CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年12月24日

NPO 前へ

朝日新聞の夕刊に、12月8日から11回シリーズで、『NPO 前へ』が掲載されました。

タイトルを紹介すると
第1回   「すべては震災から始まった」
第2回   「タテヨコの関係超える」
第3回   「官から民へ 法が後押し」
第4回   「女一揆 行政動かした」
第5回   「ドラッカー 寺こそ源流」
第6回   「子どもの魂 安らげる場を」
第7回   「社会の課題 企業で挑む」
第8回   「施しではなく 自立を支援」
第9回   「若者つなぎ 志を支える」
第10回   「未来の人材 育て続けた」
第11回   「温かい地域社会 夢見て」

私たちもよく知っている、早瀬昇さんや松原明さん、加藤哲夫さん、山岡義典さんを始め、いろんな分野の方々が登場し、始まったいきさつから、これからについて語られています。

この企画は、昨年癌のため53歳で亡くなられた記者が残した企画書が出発点だったそうです。
朝日新聞編集委員だった辻陽明さんは、NPOや公益法人の取材に力を注がれ
「自分たちの力で社会を良くしようとする人々が、NPO革命を起こした。日本社会は捨てたものではない。希望がある」言われたそうです。

現在、彼の息子さんは、ヤフーを辞めて、NPOのNICEで働いているそうです。
また、彼の意志をついだ記者さんたちが、記事を書き社会に発信しています。
辻さんは亡くなられたけど、思いがちゃんとつながっている・・・すてきなことですね。

掲載された記事は、さぽらんてにスクラップしていますので、いつでも見に来てくだい。

                 <さぽスタッフ ひらい>
posted by さぽらんてスタッフ at 15:17 | Comment(0) | 社会を変える!(ヒト)

2010年09月09日

ペパクラ ちょるるがやってきた!

私事ですが、
私がまちづくりに関わるようになったきっかけは、
かれこれ12年前にWSの手法などファシリテーターを養成する、山口まちづくり達人養成塾という山口市が主催する人材養成講座に参加したことです。
その塾に一緒に参加した仲間は、今だにつかず離れず、なにかしら縁があります。
それぞれの分野で切磋琢磨しているその人たちは、いつも私の励みになっています。

その中の一人Oさんが、自作のペパクラ(ペーパークラフト)ちょるるを持参してくださいました。
このOさん、ペパクラで県美展でも入選された本格作家です。
今回もかなり、リアルな作品でチャレンジされています。

展開図を作り、印刷し、カット、組み立てと並大抵の作業ではないと思いますが、いつも笑顔でこないしている変わった・・・いえステキな人ですほえー
作ってみたい方はこちらから型紙をダウンロードできます。
作り方も、わかりやすく掲載されています。
カットするのに3時間、組み立てるのに3時間NG
秋の夜長の楽しみ方のひとつとしていかがでしょうか?OK!2

きっかけは、なんでもいいんです。
いろいろな人が、自分の技を少しずつ開いていくことがまちづくりの大切なポイントです。

そして、その人と人かかわりをデザインすることがまちづくりです。
そんなまちづくりを促進する中間支援者になれたらいいなといつも思います。

<わたなべ>
posted by さぽらんてスタッフ at 09:46 | Comment(0) | 社会を変える!(ヒト)

2010年08月05日

HAND MADEな しんまち HAND ART MARKET!

さぽらんては山口市中心商店街のアーケードの中にあります。
そのアーケードを市役所方面にクロスして、けやきの木漏れ日が絵になる新町商店街でHAND ART MARKETが始まりました。
確かに、ステキな手作り品がズラリ・・・女性にはゼッタイ受けますね。
今回、さぽらんての登録団体、くらふと12さんも参加されました。手芸好きの女性が集まって定期的にチャリティを開催し、福祉団体に寄付されています。
今回も、いろいろなクリエーターさんとの出会いを期待して参加されたそうです。
市民活動団体にとっても商店街は大切なまちづくりのステージですね。
「人と繋がりや出会いのお手伝いをしたい!」とこれから毎月第1日曜に開催されます。
HAND ART MARKETのお問合せ・申し込みは、新町商店街の各店舗で。

全国的にも商店街はどんどん衰退の一途です。日頃はブティックやブランドを扱っている商店街の人たちが、暑さの中、テーブルを並べながら、「市民の交流」を支えています。次回はどんな出会いがあるのでしょうか?
<わたなべ>
posted by さぽらんてスタッフ at 15:00 | Comment(1) | 社会を変える!(ヒト)

2010年07月29日

百姓庵☆BSにて放送

8月1日のさぽカフェのゲストでもある、井上義さんの塩作りの様子がBSNHK“Mi/Do/Ri”で放送されました。
ジャズサックス奏者の坂田明さんがレポーターを努める、25分間のとてもキレイな映像の中に、百姓庵の井上さんの塩作りへの思いがちりばめられています。

見逃された方は是非、再放送をご覧ください!

7月30日(金)午前9時25分〜9時49分 BSハイビジョン
7月31日(土)午前6時00分〜6時24分 BSハイビジョン
8月3日(火)午前1時00分〜1時24分 BSハイビジョン *月曜深夜


それから、井上さんの奥様のブログもぜひご覧ください。
おカミさん
田舎暮らしの徒然なる思いが綴ってあります。
忘れかけていた大切な思い。。。本来の自分がよみがえります。

そして、1日のさぽカフェあと2名程度なら参加可能ですよ。

毎回参加者同士のつながりも楽しみのひとつです。

<わたなべ>
posted by さぽらんてスタッフ at 11:42 | Comment(0) | 社会を変える!(ヒト)

2010年07月05日

本音は「参加者として参加してみたい」

みなさん熱心に聞き入っています.JPG

昨日、さぽ主催の「さぽカフェ」がありました。
ゲストは、「樵屋」という農家民宿を奥さんと営む白松博之さん。
「さぽカフェ」とは、社会が・価値観がぐるぐると目まぐるしく変わっている今だからこそ、
聞いてみたい・会ってみたい・・・そんなちょっとかっこいい
生き方・社会との関わり方をしている方をゲストに迎えて、
今そんな暮らし・仕事などをしているきっかけや今までの歩み、
今感じていること・思っていることなどを聞いて、交流する2時間かぎりのカフェ。
カフェのメニューは、ゲストに深く関係のある軽食に、ドリンク。
今回は、「樵屋」の定番。シンプルな味付けで楽しむ旬のお野菜の料理。

初めての人と話すのが苦手な人も、少し特別な食があると、
食の話題から会話が始められたり、心がふわりと。

1時間、白松さんのお話を聞いたあと、参加者みんなで簡単な自己紹介。
今興味のあることや関わっていること、ゲストへの質問や感想を
一人ひとり紹介していたら、あっという間に、閉店の時間に・・。
1時間も使ってしまった自己紹介。そのおかげで、参加者同士がお互いを少し
知り合うことができて、「さぽカフェ」が終わった後も、
連絡先の交換や交流が続いていました。

今回のゲストの白松さんは、地元が好き、山が好きで、林業をされていたのですが、
枝打ち作業中に落下、下半身不随になってしまったところから、
「一度限りの人生なんだから、やっぱり楽しまないと!」と気持ちを切り替え、
今までやりたくても忙しくてできなかった、地元と都会・海外の人をつなぎ、
自然や人など地元の財産をもう一度見直し、関わる人みんなにとってためになる・・・
そんな場づくりをしています。
その1つが、県内初の農家民宿であったり、UJIコーディネーターであったり、
「あったか村」であったり、JICA研修員の受け入れ・・・。

本当にいろいろなことをしているからこそ・多くの課題を同じ思いの人達と
乗り越えてきたからこその、いろいろな立場の参加者それぞれの
心に届く言葉をいっぱいいただきました。

「さぽ」の市民広報記者が取材、HPで近日中に報告してくれる予定ですので、
お楽しみに!

次は8月1日(日)。経済と環境問題の狭間で生き方に疑問を感じ、脱サラ。
日本海側の油谷(ゆや)で民宿「百姓庵」をしながら、
必要なものはできるだけ自分たちで作る暮らしをしている井上義さんを
ゲストに迎えます♪

                            ただ今、参加者募集中!!


   <すずき>
posted by さぽらんてスタッフ at 18:34 | Comment(0) | 社会を変える!(ヒト)