんてスタッフ at 17:37 | Comment(0) | 社会を変える!(ヒト)

2010年01月19日

車イスでブイブイ♪

ときどき、「さぽらんて」に顔を見せてくれる・・・笑顔の素敵な吉田さん。
車イスにのっています。
その愛車、私たちが普段よく目にする車イスよりも、幅がせまくてコンパクト。

吉田さんが来られた時に、

「車イスに試乗した大学生から聞いたんですけど、
車イスって長く座っていると、お尻が痛くなるそうですね。

その車イスは、他のより小さくて窮屈そうだから、乗り心地はどうですか?」

と聞いたことがあります。

乗り心地は(慣れて)気にならないとのこと。


気になる車イスの幅。

     バスや電車にも乗れるように・・・・狭く、
         乗るのを手伝ってくれる方たちがサポートしやすいように・・・・軽い。



山口の商店街には、結構、車イスの方たちが遊びに来てくれます。

   電動車イス、 手で押すふつうの車イス・・・・

同じ車イスでも、障がいや生活スタイルにあわせて、

   バックミラー付だったり、テーブル付だったり、足を置くところが頑丈だったり・・・





     話してみて初めて知る。


         彼らの暮らし、彼らの障がいと必要なサポート、まちのこと。

                車イスで電車に乗れる駅・乗れない駅・・・・・


   もっともっと車イスでブイブイ、まちに出てきてほしい。

        じゃないと、ワタシはどう接したらいいのか分からないから。


   山口が車イスに乗っている人だけでなく、足の不自由な方、ベビーカーを押しているママ、
     ちっちゃい人たち・・・誰もが行きたいところに行けるまちになったらいいな。


吉田さんがやっている
       『バリアフリー公共交通研究調査会』も覗いてみてください。

  今日、山口県庁で平成21年度やまぐちユニバーサルデザイン大賞の受賞式があり、

     誰もが快適で、安心して暮らすことができるよう、ユニバーサルデザインに配慮したまちづくり、
     ものづくり、情報・サービスの提供などを進めるため、個人及び団体・企業が行っている活動

  ということで、彼らの活動が表彰されました。おめでとう!!

「さぽらんて」と同じNPOが運営している『まちのえき』も、

   誰もが普通に移動できるしくみ・社会とつながれるしくみ『タウンモビリティ』を進めています。

      ぜひ、「まちのえき」のHPやブログもチェック!

  <すずき>
posted by さぽらんてスタッフ at 18:08 | Comment(0) | 社会を変える!(ヒト)